胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

じゃまな紙を捨てている。

悪魔ヴォラクの伝言で

プロバイダー契約の解約し忘れに

気がついた私は、

悪魔ヴォラクに金の在処を尋ねる - 胡蝶のオラクル

悪魔ヴォラクを呼び出せなかった反省会 - 胡蝶のオラクル

 

悪魔よりも自分が信用できなくなり

魔術をいったんやめて

家計を見直すことにしました。

 

 

 

そして

使わなくなった通帳や

昨年以前の領収証など、

今までずっと向き合わないで避けていた

書類整理に手をつけました。

 

 

まだ途中ですが。

 

 

 

 

 

書類とか紙類の整理って、

捨てちゃいけないものを

捨てそうで

ちょっと怖いんですよね〜。

 

でも、必要なものが

はっきり判れば

それだけスッキリするんだし。

頑張れば、意識改変の効果も高いはず。

 

 

 

 

 

 

①繰越した通帳は捨てる

家計を長いスパンで見直せるようになんとなく取っておいていた古い通帳だけど、そんな日は来ないから。年単位の収支よりも、まずは今月とか今週のやりくりがやりやすいようにする。

 

②古いお手紙も、捨てる

文通を長くしているので、友だちからのお手紙が多いのです。最近、最新の手紙がどれだかわかんなくなってきた。子どもの頃のは捨てて、最近のは封筒を捨てて、便箋だけまとめよう。

 

③保険証券

紛れ込んでいる広告や、どうせ入れない(持病あるから)保険の申し込みシートが、大切な証券と混じって分かりにくい。整頓したいんだけど、めんどくさくて放置している。住宅関連の保険の中には、証券が発行されてないタイプの契約とかもあって、ぶっちゃけ全然把握できていない。そして、持病ありの保険に自分が入っているのですが、月々の支払いがかなり高い。入る必要あったのか、今更ながら疑問を感じる。選択肢がないからと慌てて、必要かどうかあまりよく考えないで入った。

年金にいたっては、どうなってるのかさっぱりわからない。

 

 

④教員を近々復帰するための書類

正直、1番目障りだった。マル秘関連が多いくせに管理責任が誰なのかはっきりしない教員独特のゆる〜い感じで手元に残された書類群。復帰するなら捨てるわけにいかないけど、もう今年度中は復帰しないと決めたから捨てる。子どもたちとのいい思い出は取っておく。大人同士の付き合いで捨てられなかったものは全部捨てる。シュレッダーは自宅にある。

 

⑤健康診断の結果と病院関連

病院関連は、薬と診察の領収証は年末に必要なので分けておく。健康診断の結果は、主治医も決まらず治療もできない、原因不明の体調不良に悩んでいた時期に溜め込んだ。今はかかりつけの病院があるので、私が健康診断の結果を溜め込まなくても大丈夫。昔のものは、とにかく要らない。治療できて本当にありがたい。

 

 

 

 

 

 

だいぶスッキリしそう。

 

こうして要らないものを見ていくと

溜め込んだものは、

自分の混乱の結果だとよくわかる。

 

健康不安に振り回されているから、

健康診断とか

入院保険のダイレクトメールが

捨てられないんだし。

 

本音では教員やりたくないのに、

やらなきゃって強迫観念があるから、

思い出にこじつけて物に執着する。

 

もう全部いらね。

これ捨てて、

描いた絵とかギターの教本

置いた方がいいわ。

主人のランニング関係の紙も置けるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

新宅の壁紙と床板を選びました。

集中力が切れかけても、

最後まで頑張っていました。