胡蝶のオラクル

日本昔ばなしタロット、ヘリオセントリック占星術、チャネリング。普段は家で寝てます。

シータヒーリングの掘り下げ後の悲しい気分で書いた

シータ波やアルファ波のときに考えたことは願望実現しやすいんだったら、逆に考えたらベータ波とかガンマ波を出しながら悪態つけばそれは実現しにくくなって理に適ってるんじゃないか?って思った。

昨日の夜の夕飯は旦那が作ってくれたんだけど、食べようとした直前に目の前でケチャップを料理が見えなくなるまでかけられて「塩分が大事だからね」って言われて、
自分が作ってないから文句言う資格ないかと思って黙って食べたけど、風呂入りながら、そんなやり方で嫌がらせするくらいなら言いたいこと言えばいいじゃんって思えてきてムカついた。
塩分どうのこうのの食事療法も、食事の支度も、私なりに頑張ってとりくんで、教えてもらったことを小出しにして伝えながら、旦那に負担かけないように気遣ってちょっとずつ食卓変えてるのになんで揚げ足をとるような方法で気後れさせるのか意味わからんあのタコめって思った。

今までだって
おいしく味噌汁が仕上がりそうな直前に、ろくに切り揃ってない生ジャガイモを、嫌だって言ってるのに鍋に放り込まれて煮詰め味噌汁にさせられたり
帰宅時間から逆算して1番おいしいタイミングで出せるようにガス火であっためたのに平気で風呂に入るって言い張るし風呂ルールのこだわりが強くて意味不明で面倒くさいし
お母さんに教わった得意のアップルパイは、リンゴは生で食べるとかいう謎のこだわりで手もつけてもらえなかったし
噛む音うるさいし、食べかすボロボロ落とすし、テレビつけるし、ずっと我慢してきたけどあんなんと一緒に夕飯食べるのもうやだ。ばーか!ばーか!

それで昨日の夜、頭痛いの我慢しながら寝たり目が覚めたりして、その間に泣いたりして
「これだと寝る直前にシータ波を出しながら考えたことが思考実現してしまって、旦那が味覚オンチの煩いアホ偏屈で料理ド下手くそで風呂ルールが意味不明なことに泣き暮らす哀しい方向がさらに90%も加速してしまうな。そんなのやだ。どうしよう」って思った。

だけど、目の前で食べようとしてたものをケチャップ漬けにされて塩分のことを嫌味に言われて悔しいし、悲しいし、泣きたいし、
思ったことを考えないようにするのは今までもずっとやってきたことでその結果が今なんだから、同じことはもう続けたらダメだとも思った。

じゃあ、どうすればいいのだろう😢
「そうか。愚痴と悪口は言うけど、シータ波が出ないようにすれば実現可能性が減るはずだ💡」って思いついた。

そこでなるべくガンマ波が出るように、ベッドマットを蹴飛ばしたり、床を踏みつけたり、枕を握りつぶしたりしてみて集中したところ
これだけやれば10%くらいしか実現しなさそうで安心な気がしてきた。

頭の中で悪態をついていたら
・そもそも、私は料理をしていないわけではない。用意してても旦那が品数を勝手に足して、私の作ったものを食べないだけだ。
・漬物は私がメインで作っている。これも、あいつが食べないだけだ。
・私は悪くない。もともとはちゃんと料理していたのに、結婚するときに私だけが荷物を減らして、調理道具とかを全部向こうに合わせて暮らし始めた。最初から公平にスタートしてない。

いっぱい不満が出てきた。
向こうには向こうの言い分があると思うから
これが正しいかどうかは別だし
同じ状況でうまくやれる人もたくさんいるのはわかるけど、それはその人のことで私は別人だから
生まれて初めて、仕事以外の場面で
「私、悪くないもん。タコかす」って思った。

子どもの頃妹になんでも譲るように言われてたから遠慮しながら食べてて中学生の頃とかお腹空いたし、お正月料理とか男の人と女の人で同じ食卓でも手を出していいものとタイミングは暗黙の了解で別だったし、兄弟で私だけが台所手伝えって言われるのに手伝えば必ずけなされた。
ああいう家庭にしたくなかったから、無理やり漬物勧めたりとか人に食べもの強要するのやめようと思ったのに、実際に好きなもの好きなときに食べる個人主義方式にしたら、自分ばっかり虚しい。
私がもらってきた野菜を、食べ物なのに「処理する」って言い方で調理されたり、
炊き立てのご飯食べたいって言ってるのに1度に食べきれない量のご飯炊かれて、それなのにやっぱり今日は蕎麦がよくなったから食べないって言われたり
私ばっかりが昼間に前日の残りものを食べてる。
だけど、私は1つも悪いことしてないもん。

旦那さんが食べてくれないのは私が作るのが下手だからだって言う人がいたけれど、あんなのとはもう2度と口を聞かない!
私のことを、旦那さんを大切にしない奥さん呼ばわりする人とももう付き合わないし会わない!
そのほか、正月によくあるセクハラをしてくる人とも絶対に今後は付き合わない。何か言われても私は受け入れない!
旦那の食生活に私は責任を持たない。それを私の役割だと言ってくるような人はなんか勘違いしているから、そんな人の言うことはもう知らない。
そのかわり、自分の食べ物は自分でちゃんと選ぶ。おいしくないものは食べない。あとで気分が悪くなったり頭が痛くなったりどこか痒くなったり咳が出るものは、誰のためでも食べない。
食べるのは、私のためのもの。
自分にとっておいしいものしか用意しない。
旦那の好きなものに付き合うのはもうやめる。

私はもっといいものを食べていい。旦那が作りたいから作って食べなかった残り物とかじゃなくて、私のために用意されたものをちゃんと食べる。
旦那も悪くないけど、私だって同じくらい悪くない。
誰も悪くない。
来年は簡単にケチャップで埋められるような愛情こもってない料理絶対食べない。

食べたくないものを残しても私は飢えたりしない。
「文句があるなら食べるな」とか言われると子どもの頃すごく怖かった。だけど実際は一食くらい抜いたってなんてことない。もともと少食だし。
もう好きなものしか食べないし、脅したりしてくる人とは付き合わない。
嫌なこと言ってくる人と付き合わなくたって、いい人がいっぱいいるんだから我々夫婦はそういう人に見守ってもらえるんだから安心。
ムカつく。もうやだ。頭痛い。こんなんはもう最後にする。
来年はもっといい年になる。
今夜のお年とりも、選んで食べる。
食べたいものは、自分で用意する。