胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

2年だけヒロシマに住んでいた。

小学生の3年生から5年生の夏休みまで

ヒロシマに住んでいました。

短い期間です。

 

 

 

夏休みの宿題は、

 

国語で戦争のお話

社会科で戦争のこと

家庭科で戦争中のご飯のこと

そして、お家の人に戦争の話を聞くこと。

 

 

戦争のこと三昧でした。

それが当然だった。

 

 

 

学級文庫には

はだしのゲンがあったし、

 

一年生から六年生までが

白く灰になった遺体の転がる

爆心地の記録映像を見たし

 

クラスメイトの大半は

親族が被爆していました。

 

 

 

友だちの家に遊びに行くと

友だちのおじいちゃんの甚平の袖から

取れた腕が二の腕のところで

縫ってあるのが覗いていた。

 

 

 

ヒロシマに限ったことではないけど。

 

 

 

 

 

 

戦争を知らない世代と

言われている私たちは、

 

戦争を知らないが

それでも責任は負うという

難しいことを要求されている。

 

受け入れるのも、

受け入れないのも自由。

 

受け入れ方は

各自が考えなさいというところで

知る、とか

学ぶ、とか

選挙に行く、とか

資料館に行く、とか

何かの活動する、とか。

 

自分にできることの

選択肢はいろいろあるけれど

どれも苦肉の索でしかない。

 

これをすれば世界が平和になるという

完全な答えはどこにもない。

 

 

私たちの大半は

世界を平和にするためだけに

生活しているわけでもない。

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず私が考えるのは、

 

戦争を拒絶すること、

時間を戻すこと、

 

これによって平和が訪れるのではなく

 

 

 

 

 

 

平和な世界とは

どんな世界なのか

 

そのビジョンをたてて

新しい日々を創造することが

 

「平和」と呼ばれている状態を

創る。

 

 

平和に戻すのでも、

平和に均衡を保つのでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生の私は

埼玉に引っ越しました。

 

夏休みの宿題に

戦争がらみの学習がないので

驚いた。

 

 

図書室にも

あんまし戦争の本はなかった。

 

 

 

 

 

そのこと自体は

あまり問題とは思っていない。

 

 

教育の力の入れどころは、

自治体によりけりだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても驚いたのは

戦争のことを分かっていると自分で思っている大人が大勢いることだった。

 

これには面食らった。

 

 

 

いや、

日本を平和にする方法を分かっているとでも思っていたのかもしれない。

 

学校の教員。

塾の講師。

国語の評論文の著者。

テレビに出てくるコメンテーター。

 

 

 

 

ヒロシマや、ナガサキや、オキナワや、

その他、

悲惨な歴史を乗り越えようとしている地域で

活発な、いわゆる平和活動。

 

 

実際に

どんな想いでどんなことが

60年、70年、80年…その先も

現在進行形で

積み上げられているのかも知らないくせに

 

 

平和活動のことを

上面の報道を聞いただけで

題目を唱えているだけだと決めつけて、

 

「武力が平和を保つということに

気づいている自分たちは冷静で賢い」

とでも言いたげ。

 

 

 

 

 

武力で維持され

均衡を保ったその平和な世界で

 

どんな生活をして、

何を遺したいか

そういうビジョンは何もないくせに。

 

 

攻めるか、守るか、

拒むか、明け渡すか、

 

二者択一の選択肢にとらわれたまま

 

消去法で

目先の傷の少ない方を選んで

上手に選べた自分は偉いと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに創造性はなく、

 

従って

歴史は繰り返す。

 

 

 

 

 

歴史が繰り返されるのを

受け入れるのが

賢さだと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

「歴史を繰り返すまい」を

バカだと思っている。

 

 

 

夢物語だと思っている。

 

 

 

 

できないと思っている。

 

 

 

 

 

自分たちにできない

だけじゃなく、

次世代の子どもたちにも

できないと思っている。

 

 

 

 

 

ロマンのカケラもない奴ら…。

 

 

 

 

 

 

 

歴史に対して

能動的な意思のない奴ら…。

 

 

 

 

 

 

 

もったいない奴ら…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

命をかけて、

自分が死ぬまでに、

戦争のない世界を

実現させようとしている大人が

 

たくさんいるのに。

 

まだ、いるのに。

高齢化が進もうと何だろうと、

複数いるのに。

会えるのに。

 

 

 

 

 

その言葉の価値もわからないで。

 

 

 

 

 

 

 

自分のことを

冷静で賢い現実主義者だと思っている。

 

 

 

 

 

 

自分が

勉強不足だなんて

疑いもしない。

 

その時代、あの時代の

客観的事実の知識なら

歴史の知識なら

俺の方があると思っている。

私の方があると思っている。

 

 

大昔の思想家が

自分の国だけを守るために書いた本を

ありがたがって、

そんなものを何冊も読んだからって

政治学の知識が足りていると思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう人たちを相手にしながら

あのおじさんも、

あのおばさんも、

傷つき、傷つき、平和を訴えて

 

私たち子どもに向かって

語りかけていたんだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、

そのうちの1人の私は

もう子どもではない。

 

撒かれた種、託された種を

発芽させなければならない。