胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

隠れ財産その②

隠れ財産その① - 胡蝶のオラクル

 

前回、6月の家計が赤字だとわかって

慌ててしまった。

 

 

でも、

それで死ぬわけではない。

 

 

冷静に

内訳を調べてみたところ

 

6月という月は

異様に

固定料金の引き落としが多いことがわかった。

 

 

NHKの料金は

1年分一括払いを選択しており

それがたまたま6月の引き落としだった。

 

自動車保険は、半年分一括払い。

こちらも6月。

 

その他、

偶数月に2ヶ月分支払う

水道代とガス代、保険料を

6月に払う。

 

 

 

 

 

 

複数月分、徴収された料金を

月の数で割り算し、

月割り計算の収支を再度計算したところ

 

無事、余裕を残して黒字となった。

 

 

 

 

 

 

驚いたことに、

月割り計算をする前と後で

10万円ちかい差があった。

 

 

 

 

 

今まで

独身時代に

気まぐれに家計簿をつけたりして

単発で出費を足し算したことは

あったものの。

 

固定料金だけで

随分と差が出るものだ。

 

 

 

 

これをよく知らないままで

ある月に赤字になったからといって

慌てて家族に倹約を強いたり、

 

逆に

ある月に黒字だったからといって

翌月もそうなるとは限らないものだと

今更ながら思い知った。

 

 

 

 

 

 

 

また

若者の貧困が社会問題になっているけれど、

「これは、貧困になるな」と思った。

 

 

それまで免除されていた年金やら

奨学金の支払いを

就職した4月から始めるには

貯蓄が必要だ。

 

4月の給料が手に入るのは

5月以降だからだ。

 

 

 

 

学生時代の貯金を切り崩して

就職に伴う

引っ越し代やスーツ代を飛ばして

さらに歓迎会に出なくてはならない。

 

4月から5月にかけて

職場に保険のセールスが来るが

自分の金銭的体力を知らないまま契約すると

6月から支払いが始まる。

 

 

 

4月、5月をしのいでも

6月の固定料金の引き落としが

給料やボーナス支給日よりも

前だった場合、

貯蓄がなければ

生活はかなり厳しいはずだ。

 

ボーナスが出ても

4月から働き始めたならば

先輩たちがもらっているボーナスよりも

金額は少ないはずだ。

 

出ない職場もある。

 

 

 

 

 

 

これでは、

食べ物を買うために

消費者金融や水商売のかけもちをするのは

無理からぬことだと思う。

 

 

 

 

就職に備えて

学生時代からバイトでお金を貯める人も

いるだろうけれど。

 

学生の頃だけが貧乏で、

就職したら金が入るというのは

昔の話だろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

我が家のことに話を戻すと

大赤字に一瞬戸惑ったものの、

 

引き落とされた固定料金を見直す

いい機会になった。

 

 

 

そして、

見直してみるとまんざら

悪い状況でもなかった。

 

 

 

 

 

 

完全にミスして解約し忘れていた

プロバイダー料金は

冷静に計算し直すと

当初思ったほどには高くはなかった。

 

 

保険料が

めちゃくちゃ高くて

家計を苦しくしていると思ったが

 

貯蓄型なので、

いずれは資産になる。

柔軟に解約して

契約期間に応じた金額を

受け取れるプランだった。

なので、

契約を失敗と考えるのは

まだ早いだろう。

 

 

 

 

 

 

そして

超超嬉しいことに

学生時代にスタートした定期預金が

まるまる残っていることに気がついた。

 

大学院生の頃、

博士課程に進もうとしていた自分は

博士課程終了後に

女性研究者が就職難に陥ることを

警戒して

修了する年の春に使えるように

定期預金を組んでいたのだった。

 

 

しかし、

マスター修了後は進学せず

就職したので

解凍する必要のない定期預金は

そのまま継続扱いになっていた。

 

 

 

結婚する時に

親に

それまでの貯金を

全て出せと言われたので

就職してから貯めてきた財産は

この預金も含めて、

数十万円を生活用に残して

親に徴収された。

 

 

と、思っていた。

 

 

ところが!

 

 

溶かして親に渡したと思っていた預金は

窓口の対応時間に間に合わなかったか

判子を持っていくのを忘れたか、

何かしらの理由で

預金されたままだった。

 

銀行まで足を運んだ覚えだけがあり

てっきり解凍したとばかり思いこんでいて、

通帳も

使ってないのと一緒に置いていた。

 

シュレッダーをかける前の

最後の点検で

「あれ?支払済の印がないな」と

気づいたのだ。

 

 

 

 

今住んでいる地域には

この銀行の店がないため

まずは電話で通帳の記載内容を説明した。

 

確かに預金があることが判明し

臨時収入ならぬ

隠れ財産に

ガッツポーズをとった。

 

 

自分は60万円も、

ヘソクリを手にすることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

ジャガイモと餅で

オリジナル生地のピザを作りました。

ジャガイモを大量にいただいたので。