胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

タロットに質問するのは自分の責任

以前の記事です。↓

タロット屋さんはたこ焼き屋さんに似ていると思う - 胡蝶のオラクル

 タロット占い。お店の役割は? - 胡蝶のオラクル

 

たとえ、

占い師のさん所有のタロットを使っていても

占いに自分の波動を使ったならば

占ったのは

自分であるとも言えそうです。

 

 

 

だから、

当たるか、外れるかの責任も

客である私たちにある。

 

 

 

 

 

そして

客の仕事というか、

客の責任になるのはもう1つあります。

 

タロットの質問決めです!

 

 

 

タロットで、重要なのは

リーディングでもスプレッドでもなく

質問なんですよ。

 

これはタロット歴3週間にわたる

ベテラン占い師ZENの持論です。

 

 

 

だって私、タロット屋さんに、

「はっきりと

具体的な質問にしてくださいね。

さあ、なんですか?」

って聞かれたとき、

 

 

は。そういうもんなの?

もっとぼや〜っと

アドバイスくれるんじゃないの

と思って

慌ててしまいましたが…

 

 

 

 

とっさに

「私は仕事を続けますか?

    辞めますか?」

って口にしたんですね。

 


これを言って自分で思いましたもん。

 

 

 

「ああ。

私は、仕事を続けるかどうか

自分で決められないことが

不甲斐なくて、苦しいんだな。」

 

 

 

 

 

 

 

 

…。

 

(もう、ほぼ解決したやん。

    悩みの原因それやし。   )

 

シャッフルされるカードを見つめながら

そんなことを感じていました。

 

 

 

 

 

 

質問が

ズバリと設定できたら

その後のタロットの結果は

オプションのようなもの。

 

質問の設定がかなり重要だと思いました。

 

 

 

 

 

(T ^ T)

良薬口に苦しと言いますが、

いい助言ほど

すぐには聞き入れ難いもの。

 

 

 

 


そして、

いい助言をタロットから導き出せる
有効な質問も

 

 

人は無意識のうちに

避けちゃうんですよね。

特に、気分が落ち込んでいる時ほど

その傾向は強まると思います。

 

 

 

本当は知りたいけど、

怖いから知りたくないってやつですね。

 

 

 

 

だから、

有効な質問を設定できるということは

自分の覚悟が定まっているともいえるし、

 

タロットの質問を考えることは

自分の思考を

見える化する練習になる

ということです。

 

 

 

 

私は、

 

ふよふよ、そわそわしているときは

堂々巡りになるような

無駄な質問をしてしまうので

 

調子のいいときに

翌日以降の分の質問も書き起こしておいて

 

調子悪いときは

その質問を消化するようにしています。

 

かなりオススメの方法です。

 

 

 

 

 

 

今日の主人

加湿器が故障中で

寝室が乾燥しており、

咳しています。