胡蝶のオラクル

日本昔ばなしタロット、ヘリオセントリック占星術、チャネリング。普段は家で寝てます。

なんかよくわからないけど、今年の正月はうまくいった

元旦の暗い時間(大晦日の真夜中)

いろいろと悶着が起きて

そのあとついFBに愚痴りました。

だけど

腹が立つのを表に出したら、

翻って、良い顛末になりそう。

 

家族に腹を立てていたけれど

すんなり誤解が解けて

泣き寝入りしなかったから自信もついたし

過去のわだかまりが消化されて

次に進めそうな感じ。

 

祖父の相続や

親の介護の話し合いが

うまくいってる気がしなかった妹とも

普通に話せるようになって

今はスッキリ。

安心感の土台みたいなのができて

2020年の始まり素晴らしい。

 

 

FBで

無理やり前向きに愚痴った文章↓

今見ると面白い。

事態が飲み込めないあいだ

うまくいくように祈りまくった笑

 

さっきまで門松に火を焚きつけて蹴り倒したいくらいの気分だったけど、なんとか持ち堪えた。
正月ってなんでこんなに消耗するんだろ。
もうくたっくた。今年だけの我慢と自分に言い聞かせながら毎年泣いてる。それを1年引きずってすぐまた次の正月になる。
自分の中にある罪悪感と卑屈さを解放しない限り、責められるのも嫌がらせされるのも引き寄せて一生続くんだから、
自分は絶対悪くない、私はそんなふうに言われるのに見合うような人間じゃない、私には価値があるって信じ抜いて毅然としているしかない。
いちばん大切な人たちだったはずなのに、どうしていちばん会うのがつらい人たちになってしまったんだろう。今まで苦しかったけど、わたしの心の投影はわたしにしか変えられない。
周りの人たちがわたしの心の投影ならば、どんなにグチャっとして陰湿に見えても、必ず愛と光があるはず。どうせわかってもらえないからと諦めたくなるのを堪えて、うわべの感情に流されず、勇気をだして心を開くしかない。逃げても受け止めても、進んでも失敗しても、毎年正月は繰り返し来るし。