胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

日本昔話タロットが届きましたよ。

自分の場合、

 

聖書を読む習慣もなければ

 

ギリシア神話プラネタリウム

教わるくらいしか知らない。

 

鋼の錬金術師も読んでない。

 

 

 

 

要するに、普通のタロットで

まともな

リーディングは無理なんですよ。

 

 

 

 

 

 

神様のいる場所のイメージ、

神社と寺だし。

高校もガチガチ仏教だし。

お気に入りの漫画も

「あっかんべえ一休」だし。

結婚式も寺だし。

 

 

 

西洋の文化の理解が

タロットに必要なほどはないんですね。

 

タロット自体は

面白いけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで

日本昔話タロットの出番。

 

 

 

今まで

説明書き見ても

パッとこなかった

「女教皇」と「教皇

 

いっぱい出るけど

意味がわからなかったです。

 

親しみがないですからね。

そのような人たちに。

 

 

 

 

日本昔話タロットだと

これは

「乙姫様」と「お地蔵さん」の絵です。

 

 

 

 

 

「乙姫様」と「お地蔵さん」!

 

これは、

なんとなく言いたいことがわかる!

 

 

 

乙姫様は、

 

綺麗で理想的。

竜宮城を仕切ってる。

逆らうのは畏れ多そう。

ミステリアス。

御局様。

得体の知れない力を秘めてそう。

怒らせたくないけど、
味方につけると頼りになりそう。

 

マイルールめっちゃありそう。

 

そいで

浦島太郎ごときにあっさりフラれていて

女帝より家庭運、恋愛運がなさそう。

 

おお。

親しみがないどころか…。

 

 

 

 

 

 

 

お地蔵さんは、

 

ぜんぜん怖くなくて

悩み事を聞いてくれたり

痛いのを楽にしてくれたり。

 

子どものころから

優しく見守ってくれる存在。

いかにも教育的。

 

キーホルダーとか置物とか

手ぬぐいとか

いたるところにいて

 

日常的に

いい子も悪い子も守ってくれる。

 

 

 

 

 

 

教皇とか、法王って

そういう存在なんですね〜。

 

 

 

 

  

聖書を読み聞かせてもらってないけど

日本昔話を読んでもらったし、

自分でも読んだ。

 

教会には行かないけど、

お寺や神社のお祭りには

連れてってもらった。

 

 

 

 

 

だから

日本昔話タロットであれば

「ああ、こういうこと言いたいのか!」

ってわかる。

 

 

 

そいでその後に

もとの西洋のタロットカードの

イメージを見ると

 

随分、

歪んだイメージを自分は持ってたんだなと

気がつく。

 

 

 

 

こういうのを

修正していくと

タロットはもっと面白くなるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

昔の職場へ、人に会いにいく。