胡蝶のオラクル

日々いろいろな世界から入ってくるチャネリングを書いてます

習い事や、セミナーでお金を払うことについて思うこと

未来食つぶつぶっていう

料理教室行ってきました。

 

けっこうな値段がするから

最初はあやしんで構えてたんだけど

自分自身のチャネリング

オススメされるし

なんだか

いい感じな気がするし

行ってきてしまった。

 

とても良かった。

 

 

なんか、

縁って不思議で

 

全然抵抗がないのに

なんとなくいつしか疎遠になるのもあれば

 

一所懸命繋がりたくても

全然繋がらないで

孤独感だけつのる世界もあれば

 

なんか

とっつくにくいというか

怖いから近寄りたくないと思っても

わざとじゃなく

そっちに引き寄せられるのもあって

 

怖いとか、

やだなって思うのは

悪いことじゃない時もあるんだなあって

思う。

 

大きく変化するときの

抵抗って

実際よりも大きく感じるんだと思う。

 

 

 

 

 

つぶつぶ料理だと

なんか

宗教っぽいというか

変な集まりでお金取られるとかだったら

嫌だなあみたいなのあって

主人も

ええ、なにそれ本当に大丈夫なの?

騙されてないの?

って言ってたことあって

 

でも

「騙されてる人みたいに、

私のこと見てて感じる?」って聞くと

「それは思わない。」って

言われて。ちょっと安心したりして。

 

つぶつぶは、半信半疑だった。

 

 

 

 

 

 

 

茶道は

つぶつぶよりも

もっとお金かかる…

お許しをいただくのも

ズドンってお金必要だし

毎月のお月謝も。

勉強会も。

お道具なんて天井知らず。

(最初からはそんなにかからないから、始めたい人は怖がらないでください。お茶の先生になろうとすると、お金かかる。)

 

 

 

でも

茶道やってる人のこと

「家元に騙されてるわ〜あの人」って

あんまし、誰も思わないじゃん。

(いるか…。まあ、そうだとしても

私は言われても全く意に介さないと思うから

つぶつぶもその境地に達すれば

いいってことかな)

 

 

 

茶道と

つぶつぶ

何が違うのって、

別にあんまし変わんないな、

むしろ似てるなって思って。

 

怪しさポイント

つぶつぶだけが高いってことを

私は感じなくて。

 

 

 

自分の身の丈にあってないペースで

傾倒したら

バランス崩れる部分はあるかもしれないけど

それは

茶道だって同じなんだから

 

自分が潰れないように

そろりそろりやってみるのは

いいことなんじゃないかなって

思いました。

 

 

 

それに

茶道は

小さい頃から知ってる先生に

大学生の頃から

教わってて

とても長くていい縁だけど

 

人によっては

そうじゃなくて

他の人や先生と相性が合わなくて

なんか違ってたって感じて

お茶習うの嫌いになることだって

あると思う。

 

それは

それで

その人にとっての出来事だし

 

私にとっての

お茶と、

その人にとってのお茶は

全然違うもので

両方事実なんだと思う。

 

 

 

だから

つぶつぶが

あんまし合わない人や

変だなって思う人にも

出会うかもしれないけど

 

私はそれとは別に

楽しい時間を講師の人と過ごせて

同じタイミングで出会えた生徒の人も

すごくいい人だったから

 

これは私のために用意されたものって思って

受け取ろうと思いました。

 

 

 

 

でも

お茶もやりたい、

つぶつぶもやりたい、

星占いもやりたい、

タロット占いもやりたい、

郷土研究もやりたい、

絵も買いたい、

音楽もやりたい、

あれもこれもやりたい、で

なんでもかんでも無制限にお金使うだけで

稼いでなかったら

それじゃいけないから

 

 

今の私の身体で収入を増やす方法を

しっかり構築して

心配性の主人が安心できるようにして

堂々とやりたいことやろうと思いました。