胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

ダウジングで病気の原因を調べた結果①

ダウジングのこと、

続き書きます。

すごく疲れました。

 

よく考えたら、

「水脈が簡単に見つかる方法」と

思ってたけど、

そんなことないですね。

 

どこにあるかわからないのに

ちびちび歩きながら

ダウジングで水脈探すの

結構手間かかりますよね。

 

なんらかの設備の点検作業だって

大変なのに。

自然の中でそれやるのかよって。

 

 

 

 

 

とにかく、

私も

めちゃくちゃ疲れました。

 

腕も疲れるし。

集中力切れるし。

めんどくさいし。

興味薄れてくるし。

 

 

 

でも、

関心が薄れてくるあたりから

潜在意識が表面に浮いてきて

ダウジングが有効になってくるんで。

 

飽きてからが勝負どころだったのかも。

 

 

 

 

 

ZENは果たして

原因不明の持病について、

健康アドバイスを受けることは

できたのでしょうか??

 

 

 

まずまずの結果です。

以下、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

ダウンジングから得られた

ZENの不調の原因

 

「有害なため、

記録をとるなどして

積極的に減らさなければならないものは、

横に揺れて知らせてください」

に反応した項目

 

☠️豆、大豆製品

☠️遺伝子組換え食品

☠️防虫剤

☠️冷える場所

☠️入浴時刻(早めなさい)

☠️入浴温度(下げなさい)

☠️放射性物質

☠️カフェイン

☠️布団に横になる時刻(早めなさい)

☠️眼が覚める時刻(早めなさい)

☠️親戚とのストレス

☠️歌謡曲

☠️クラシック音楽

 

 

これらは、

(現在のZENにとっては)

ストレスが大きすぎるか

アレルギーを起こすか、

毒性があるにもかかわらず蓄積されている

もののようです。

 

 

 

 

 

 

「注目して気にかけておくと

健康に直接役立つものは、

縦に揺れて知らせてください」

に反応したもの

 

 

甲状腺ホルモン

ファイトケミカル

亜鉛

◯掃除頻度

◯油の種類

◯下着、肌着の素材

◯食事時刻

◯卵

◯テレビ

◯対人以外のストレス

◯飲酒時刻

◯食材の保管方法

◯食材の鮮度、消費期限

 

 

 

 

 

 

うーむ。

なるほど。

 

 

ダウジングは、

熟練者だと

成功率70%だとか。

 

それがどういう計算で

70%なのかはわかりませんが

百発百中でないことは確からしいので

 

自分は誤差を考慮して

質問を微妙に調整しながら

繰り返し試していました。

 

 

 

意外にも、

まんざらでもない結果では?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果を得るまでの

質問内容

 

 

遺伝子組換え食材と書いたカードで

ペンデュラムの反応の手応えを

初めてつかんでから

 

他のカードの反応も

得られるようになりました。

 

 

 

 

 

質問は当初

「要記録に縦、記録不要に横に振れよ」

と聞きました。それが1回目。

「要記録」が多くなりました。

 

 

 

次に

先ほど縦に揺れた分だけを対象にして

「不調の原因は縦、

   不足していない、

   もしくは害のないものは横」

で、調べました。

 

ここで

縦揺れ、横揺れ、時計回り、反時計回り

4種類の反応があったため、

カードを4つに仕分けました。

    

 

 

 

時計回りと反時計回りのカード群を

床に並べて概観し、

回転の方向の違いが

何を表しているのか

タロットと同じ要領で

リーディングしました。

f:id:fa-fa-together:20170703023225j:image

縦揺れ、横揺れのカード群についても

念のため、

結果に違和感がないか確認しました。

 

 

そこで

縦揺れ

「要記録・有害・不調の原因・減らせ」

 

横揺れ

「健康のため注目しておくことを勧める」

 

時計回り

「気にするな・神経質にならなくて良い

    健康と関係ない・気をつけるとストレス」

 

反時計回り

「気づかうことで健康不安を和らげる

    直接健康に関係ないが、良い

    自己肯定感を高めるので勧める」

 

 と、上のような分け方で

ペンデュラムが反応しているらしいことが

わかりました。

 

本当にそれでいいか確かめるために

上記の内容と

同じ質問をして

ペンデュラムの反応が同じになるかを

試しました。

(この時に、前回調べた時と違う反応が出たカードは他のグループに移動して調整しました。何枚かそういうのもありました。4分の1に満たない量です。) 

 

 

 

なかなか納得のいく結果となりました。

 

 

 

時計回りと反時計回りになった項目は

数が多いので

明日報告します。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

マラソンに行きました。

私も一緒に行きました。

ゴールした後の合流に手こずりました。