胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

「当てる」重要視する占い師さんは2%以下!

 占い好きな人に

めっちゃオススメの本見つけました。

 

ZENは

占いを趣味で楽しんでるだけの

しがない一般人ですけど

 

こちらの本を書いている方は

がっつり業界の方のようです。

 

占い好きが幸せになれない理由

占い好きが幸せになれない理由

 

 

占い師に会って

占いを楽しむお客さん側の心得が

これでもか、

これでもかと書いてあります!

 

 

 

 

 

「そうそう。

私もそう思ってたんだよ〜」

と、

ZENも賛同することばかりでした。

 

 

個人的には

「占い好きが幸せになれない理由」

っていうタイトルよりも

「幸せに占いを好く方法」

とかの方がいいです。

^ ^

 

 

 

ZENは

占いをしてもらう側なので

お世話になっている占い師さんもいますし、

「占いは当たるもの」

と言っていますが、

実際は当然外れることもあります。

 

 

でも、

当たるか当たらないかにこだわらず

その内容に耳を傾けることが

占いの活用というか、

醍醐味というか。

 

占いのアドバイスを実行し、

予知された悪い結果を外れさせ、

さらに良い事実を呼び込むのが

占いの真骨頂と考えます。

 

 

 

 

 

ふむふむと思う方や

興味が出た方は

是非とも読んでみて下さい。

(やや女性向き目線で書かれています。

    内容は男性にもお薦めです。)

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

ZENはこのブログを書くにあたって

「占い師との付き合い方を

よく分かっていない人が多いのは

自称百発百中カリスマ占い師みたいな

変な占い師さんばっかりだからかな。」

 

 

と、思っていました。

 

しかし、それは誤解でした。

 

 

 

 

この本では

多数の占い師さんにアンケートを

しているのですが、

鑑定で1番大切にしていることはなんですか?

という質問に

「当てること」を選んだ占い師さんは

アンケート全体の2%以下で、

とても少ない結果だったそうです。

 

 

つまり

「私が言ってるんだからね‼︎

    絶対そうなるのよ‼︎」

って感じの人は

かなり少ないようですね。

 

 

 

 

それに対して

1番たくさん選ばれたのは

「行動につながる助言をすること」

だそうです。

 

 

 

やはり、

占いは

結果を聞いたクライアントが

行動することで

 真の力を発揮するんですね。

 

 

 

そして、

多くの占い師さんは

クライアントに

結果を裏切るような幸運を

能動的に呼び寄せてもらいたいと

応援してくれていたんですね。

 

 

ほとんどの占い師さんは

そういう

心あたたかで、熱心な方だったんですね。

 

 

 

 

 

私も

占いの結果を活用して

自分を見つめ直し、

行動にうつしていきたいです。

 

そんなことを

改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

今日の主人

熱中症!