胡蝶のオラクル

日々いろいろな世界から入ってくるチャネリングを書いてます

生前に決めた使命が魂の本質ってそれおかしくない?

~*~・~*~・~*~・~*~・~

チャネリングのきっかけになった星占いです。

星と心がつながる講座

~*~・~*~・~*~・~*~・~

 

 

 

 

タイトルのまんまなんですが

 

スピリチュアルとかで聞く

生前に決めた使命や役割が

魂の本質って話、

おかしくないかな。

 

そんな話、ないか。

私が勝手に思い込んでただけかな。

 

最近グダグダしてるんですけど

今日ぼんやり思ったんです。

前から

思ってたけど、

文章にできたのが今日というか。

 

 

 

 

 

 

1年くらい

占いにハマって

タロットとか星占いとか

手相とか

「いろんなもんがあるなあ」って

思ってたんですけど

 

 

情報収集してると

「これで魂の本質がわかる」

「本当の自分がわかる」的な言葉に

触れてきたんですよね。

 

例えば

星占いであれば

生前に、

私たちのハイヤーセルフのようなものが

この生涯でやる課題を決めて

それにぴったりの

能力とタイミングを決めて

それに適した生年月日を決めて

その時間に産まれたってことらしいんですね。

 

だから、

その生年月日に産まれた人に

共通する要素から

活躍するべき社会での役割などが

分かるってことのようなんです。

 

 

 

ってことは

順番的に、

 

 

ブログを書くこの私が産まれるより先に

ハイヤーセルフや魂そのものの私がいて

魂の学びの課題があって、

次にそれに必要な条件があって、

そのうちの1つが

この私の生年月日ですよね。

 

 

そうなると

生年月日を逆算して知ることができるのは

似たようなタイミングで産まれた

多くの人との共通点と

せいぜい、

それで学べるであろう

今生の課題までじゃあないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

魂の本質は

生まれた時間の

星の配置からは

わからないのではないでしょうか?

 

 

 

例えばですよ。

一例として

私は山羊座なんですが、

私を山羊座にしたのは

私のハイヤーセルフ=私の大きな魂

なわけです。

 

私を山羊座にしたのは

私のハイヤーセルフであるということは

順番から考えると

産まれる前の私の魂と

今もどこかにいるハイヤーセルフは

山羊座ではないはずなんですよ。

 

私が真面目な理由を

山羊座だからだとします。

すると、

産まれる前の私の魂は

まだ、山羊座であることによっては

真面目ではないわけです。

せいぜい、普通であろうと考えられます。

 

 

 

 

 

 

今生の私は

太陽星座が山羊座だから、

山羊座のエネルギーの影響を

強く受けた結果、

真面目なんですよ。

 

その影響がない時点では

真面目じゃないはずなんですよ。

 

だとしたら

真面目であることは

山羊座の自分の、魂の本質と言えるでしょうか。

 

いいえ。言えません。

 

…と、私は考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

山羊座だから真面目というのは

1例です。

他にも、

病気になったのは学びのためとか

この親の元に生まれてきたのは学びのためとか

この人に出会ったのは学びのためとか

お金に困ったのは学びのためとか

この仕事をするのは学びのためとか

 

いろんな経験と技能と制限が

ハイヤーセルフによって意図されていると

されています。

 

 

 

そのような経験によって

培われた自我は、

いかにも、自分の本質であると

主張したい気持ちになりますが

よくよく考えてみると

その条件を与えられる前から

自分はいたわけで

 

やはり

学び終えた自分よりも

学ぶ前の自分が

本質と呼ぶのにふさわしいはずです。

 

 

そして、

意図されて付け足された要素ということは

逆説的に、

それは本質ではない…ということでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

メイクで言えば

すっぴんと、メイク後が

あるとして

 

魅力が最も引き出されるのが

メイク後であったとしても

「本質」「そのもの」に該当するのが

どれかといえば、

すっぴんの状態を

指しますよね。例外の理論は置いといて。

 

 

 

 

 

 

私たちは

ハイヤーセルフの意図によって

特定の経験を積んでいる最中ですよね。

生年月日みたいに

終わったこともあれば

まだこれからの経験もあるでしょう。

 

 

しかし、

この世で経験する全ての事情が

ハイヤーセルフの意図であるならば…

 

 

魂に本質はない。

と、いうことになりませんか?

 

 

 

 

 

 

私は

「無になるのかな…」とも

考えたのですが

 

本質が無いことと、存在が無いことが

必ずしも一致するとは

限らないのではないかとも考えました。

 

 

つまり、

魂は

本質が無い状態で

存在する可能性が残されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魂とはいったい

なんなのだろうか

 

 

私のイメージする魂は

光る液体みたいなシズクで

みんなが共有するタンクに

本体があるものです。

 

この本体は、神だと思っています。

神には物質の全体像とか

宇宙の全体像も含まれていると

思っています。

 

しかしこれは

私個人の勝手なイメージです。

 

 

 

このイメージを

証明することはできませんが

魂の本質に

触れることができなくとも

 

先ほど書いたように

魂の本質でないものは

分かるので

その要素を消去法で間引いていき、

 

いろいろな人の話や文章を読んで

魂についてよく言われていることを

総合的に考えれば

魂の本質がどんなものであるか

予想できるのではないかと

思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魂は意図を持たない

意識体ではないか?

 

 

 

 

まず、

聞いた話では

 

神=愛

 

なのだそうです。

とにかく、神は愛なのだそうです。

 

神=愛

ということは

 

愛=神

 

も成立するはずですよね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に

聞いた話は

 

愛の反対は、無関心

 

です。

 

「愛の反対に、無関心が含まれる」

ではありません。

 

「愛の反対は無関心」

です。

この違いは、大きいですよね。

全く違います。

 

神=全て(全体集合U)

ですから

愛=全て(全体集合U)

 

でもあります。

 

全体集合Uから、無関心を引いた残りが

愛であり、

これが全体集合Uと一致するには

無関心が0でなければなりませんが、

 

 

無関心が0であれば、

全て=神=愛

成り立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

さらに

無関心の反対は、単純に考えたら

関心です。

 

ならば

 

関心=愛

 

も成り立つはずです。

おそらく

マザー・テレサもそういうつもりで

言ってるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

関心が愛で、

愛が神で、

神が魂の本体であれば

 

魂の本質は関心

 

です。

 

関心とは、注意をはらうことです。

 

魂は

本質がないと先ほど言ったけれど

注意をはらうことはできるらしいのです。

 

つまり、意識があるのです。

 

 

 

 

意識はありつつ

山羊座の生真面目さや

経験で身につけた技能など

後付の性格や意図、

行動指針を持たない存在が

魂の本質や

神と呼ばれるものなの

なのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

神に意図がないなら

神の意志とはなんなのか?

 

 

この仮説では、

ハイヤーセルフの意図の主体は

なんなのか?

という問題が説明できませんが。

ハイヤーセルフが

意図して私を地上に降り立たせているなら

ハイヤーセルフには

意思があることになってしまいます。

すると、

ハイヤーセルフと魂の本体は

別物ということになります。

 

難しいですね。

生まれる前の魂にも

意図があるなら、

生まれる前の魂もまた

神と同じではなくなってしまいますね。

 

 

わけがわからない。

 

 

 

 

 

なんとなく

今の段階で

私のイメージする神さまは

 

 

意志がなくて

行動指針もなくて

 

だけど

意識はあって、

 

受動的に

私の意図を反映している

大きな存在なのではないだろうか…と。

 

 

 

つまり

神様は

それはそれは大いなる存在で

全知全能であるにもかかわらず

自分で何かを決めるとか

意図するとかは

できなくて

 

それは人間がやる…

みたいな。

 

 

 

そして、

私は

神様とチャネリングで繋がると

決めたために

神様の方で

私の意志を汲み取ったお陰で

チャネリングが通じた…

 

ということではないでしょうか。

 

 

 

 

ハイヤーセルフというのが

どうも正体が分かりませんが

そんなふうに考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己分析で得られた結果を

自分ではなく、

自分ではないものと考えてみた

 

 

 

 

ブログのやり始めから

「私ってなんなんだろう。」って

悩んでいて、

 

それが意味のないことだと

気付きながらも

考えざるを得なかったり。

 

 

自分で考えても

トラウマ思い出すばかり。

トラウマが溶けていくときは

すごく気持ちいいのに、

その気持ち良さも

ずっとは続かなかったりして。

 

 

 

 

 

占いとか、

なんとか診断とか、

自己分析を

 

自分を知るために

やってきたけど

 

 

じゃあ、

それで分かった集合要素を

自分の本質とか総体だと思うかっていうと

全然そんなふうに思えなくて

 

 

しかも

何かをし続けないと

自分が形成されなかった…

「その経験がなかったら私が存在しなかった」

恐れというか、

産まれなかったら産まれてなかった的な

子供の妄想みたいな恐怖が増えただけで。

 

幸せとか満足感とか自信とか

(人生なんだかんだ充実してた感)は

「そうか!」って思った時だけ

パァッて霧が晴れたようになるけど

翌日は昨日とあんまし変わらない。

 

 

 

 

 

 

その私の要素の集合体を、

 

「これは本来の自分にはなかった

後付けの要素。

お化粧のパウダーみたいなもの」って

最近捉え直してみたら

 

自分自身があやふやになりそうで

 

意外とそうでもない。

あんましならないというか。

 

 

 

 

 

前だったら

「私という存在が消える!」

「私らしさを失ったら迷ってしまう!」

って怖さを

感じたと思うんだけど

 

 

そういうのが

減って。

 

 

 

 

 

例えば

動物占いがライオンで経営者タイプですとか

グッドポイント診断では独創的ですとか

上州女だから強いとか

理屈っぽいタイプだとか

真面目な方とか

 

 

 

そういうのが全部

魂のお化粧とか服装に感じられて

 

すっぴんの顔や裸はまた別にあって

 

それは無くならなくて、

 

 

永遠かどうかはわからないけれど

それに近いくらい膨大な時間

続くように、

 

思える。

 

 

 

 

 

 

もしかしたら

自己分析で判明する

「私らしさ」は

 

リップやチークやハイライトみたいなもので

 

顔そのものとは別であって

 

 

しかも

 

これは仮設だけれども、

効果と方法の順序が逆転しているのでは

ないだろうか…。

 

 

 

 

山羊座の私は真面目」

というのは

 

「眉毛を整えている人は利発である」

のように。

 

順序が逆転しているのではないだろうか。

 

 

 

 

本来は

「利発そうに見せるために、眉を整える」

のだから。

 

「真面目に生きるために、山羊座に産まれる」

のが、

順序ではないか。

 

 

 

 

 

「私は、何かを追求するのが楽しい」

それも

「チークが頰にある人は明るく楽しい」

 

逆にすると

「明るく楽しそうに見せるために

チークをおく」

「追求するために楽しく感じる」

ではないか。

 

 

 

 

 

 

スピリチュアルに言わせると

 

その目的は

地球をアセンションさせるためであったり

地球生活を楽しむためであったり

するらしいが

 

正直なところ

これは

鵜呑みにする気が起きない。

 

 

 

 

 

同じ職場で

同じ業務に就く人ですら

志望動機が全く同じなんてあり得ないのに。

 

地球に生まれた理由が

みんなして

楽しむためとか、

自分が成長するためとは

思えない。

 

なんとなく就職したみたいに

 

みんなが地球行ってるから

自分も深く考えないで生まれたって人も

大勢いるのではないか。

 

 

 

その人にも変わらず、

魂はあって

その人も神さまの一部。

 

 

 

後半が

わけわからなくなってしまった。

 

私は

書きながら考えるから

スパッと切りのいいところで

文章を切れないのだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が言いたかったのは

 

 

魂の本質と

この世で果たす役割は

 

 

切っても切り離せない関係があるように

今まで思っていたけれど

 

実際は

全然別物なんじゃないかってことです。

 

 

リンカーンが奴隷を解放したのも

エジソンが発明をしたのも

紫式部源氏物語を書いたのも

魂の本質とは

あんまし関係がないんじゃないか。

 

まして、

私の職業など

何にも、関係ないんじゃないかと。

 

 

 

 

自分が今世で大切にしているものや

私らしさ、頑張って取り組んでいることは

 

魂とは関係ないのではないか。

 

 

 

 

そのことに

昔の私だったら

 

虚しさを感じたと思うんだけど

 

 

今は

 

虚しさよりも

本当のところはどうなのかって興味で

興奮が

勝ってる感じです。

 

 

 

 

 

~*~・~*~・~*~・~*~・~

チャネリングのきっかけになった星占いです。

星と心がつながる講座

~*~・~*~・~*~・~*~・~