胡蝶のオラクル

直感を使ったことを記録します。予感することから、確信することまで。

さてさて、どの占術を選ぶ?

占いにも

得意分野があると、お話ししました。

(^^)

さて、どの占術を選ぶ? - 胡蝶のオラクル 

そうきくと、つい

 

「金運」「恋愛・相性」「仕事」「健康」

などの区切りで

分類したくなりますよね。

 

 

けれども、

こういったことは

ほとんどの占術がカバーしているので

 

占術の違いで

相性を占えないとか、

健康を占えないとかってことは

あんまりないんです。

 

 

 

 

むしろ大事なのは

 

時間軸

現在か?

未来か?

 

 

 

対象

自分?

自分以外?

 

 

 

デス!

 

 

今日は、

時間軸について

詳しく話します。

 

 

 

時間軸

結果を聞くとき

いろいろ同時に言われると意識しにくいですが

 

占いの結果には、

 

現在の状態を表すもの

近未来を表すもの

遠い未来までを表すもの

 

が、あります。

 

これによって

活用の仕方が変わるので、

順番に紹介します。

 (過去は、別の記事にします。)

 

 

 

 

現在の状態を知るのに適した占術は

手相、人相など

身体の一部を鑑定するものに多いです。

また、私が先日に試した

声診断も、現在の状態がわかるものでした。

 

現在の状態から未来を類推することもできます。

 

オススメの活用方法は、

健康診断のように

数年に一度、定期的に利用することです。

 

今の生活を続けていてよいのか、

今の頑張り方は正しいのか、

正すところはどこなのか。

 

健康診断でよくない数値が出た後で

運動して食生活を変えるように、

 

節約したり言動を慎んだりしてから、

 

数年後

前に悪かったところが

よくなっているか確かめるのです。

 

 

よくなっていたら、

嬉しいじゃないですか〜!

٩(^‿^)۶

 

 

自分の運命を自分で変えられる!…

のが、今を教えてくれる占いの特徴です。

 

未来を予想することが

すごいと思いがちですが、

もっと大事なのは

未来をより良くすること。

「現在が得意な占術」の力は

あなどれないのですよ。

 

 

 

 

次に、

近未来を予知するのが得意な占いは、

オラクルカード、タロットカードなどの

無作為・偶然現象系

その他

霊視、オーラ視、召喚術など

その占い師に固有の能力によるもの

が、多いです。

直感、もしくは霊感系ですね。

インスピレーションを使うものも含みます。

 

オススメの活用方法ですが、

具体的な懸案事項があるときや

解決したい問題が迫っているとき

頼ってください。

 

例えば、

ケガが治るのにどのくらいかかりそう?

仕事は決まる?

苦手な人といつまで付き合いが続く?

住まいが、嫌な感じがする

など。

ピンポイントで利用するのがコツです。

 

霊感系の場合は、

こちらの知りたいことに

答えてくれるのではなく

 

霊能者が感じたことを

問題ない範囲で伝えてくれる感じなので

クライアントが主体的に利用するのが

難しい場合もあります。仕方のないことです。

また、

それぞれの霊能者で

認知できる時間軸が変わるので

必ずしも得意分野が近未来とは限りません。

(霊世界は時間の流れ方が違うのでしょう)

 

 

ちなみに

 

このブログでは、

一般人の私が直感を使って生活するのを

報告していきます。

 

 

 

 

最後に

遠い未来まで知りたいときですが、

四柱推命、算命学、占星術

六星占術動物占い

など

生年月日を使うものが、得意です。

 

種類や流派によって

計算の仕方が違いますが

 

共通していることは、

産まれてから死ぬまで

すでに決まっていることを教えてもらえます。

(実際は死んだ後に残したものの運勢も

ちょっとわかります)

スケールが大きいので

1回の利用だけで全部は教わりきれません。

過去も現在もわかります。

 

基本的には何度占っても

誕生日が変わらないかぎり

結果は同じ。

言い方、伝え方が変わるだけです。

 

オススメの活用方法は、

就職、起業、引越し、大きな投資

大きな買い物(家、高級車)

結婚、離婚、出産など

人生のビッグイベントの前に

スケジューリングの参考にしてください。

 

本もいっぱい出てるので、

すぐに面白そうなのが見つかります。

動物占いや、六星占術は人気ですね。

 

 

プロに相談するなら

適さない時期にイベントがある場合の

個別相談にのってもらってください。

(例:来年は就職に向かない年だけど、学校卒業するから就職するんだけど、どうしたらいいですか?など)

 

反対に

「今日のお買い物はうまくいきますか?」

のように瑣末なことには誤差が出ます。

毎日の運勢も一応わかるのですが、

どうせなら

大局を見極めるのに使ってください。

 

日常的なことは

タロットの方がいいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(^^)

いかがでしょう。

 

時間軸で

現在近未来遠い未来(一生)

という視点をもつことで

 

使いこなせそうな占術は

見つかりそうですか?

 

 

 

 

 

次回は

占う対象の違いを

詳しく見ていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

明日の朝は自治体のゴミ拾いに参加します。