胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

タロット占い。お店の役割は?

タロット屋さんに言って
自分で
「ストップ!」って言って
カードを並べてもらったんなら

自分で占ってるのと
おんなじじゃん!

って話を前の記事でしました。






結局、
そうなんですよね。

究極的には
宇宙の真理は
誰が占っても変わらないから

自分の顕在意識で力まない限り
誰が占っても
結果変わらないはずなんですよ。


カードの並びそのものには

占い師の力量は出ないし、

出てはならないし、

誰が占っているかが

影響したら本来はおかしいはず。

 

 


占い師さんの力量がでてくるのは
カードの意味を読み取る
リーディングと、
場の用意。
それと、
デッキとの信頼関係を結んでおく
メンテナンス。


例によって
たこ焼き屋さんに言い換えると

鉄板のメンテナンスと
火力の調整の補助、
オーダーを取ることと
材料をサーブすること、
テーブルの準備が
店の仕事ですね。

たこ焼き作りは
お客さんがするわけです。

たこ焼きが丸くなるか
べちょべちょになるかは
お客さんが楽しむ余地として
残してくれてるというわけです。

 

 


でも、

 

お客さんが楽しくたこ焼き焼きや
占いをやれるように。

 

コゲコゲすぎてお腹空かせたり

生でお腹壊したりしないように。

 

占いの結果にショックを受けて

悲観的になったりしないように。

 

影から見守ってくれているのが
プロですねー。


 



タロットを「当てる」のは
厳密には、
占ってる人ではなくて
大いなる何者かの知恵?
ですから。


 

 

オススメのメニューの相談にのってくれて

有効な質問を一緒に考えて、
共に楽しみながら
自身の所有する大事なタロットを
使わせてくれるのが
いいタロット占い師さんだと
ZENは考えます。



 

 

 

今日の主人

タロットの結果が思いの外辛口だったのでテンションが下がってしまいました。でも、なんか反省しているみたい…