胡蝶のオラクル

日々いろいろな世界から入ってくるチャネリングを書いてます

新しいこと教わった

チャネリング

繋がりそうで

前みたいに言葉ではっきり来ない。

 

わかった範囲。

 

 

 

 

タロットとオラクルカードより

「森に行ってね。」

「森の精霊に会いに行って。」

「自然崇拝」

 

周りの人の言葉から

「間山へ登ろう。」

 

瞑想から

「あってる。このままでいい。」

「畏れよ。恐れるなかれ」

「ジメジメしたところもあなたの味方」

「怖くないから。」

「魂の修行は誰とも何とも競争しないし、時間は無制限なほどあって無限にトライできる。その合間は、心地よいところで休んで復活できる」

 

 

 

 

お線香の匂いがするときや、神様を名乗る霊は悪霊だというブログを読んだ時にそうなのかなって動揺すると

「お線香の匂いがその人にとって不愉快なら悪霊という意味。

あなたにとってのお線香は暖かいホッとするものだよ。」

「神様の薫りは香木の薫りだよ。お線香の材料だから似てるよ。だけど煙たくないよ。すっきりしているか、ふわっと香るよ。怪しげでなく、匂いの量が安定してるよ。たくさん吸い込みたくなるよ。」

「もし、神様と偽った悪霊だとしても、その正体の元を正せばあなたの一部なんだから怖くないよ。

だけど、何か違うから、わかるはずだよ。」

 

「腐乱臭も悪霊が出すよ。

でも、素晴らしい力のある森は

落ち葉の腐る土の匂いで満ちているよ。」

 

「自分のセンサーを大事にして。人の指す方向に行こうとしないで。人によって役割が違うから。誰も間違ってはいない」

 

「石や、土や、茂みをよく見てね。」

「大きく育った草の間に家族がいるよ」

「森の精霊、妖精、妖怪を頼って。」