胡蝶のオラクル

日本昔ばなしタロット、ヘリオセントリック占星術、チャネリング。普段は家で寝てます。

念願の1人芝居をする夢が叶った。

ずっとやりたかった

よだかの星の朗読劇ができた。

 

本当に、嬉しい。

やる前はとても緊張したし

なんでこんなことやってるんだろう

無駄なことなんじゃないかって

自分を卑下したし

他の人と違うことやってるのが

嫌になった。

それでも

してみなければ

終わった後にどういう気持ちになるか

わからないから

やった。

やってよかった。

f:id:fa-fa-together:20191219210419j:image

 

2年前、

瞑想状態を解かないで

意識を半端にして動き出したとき、

童話を作文用紙に書きうつすことをやり始め

1つ、2つと曲ができていき

数日後には

よだかの星の台詞の一部にメロディーがついた。

それをオーディションにもって行ったのが

はじめて人前で弾き語りをした体験で、

オーディションには落ちたけれど

この曲への愛着があったので

バンドを作った時に

YODAKAという名前にした。

本当は市蔵にしたかったけど

メンバーの意見もあり

YODAKAになった。


f:id:fa-fa-together:20191219210415j:image

バンドは

思ったように気分がのってくれなくて、

自分が作りたい表現が後回しになるばかりで

勤めていた時と同じになってしまったので

やめた。

 

不安だったけど

自分一人で世界観を作ることに

専念したいと考えるようになった。

 

自分1人で作品を作る人を

多く尊敬していたから

自分もそのスタイルを目指そうと思った。

自分1人では、音楽はできないという気持ちを

捨てることにした。

 

途中で

録音とか、音質の調整とか

動画の編集とか

楽譜を作ってって言われたりとか

どうしてもできないことがあって

挫けそうになったけど、

人に求められることじゃなくて

やりたいことのほうを

優先できるように変わりたかった。

だから、

できないことは投げ出した。

 

誰かと一緒にやると

その人の知り合いが来てくれるから、

お客さんの人数を集めるのを

自分があまりやらなくていいから

楽なんだけど

 

別の人のファンの人がたくさんいると

その人に合わせないといけないような気がして

自分がやりたいプログラムを選べないし

結局、

私がやりたいことはできなくなるから

もう、嫌になった。

 

1人でいいから

お客さんは

私がやりたい曲と劇のために

来て欲しい。

もしくは立ち止まって欲しいと

考えるようになった。


f:id:fa-fa-together:20191219210347j:image

 

コンサートの出演頼まれた時点では

よだかの星ができる自信がなかったから

ギターとしか言ってなかった。

 

 

今回、朗読劇のプログラムを

素晴らしいかったと言ってくれた人がいたから

次回からは

堂々と

朗読劇として出演しようと思うし

音楽コンサートに引き続き呼ばれるように

間奏曲に力を入れようと思う。

 

ピアノもギターも

もっと弾けるようになるし

歌も朗読も

覚えるし、

演出も幅を広げるし

本番までの準備の要領や

会場に合わせた動き方

私を支えてくれる人に出会うための集客

全部

これから一歩ずつ進んでいく。

 

 

 

1ヶ月前から

よだかがのりうつったように

肉食に消極的になって

ヴィーガン食を試し始めた。

 

それが、

このコンサートまでの

マイブームで終わるのか、

今後の人生も続くのかは

よくわからない。

 

今、

完全にヴィーガンではないのだけど

2月を目標に

ヴィーガンになったとしても

栄養不足にならないように

レシピを覚えるという努力をしている。

 

 

演劇のために

私にのりうつっている何かが

私の生活になぜ影響するのか、

どういう仕組みで起きていることなのかは

よくわからない。

 

 

だけど

私は

よだかが、

甲虫を飲み込んで苦しんだ時の歌を

もっと歌いたいし

もっとうまく表現したいし

伝えたいから

そのために協力してくれる霊になら

いくらでも取り憑かれていいと思った。

 

 

他にも

やりたい題材は

いくらでもあって

何年もイメージだけが頭の中に

棲みついているのもある。

ということは

それも、何かが私に

取り憑いているからかもしれない。

 

いいものかわるいものか

わからないけれど

もし、

今回みたいに

自分の芝居を達成することに

一役買ってくれるんであれば

喜んで取り憑かれようと思う。

 

 

 

1人だから

大勢のお芝居の後みたいに

打ち上げとかしないし

反省会も1人だけど

こんなに達成感がある。

とても感動しているし

やってよかった。

絶対に次の芝居も作るし

よだかの星

もっとヴァージョンアップさせて

再演する。