胡蝶のオラクル

日本昔ばなしタロット、ヘリオセントリック占星術、チャネリング。普段は家で寝てます。

デミタスカップを買いました。

 

f:id:fa-fa-together:20181228005402j:image

 

ハンドルが板状になっていて

指が入らないタイプの

小さなカップが欲しいと

ずっと前から思っていました。

 

ちょうどよいのが手に入って嬉しいです。

 

 

 

私の将来の目標の一つに

茶道の教室をするというのがあります。

それが叶う時、

 

せっかく

茶道など、

そういった日常動作の美しさに

関心のある人が教室に来てくれるなら

抹茶茶碗の扱い方だけでなくて

もっと、日常で使う食器…

ティーカップの持ち方を

伝えられたらいいと思いました。

 

 

しかしながら

茶道は茶道として

指導内容が決まっていますから、

指導者の個人的な考えで

生徒さんに

ティーカップの持ち方をうるさく言うのは

余計なお世話ですし

本来教えることではないので、

やるなら

生徒さんにとって不愉快でないように

自然と楽しみながら

聞いてもらわないといけないと

思います。

 

 

茶道と関係ないのに

ティーカップに熱い紅茶を出されて

持ちにくいやり方で飲むよう勧められたら、

生徒さんは

釈然としないでしょう。

興味をなくしてしまったら

元も子もないことです。

 

 

そこで

可愛いデミタスカップ

ジュースをすすめて、

指先でつまんで持つやり方を

たしかめるのはどうかと

思いつきました。

 

 

そうすれば

火傷の心配もなく

安心して手の形を練習できますし

重たくないから

慣れていなくても、手が痛みません。

 

ハンドルに最初から穴がなければ

「指を絡めてはいけないわよ」と

指摘して

嫌な気持ちにさせることもありません。

 

 

こんなデザインのカップがあるんだと、

感動してもらえるところから

レッスンが始まったら

レッスンがレッスンとも思われず

明るい会話として楽しめると思ったのです。

 

 

 

そんなわけで

美しさに喜びを感じる人と

将来、出会えるのを想像しながら、

手のひらにのる小さなカップ

満足感たっぷりに

ながめております。