胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

変えられるのは、今と、身の回り。

はやく、

占術の結果を
本格的に使いたいですね!

活用することで最も即効力を発揮するのは

自分を取り巻く環境
自分の持ち回り品
自分の味方になる人
自分がかかわる土地、建物
自分の味方になるエネルギー種

 

などなど。 

です。

 

 

 

 

「あなたはこんな人ですね」

っていうのをきくサービスも

面白いのですが…

 

 

受け身になりがち。

 

 

 

 

しかも、

言われなくても自分でわかる人にとっては

「あたってるけど、だから( ´△`)なに?」

って感じですよね。

 

 

 

このブログは

あくまでも

占いを「使う」方法を

紹介したいと思っているので

 

最初だけ

つまんない話に

お付き合いいただいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

占いのほとんどは

 

 

 

この人は何者か?

この人の味方は何か?

(あるいは、いつか?どこか?)

 

を知って

相性を鑑定することで、

 

 

 

現状で変えられることを

変えられないことに合わせて

取り替え、

相性を改善し

 

色々をいいあんばいにして

課題を達成します。

 

 

 

 

 

 

神様からの指示や

霊の指示も、

 

受け取り方法は

占い師によって様々ですが、

「今のままではよくないから

変えられることを変えて解決しなさい」

という

お告げをもらうんですね。

 

ときに

常人にはさっぱり

わけわからん指令も、出されます。

 

 

 

 

 

方法は多岐に渡りますが

共通しているのは

身の回りの物・人・時間・場所を

自分の味方でいっぱいにしよう

という発想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去と他人は、変えられない

変えられるのは、自分と未来

 

この言葉を聞いたことはありませんか?

力強いですねー。

 

 

実は

私にはこの言葉が

あんまし しっくりこないんです。

 

というのも、

自分も変えられないんですわ。

 

 

 

自分も自然の一部なので。

 

ちょっと気をつけるくらいのことなら

できるけど、 

別の種類にはなれないんですね。

 

 

 

 

 

 

変えられるのは、

今、ここ。(未来は、そのあと。)

 

身の回りの、小さなこと。

もしくは、意識を向ける先。

 

まずは不相性を取り除いて

ニュートラルな自分を取り戻します。

そこに

幸運を足してゆきます。

 

 

 

 

 

足すときに、

ラッキーカラー、

仕事仲間との付き合い方、

結婚に向く時期、

元気が出るイベントなどを

占いから教わります。

 

 

 

 

 

今日の主人

抱くと、姪っ子が泣く。