胡蝶のオラクル

直感を使ったことを記録します。予感することから、確信することまで。

アレッポの石鹸がヒット

鼻がムズムズします。
鼻の穴の中もただれて
我ながら
かわいそうです。

鼻水ってアルカリ性
皮膚を溶かすらしいですね。


週末、急なお花見の企画があって
やったー!!
行こう行こうと
思ったんですけどね。


季節がら
急に暖かくなることでも
身体には負担だし

出先で花粉症が悪化して
咳ごむと気管支炎に
発展するおそれもあるので

今週末は家にいることにしました。






スギ花粉が
キツいみたいですね。
自分はアレルゲンの
数値としては
シラカバの方が強いのですが

シラカバの季節は
今年は薬なしでいけました。

この調子で
スギも克服できれば良かったですが
この感じだと
薬が必要そうです。





家にいれば
なんてことない、
「残念だけど
また今度出かけたとき
楽しもう。」
ってだけなんだけど。

仕事してるときには
「なんで私は
外にも出られなくて
自分だけ外作業もできないし
1人だけ朝から
クタクタなんだろう」

って自分を責めていました。
本当にどうでもいいことで
悩んでいましたね。





自分だけ、
脆弱な精神で
ストレス耐性が低くて
自己コントロール
世間様並みにできなくて
健康の管理が下手で
仕事ができないって
本気で思っていましたからね。

今思うと
アホですよ。







花粉は、
アレルゲンで
毒。

黄砂とPM2.5が混じったベトベトも
毒。

アレルギーの食べ物も
そのときの私にとっては
毒。

職場は
寒すぎる。

なおかつ
暑すぎる。







他の人が元気であっても
私にとっては
キツい環境。

合わせようとするのが
間違い。


合わせなくちゃならないと
期待をかけた親は
私の老後はみてくれない。

休むことが大切。








最近元気になったのだけど、
元気な昔に戻ったのかというと
それだけではないらしく、
以前の「元気」とは
ちょっと違うみたい。




ドレッシングのかかっていない
茹でたての野菜や
切っただけの野菜が
とても美味しいし、

少ししか食べない。
少ししか食べないで満足したまま、
食べられる量が少しずつ増えている。






脂っこいものを
たくさん食べようとしなくなった。
(前は大盛りで有名な店の
名物メニューとか食べてた。)





走ることはしなくなったけど、
走らなくても運動不足と感じない。
体重も増えない。






いい香りが
よく分かるようになった反面で

古い香水や
あまり良くない線香の香りや
柔軟剤の香りは
心地よくなくなった。

前はなんでも良かった。







ニットのセーターの
静電気やチクチクが
不快に感じるようになった。
(乾燥肌のせいか?)








受け付けられるものが減っている。

昔の私の価値観だと
そういう
「私、安い柔軟剤の香り嫌いなのよね」
系の人は
「ふん。あっそう。。」
って感じだったのだが。


ちょっと考え方を変えて、
自分を受け入れられるように
してみた。



こうだ。

良くないものを
良くなく感じることを
恥ずかしがる必要は
ないのかもしれない。






鈍感=元気

という考えは
卒業することにしよう。






10代から25歳くらいまでの
あの頃の元気と
今の元気って
全然違うんですよね。



昔は
自分の内側から
エネルギーが溢れ出ていて
発散しないとどうにもならなかったし
かなり劣悪な状況でも
ガンガン動けたんですけどね。


オフロードバイクじゃないですけど
自分でも
劣悪な道ほど
得意だと思ってましたね。



今はむしろ
綺麗な自然から力を借りている感じ。

そいで独力で何かするのは
もう限界。







だから、
回復を目指して
「あの頃みたいに働ける日が
もう一度来て欲しい」
って
ながらく考えてたわりには

「回復」よりも「変化」に近いと
感じている。今では。





つまり、
風邪をひいて、
それが治って
元気になるんじゃなくて。


肌質が変わるために
思春期にニキビができまくって
大人になって治る…
みたいなイメージ。




そういう
変化に伴った苦しさ
だったんじゃないかと。

だから
誰のせいでもなく、
新婚で恵まれていたにも関わらず
自分一人悲しかったのではないかと。

職場の誰も悪くないし。










使える力の総量は
もしかしたら今の方が多くなっていて
できることは
今後
増える気がしないでもない。

そして、
自分の身体から
力がみなぎっていたときとは違って

力を
どこからか借りている感じがするので

起き上がれること、
立ち上がれること、
歩けること、
掃除できること、
料理できること、

どれをとっても
エネルギー使わせてもらっているので
感謝なんですよね。

ムダ使いもしようと思わなくなったし。
でも、
必要なことはしようと思えるし。


ガソリンの値段意識しながら
メーター見て運転してる感じ?





多分、こんなの
20代の頃の私には
意味不明だったと思いますけど。

なんせ日勤と夜勤セットで
いくら働いたって
非番に2時間も寝たら
夕方は遊びに出られましたからね。

エネルギーが不足するなんて
発想もなかったですよ。











身体に取り込むものを
変えなければいけなくなったと
感じます。

前は
灯油混入の違反ガソリンだったけど。
もうタンク洗って
ハイオクにしないとダメな感じ。

健康に良い食事。




空気中のアレルゲンや
食べ物だけじゃなくて

化粧品とか
シャンプー類、
歯磨き粉とかの
経皮毒
意識する気が起きてきました。


前は
経皮毒とかなんとかって、
マルチ商法みたいな
怪しい化粧品会社が言ってるだけと
思ってたんですけどね。




以前の記事に書いた
名古屋で会った店員さんが
アレッポの石鹸を勧めてくれたので
後日ロフトで見つけて
全身それだけで洗ってます。

店員さんが言うには
頭の皮膚から入る毒がないから
イライラしにくくなって
家族とケンカしなくなったとか。
(でもそういうこと人に言うと
ケンカするとも…)



それが本当なのか気のせいなのか。

今のところ、
風呂は私にとって楽しみだし
石鹸の使い心地もいいし、

神経穏やかに過ごせている気がする。

















今日の旦那
職場のカレー🍛パーティーは
やっぱり大成功だったそうです。