胡蝶のオラクル

日々いろいろな世界から入ってくるチャネリングを書いてます

悟りを得ても、1日は変わらない

いろいろが

わかってきた。

 

 

 

生きてる前提みたいなのが

変わってきて

今までしっくりこなかったものが

しっくりくるようになった。

 

 

今まで

重要じゃないと

思っていたことが

「これか。」ってわかって。

 

コツを掴んだというか。

 

 

 

過去世とか、

なにしに今来たのかとか、

サムシンググレース的な何者かから

降ろされているものが

なんとなくわかるようになった。

 

 

星占いとか

タロットとか

あんなに興味があったのに

今は

タロットとか、何かの占いよりも

自分が直接なんとなくわかるやつの方が

正確だから、

勉強しようという気が失せて

 

目標があやふやだけど、

目標を持とうとすること自体が

いらないことだったんだって

初めてわかって

 

全部、

「なーんだ」ってなってる。

 

 

 

 

 

 

大好きな漫画で

「あっかんべえ一休」という

坂口尚さんの作品があるのだけど

 

その中に

「悟り、悟りと言うけど

悟ると何か得することあるんかねぇ」

と言う台詞があって。

 

この台詞は

この漫画を私に勧めた母が

印象に残った台詞。

 

 

悟っても、なんも変わらないんだなあ。

本当に、なんも、変わらないんだなあ。