胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

悪魔ヴォラクに金の在処を尋ねる

f:id:fa-fa-together:20170715123111p:image

 

さあ、次は

悪魔の力で

お金を💰💰💰

手に入れるぞ。

 

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「ZENさん、

前に話していたことと違うよ!

健康のためにブエルを呼び出すって

言ってたじゃない!

それなのに、

お金のために魔術の儀式をするなんて。

 

 

 

 

 

止めないでくれ、ブタ君。 

今どきは

自然がたんまり残っていた

ひと昔前とは違って

健康的な生活をするには

金がかかるんだよっ! 

アドニエルッ、エルオヒムッ、

エヘイエイヘイエッ

アシャエヘイエツアバオトッ!

 

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「待つんだ!ZENさん。

そんな早口で呪文を唱えて…」

 

 

 

 

 

 

汝、精霊ヴォラクよ!

隠された財宝のありかを

我に示したまえ〜!

 

 

 

 

f:id:fa-fa-together:20170715125844j:image

 ジャジャーン‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…………(あれ?)。 

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「また、この人?」

 

 

 

 

 

 

おかしいな。

なんで悪魔クローセルが出てきたんだ?

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

「………………。…………。

    ………………。」

 

 

 

 

 

 

え?

君は、クローセルなのね。そうか。

 

今回呼び出された精霊ヴォラクは

来てくれなかった。

その代わり

友達の自分が伝言を預かってきた。

ふむ。

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「なんて伝言?」

 

 

 

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

「………………………。…………。」

 

 

 

 

 

 

 

ふむふむ。

 

家計と別にしている

お前のへそくり通帳をよく見ろ。

引き落としの内訳を正確に把握し、

不明な点を放置するな。

 

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「それが悪魔ヴォラクからの伝言?」

 

 

 

 

 

 

 

 

わかった。

今、通帳持ってくるから待ってて。

(通帳を取りに行くZEN)

 

ほら。これだよ。

ちゃんと残高が0にならないように

定期的にお金を入れてるよ。

 

 

 

 

ブタ君

「それはいいけど、

この毎月の引き落としはなぁに?」

 

 

 

 

NTTだよ。

携帯電話料金。

 

 

 

 

ブタ君

「本当に?

ZENさんて、

家族パックみたいなやつで

旦那さんと一緒に契約してなかったっけ?

携帯料金は

家計から降りてるんじゃないの?」

 

 

 

 

うん。

この間、

docomoショップに行って聞いてきたよ。

料金プランは

家族パックだけど

契約者は夫婦で別になってるって。

 

私一人で行って、

旦那が仕事中だったから

全部の契約内容は

見せてもらえなかったんだけど。

私の携帯の料金が

このくらいの値段だったよ。

 

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

 

「……………?…………?」

 

(「このくらいの値段」だと?

携帯料金の金額と、引き落とし金額が

合ってるかどうかを

その場で確認しなかったのか?)

 

 

 

 

 

 

え?

だって。

docomoショップに通帳は

持って行かなかったんだもの。

それに、

待ち時間の間に

紙と口頭で照会されただけだから

「なるほどー。あれは携帯料金か。」

って思って、

それで終わりにして帰っちゃった。

紙を渡すことはできないって言われた。

代表契約者じゃないから。 

 

 

 

 

 

ブタ君

「ZENさん。

名義が別でも

引き落とし口座も別とは限らないよ。

それに、

随分前からずーっと、

同じ金額が引き落とされているよ。

携帯料金を定期的に見直しているのに

携帯料金が変わってないなんておかしいよ。

 

これ、本当に携帯料金なの?」

 

 

 

 

 

 

そう言われると、

自信がなくなってきたよ。

でも、NT○コミュニ○ーションズって

書いてあるよ。

 

 

 

 

ブタ君

「NT○コミュニ○ーションズ?

それ、NT○doc○moとは違う会社だよ!」

 

 

 

 

え?

そうなの?

じゃあ、何これ?

 

 

 

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

 

「…………、……………………………?」

 

(ひょっとして、

独身時代からのプロバイダー契約が

まだ切れていないんじゃないのか?)

 

 

 

 

 

 

そんなはずないよ!

結婚して、2人で暮らし始めてすぐに

インターネット回線の契約を

見直したんだよ!

doc○moショップの店員さんに

「解約し損ねていないか不安です!」

って言ったら、

「ないです。」って言われたもの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブタ君

「それって、

doc○moと契約してる回線だけ

解約漏れはないって意味じゃないの?」

 

 

 

 

 

 

もし、そうだとしても

過払いはしてないはずだよ。

doc○moショップでしか

インターネット関連の契約は

していないもの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

 

「……………………………………………?」

 

(doc○moショップの店舗内で

別会社と契約をしたんじゃないのか?)

 

 

 

 

 

 

 

えっっ…

そうだけど。

 

だ…だから、

doc○moショップに行って

それまでのプロバイダーは

解約したいと言ったのに。

 

 

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

 

「…………………………………………。」

 

(doc○moショップは

プロバイダー契約するときは対応するけど

解約はしてくれないぞ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁああああ?

何それ⁈

 

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「やっぱし、この料金、

昔使ってたプロバイダーなんじゃない?

調べてみなよ。」

 

 

 

 

 

 

でも、

請求書も、領収証も

届いていないのに。

そんなことって、あるの?

f:id:fa-fa-together:20170715144721p:image

 

 

あ…

doc○moからの領収証を綴じたファイルの

1番奥に

プロバイダー申し込みの契約書が出てきた。

た、たった、これ一枚?

今は知らない人が

住んでいる部屋の住所で、

電話番号ももう使ってないヤツなのに

口座引き落としだけは生きてるなんて…

 

 

 

ブタ君

「NT○コミュニ○ーションズって

書いてあるね。

でも、毎月の引き落とし金額は

申込書には書かれてないね。

HPを見てみよう。

 

…どうやら、

請求書を発行してもらうのに

手数料がかかるらしい。

 

しかも、ZENさんと似たような人が

他にもいるみたいだ。」

 

 

 

 

 

ひどいっ…

ひどいっ…

ぐすん。

 

ぐすん。

 

 

 

 

 

ブタ君

「悪魔クローセル君。

どうやら、もう帰ってもいいみたいだよ。

ありがとう。

悪魔ヴォラクさんに、よろしく伝えてね。

漆黒の闇に帰りたまえ〜。」

 

 

 

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

 

「……、………。……………………。」

 

(ブタ君、あとは頼んだよ。

連休明けにすぐ解約するようにZENさんに

言っておいてくれ。)

 

 

 

 

 

ぐすん。

ぐすん。

ひどいっ…。

ひどいよっ…。

f:id:fa-fa-together:20170715144721p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

不要な出費をしていた私の

ショッキングな気持ちに

寄り添ってくれました。

ああ、よかった。

だって、怒られるかと思ったんだもん。