胡蝶のオラクル

日本昔ばなしタロット、ヘリオセントリック占星術、チャネリング。普段は家で寝てます。

ひなまつりが一番好きな行事。歴史好きだから。

f:id:fa-fa-together:20190307165427j:image

 

f:id:fa-fa-together:20190307165440j:image

 

おひなさまは

おばあちゃんちにあるので

自分の家では

手まりを飾ってみました。

 

f:id:fa-fa-together:20190307165547j:image

 

主人が桜餅を持って帰ってきたので

普段はカフェインを控えているけれど

抹茶を点てました。

 

 

 

おひなさま、とっても好きです。

 

 

子どもの頃

リカちゃん人形を

ミサイルみたいにして

遊んでたんで

多分、

人形遊びのやり方を知らないタイプの

女の子だったかと

思うのですが

 

おひなさまは

首引っこ抜いて怒られたり、

 

大人が

子どもの見てないところで

供えてある甘酒を飲んで

「おひなさまが飲んだ」と言い張ったり。

 

ひな壇の骨枠を組み立てるのも

テント張りみたいで

ワクワクしました。

 

おひなさま用の冠を飼ってた猫に付けたり

その猫がひな壇に登るのを見たり

 

たくさん思い出があります。

 

 

 

 

7段飾りに

人形や調度品を並べながら

 

「右近の橘、左近の桜。」

「なんで太政大臣いないの?」

「生まれ変わるなら、お内裏様と、お内裏様の靴を持つ人のどっちがいい?」

 

たくさん話をしました。

 

 

父親が歴史好きだから

その話…といっても大したことないですが

を、聞いたり

 

叔母さんが古典の先生なので

ちょうど専門だから

平安時代の話をたくさん聞けたし

 

伯母さんは

着物の先生なので

奈良時代平安時代の衣装のことを

教えてもらいました。

 

 

「着物がせっかく綺麗なのに、

なんで前のところ扇子で隠しちゃうの?」

と聞くと

「おひなさまはお姫様だけど、

お内裏様と違って刀を持ってないので

鳩尾から首にかけて

槍で突かれても

致命傷を避けられるように。」

と教えてもらいました。

 

本当かどうかはわからない。

 

なので、

扇子を広げすぎないように

気をつけました。

槍が貫通したらいけないので。

(2発目からの攻撃には

家臣が守ってくれる?)

 

 

 

子どもの頃は

自分で触ることのできる

7段飾りのお人形が大好きでしたが

 

大人になってみると

ガラスに入った人形も

興味深いです。

 

遊びや、

踊りの演目がテーマだったり

しますよね。

 

今で言うところの

「逆上がり」

「バイエル」

「掛け算九九」

「テニス部」

みたいな感じで

その年齢を感じさせるテーマで

成長を願って作られているんでしょうね。

 

 

 

歴史や着物が好きになったのは

絶対におひなさまのおかげです!

 

クリスマスも誕生日も捨てがたいけど

やっぱし一番の思い出は

おひなさま。

 

 

 

 

 

 

 

最近知った、

後藤人形さんの

おひなさま。

間者からの攻撃に備える様子のない

平和な世界…笑

2人が手に持っているのは

笏と扇子ではなく、お花です💐

f:id:fa-fa-together:20190307172440j:image

 



FMエキシビジョンサロン銀座
後藤通昭 写真展 「Yukako Goto」

に行ってきました。

おひなさまの実物にも会えました。

盛況で、

5日までの会期が延長して

12日までになったそうです。

 

ゴシックおひなさまや、

森ガールのようなおひなさま、

とにかく可愛かった。

十二単も再現されて

見応えがあったので

是非銀座へお出かけください。

入場無料でした。おすすめします。

写真展なのに、

会場内写真オーケーなので

カメラ持った女の子が

たくさん来てました。

 

f:id:fa-fa-together:20190307174623j:image

 

黒いおひなさま。

江戸時代に一度、黒が流行したんですって。

プリキュアも、

衣装が黒い時ヒットしましたよね。

 

女の子らしい。

絶対にお爺ちゃんには

買ってもらえなさそう!

だけど

自分で買いたくなっちゃう。