胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

とげぬき地蔵の占い師さんの本を読みました。

 

 

 

当たらない占い師が書いた本です!

当たらない占い師が書いた本です!

 

 

とげぬき地蔵で20年以上…!

当たらない占い師が書いた本です!

 

 

…を、読みました。

 

 

占いとの付き合い方全般を

説明する本って

見かけないようでいて

おっきい本屋さんにはあるのですね〜。

 

 

この本では、

占い師さんを

「未来を読むことに主眼を置くタイプ」と

「お客様の人生を切り開くアドバイザータイプ」

の2つに大きく分けられると言ってます。

 

 

 

 

 

 

そうでしょうね!

 

ZENも

そのように思います。

 

そして、

自分のお世話になっている占い師さんが

どっちのタイプなのか?

自分はどっちのタイプの占いを

利用したいのか?

はっきり意識することで

 

占いをより安全に

楽しめると思っています。

 

 

 

 

 

そんなわけで

最後まで読み進めました。

 

 

数ある占いの中から

干支占いと、家相を中心に

選りすぐって紹介してあります。

 

 

 

干支占いって、

あんまし注目していなかったので

今後は気にしてみたいと思いました。

 

 

 

 

 

最後まで読むと

「おわりに」のところで

やっと著者の職業歴が

明かされるのですが…

 

 

 

なんと!

 

米国で最初に

「たこ焼き」を販売したのは私

 

と書いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

占いよりも、

そっちの方が気になりますね。

 

では。

他の本も読もうと思います。

 

 

 

 

今日の主人

LINEの返事がすぐに返ってきました。