胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

日本昔話タロットが届きましたよ。

日本昔話タロットが届きましたよ。

 

とても

良い。

 

 

 

タロットやってると言っても

初心者向けの本を

一冊持っているだけの私には

 

 

せいぜい

占いは

「毎日、なんかを続ける」

程度のものでしかなかったです。

 

リーディングも

自分勝手な解釈でしてますしね。

 

 

 

 

 

カードに書いてある

絵の意味なんて

わかってないです。

本当のところ。

 

 

 

それでも

「同じカードがよく出ることがある」

 

とか、

 

「このカードが出た時に

こんな気持ちになる」

 

とか

 

「出るカードが、

未来、現在、過去の方向に

移動していく」

 

とか

 

「カードが移動する速さで

運勢が変わっているらしい。」

 

 

くらいは

無知ながらにわかって

面白いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら

カードの意味が

わからないと、

面白さが半減する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の場合、

 

聖書を読む習慣もなければ

 

ギリシア神話プラネタリウム

教わるくらいしか知らない。

 

鋼の錬金術師も読んでないし。

 

 

 

 

要するに、

まともな

リーディングは無理なんですよ。

 

 

 

 

 

 

神様のいる場所のイメージ、

神社と寺だし。

高校もガチガチ仏教だし。

お気に入りの漫画も

「あっかんべえ一休」だし。

結婚式も寺だし。

 

 

 

西洋の文化の理解が

タロットに必要なほどはないんですね。

 

タロット自体は

面白いけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで

日本昔話タロットの出番。

 

 

 

今まで

説明書き見ても

パッとこなかった

「女教皇」と「教皇

 

いっぱい出るけど

意味がわからなかったです。

 

親しみがないですからね。

そのような人たちに。

 

 

 

 

日本昔話タロットだと

これは

「乙姫様」と「お地蔵さん」の絵です。

 

 

 

 

 

「乙姫様」と「お地蔵さん」!

 

これは、

なんとなく言いたいことがわかる!

 

 

 

乙姫様は、

綺麗で理想的なんだけど

竜宮城を仕切ってるっぽくて

逆らうのは畏れ多そうな

ミステリアスな

御局様的女性ですよね。

得体の知れない力を秘めてそうです。

怒らせたくないけど、
味方につけると頼りになりそうですね。

マイルールをめっちゃ持ってそう。

 

そいで

浦島太郎ごときにあっさりフラれていて

女帝より家庭運、恋愛運がなさそうです。

 

おお。

親しみがないどころか…。

 

 

 

 

 

 

 

お地蔵さんは、

ぜんぜん怖くなくて

悩み事を聞いてくれたり

痛いのを楽にしてくれたり

子どものころから

優しく見守ってくれる存在ですよね。

いかにも教育的です。

キーホルダーとか置物とか

手ぬぐいとか

いたるところにいて

日常的に

いい子も悪い子も守ってくれそうです。

 

教皇とか、法王って

そういう存在なんですね。

 

 

 

 

 

自分は

西洋文化の知識を

現代文の試験の問題文とか

歴史の授業で仕入れていたのが

始まりだったので

 

比較文化論の文章ばっかり読んでいました。

 

 

西洋文化を批判する文章を

多く読んできたと思うし

 

歴史も、

教会が堕落して免罪符がどうとか

(寺も変わんないけど)

 

キリスト教なら

日本国内で弾圧されていたイメージとか

(それも仏教も変わんないけど)

 

そんなのが先行して

タロットも理解ができない。

 

 

 

 

 

 

 

 

そういった

西洋文化の知識よりも

もっと深いところにある、

 

 

パパに聖書を読み聞かせてもらった

子ども時代とか

 

日曜日に家族で

教会に行って

神父さんや牧師さんと

お話しした思い出を

 

もってないからですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど

自分に何にもないわけではなくて。

 

 

聖書を読み聞かせてもらってないけど

日本昔話を読んでもらったし、

自分でも読んだ。

 

教会には行かないけど、

お寺や神社のお祭りには

連れてってもらった。

 

 

 

 

 

だから

日本昔話タロットであれば

「ああ、こういうこと言いたいのか!」

ってわかる。

 

 

 

そいでその後に

もとの西洋のタロットカードの

イメージを見ると

 

随分、

歪んだイメージを自分は持ってたんだなと

気がつく。

 

 

 

 

こういうのを

修正していくと

タロットはもう少し

面白くなると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

昔の職場へ、人に会いにいく。