胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

体感に注意を向けるワークを日課にしてみた。

呼吸の瞑想、体感への注目からスタートする

体感ワーク。

 

こないだ、

生まれる前の

赤ちゃん自分と交信したので

今度もなんか

できるかなと思って、やりました。

 

 

 

一回飛ばしだけど

 

コバルトブルーの海の

水中の画像と

水面に顔を出した画像が

それぞれ一瞬ずつ見えて

 

そのあと

 

海の上に

神経物質みたいな変な形の星が

浮いているのが

見えました。

 

誰の情報が入ってるのか

さっぱり

わかりませんでしたが

人魚かな、何かなと思っていました。

 

 

 

 

人から聞いた話で

体感に注目した後に

目を開けても研ぎ澄ました感覚を

鈍感に戻さず

そのままの状態で

活動してみるといいと聞きました。

 

 

星占いで教わってることとは

また違うんだけど

せっかくだから

やってみました。

 

 

 

 

海の上に星が浮かんでいるところが

見えて、

それが消えて、

その見えた時のテンションを保ちながら

 

 

目を開けて

立ち上がり、

階段を上って、

寝室の最も奥にある本棚から

宮沢賢治の「星の童話集」を持ち出して

 

部屋を変えて

原稿用紙を取り出して

童話集を譜面台に取り付け

中盤に掲載された双子の星の物語を

書き写し始めました。

 

 

 

目的を考えると

止める選択肢しかなくなるから

それをとりあえず続けました。

 

 

夢中というより

静かに集中していたんだけど

ふと

「今何時くらいだろう」と思って

立ち上がって確認すると

用事のある1時間前で。

 

それからちょこっとやって

終わりにしました。

 

 

出かけた後も

体感に注目を続けて

知ってる人が出るから誘われた

無料コンサートに行ったんだけど

 

それを(お願いされて)スマホで録音して

snsに配信したら

喜んでもらえました。

 

 

絵本を書き写した理由は

よくわからないんだけど

いい日になりました。

 

 

そして

物語に出てきた蠍座の蠍は

ハサミを振り上げていたので

「タロットカードの、

星に似ている画像だったな」

 

運転しながら思いました。

 

ライダー版の星のカードは

湖面から頭を出したロブスターが

空に向けて

ハサミをあげていますよね。

 

 

 

 

 

 

スターかあ。

いいカードだ。

 

何がかは、よくわかんないけど

希望が持てるんだね。