胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

箱島湧水 いつ訪れても豊かな流れで迎えてくれる

日頃お世話になってました。

 

群馬  箱島湧水

 

マイナスイオン

吸いに行きます。

 

どうも私、

森の中がとても好きみたい。

 

 

父親はインドア派だったので

子供の頃キャンプとかそういうの

あまり連れて行ってもらえませんでしたが

(遊園地とかは連れてってもらえた)

 

いとこらは

山や川に連れて行ってもらって

蝶々やトンボを捕まえたりしていて

とても羨ましかったです。

お盆に一緒に連れて行ってもらって

虫取り網で

クロアゲハやオニヤンマを追いかけるのが

とてもいい思い出でした。 

 

でも、

いとこの方が慣れてるから

年下なのに上手くて悔しい…

 

 

 

大人になっても、

山と川が大好きです。

(海はちょっと怖いです。)

 

 

 

最初からお水を汲まないで

まずは階段を登ってお詣りします。

 

f:id:fa-fa-together:20170322222123j:image

 

遅い時間だと薄暗いし

人けがなくて

雰囲気が怖いと感じるときは

上まで上がらないで

水だけ頂戴することもありました。

 

そのときでも、

すぐ傍にお不動さんとお地蔵さんが

かわいい感じでいらっしゃるので

そちらに手を合わせればいいと思います。

 

f:id:fa-fa-together:20170322222244j:image

水の出てくる様子は

こんなふうです。

湧き水というか、

川ですね。

この後、滝になってます。

 

何も知らないで見たら

もろに川の水なんで

飲もうと思わないかもしれませんね。

でも、これが名水なんです。

 

この地域では

豊富な湧水を使っているために

水道水まで美味しいのです。

 

 

みなさん、

ポリタンクごと沈めて

どくどくと水を汲みます。

ネコ車で運びます。

 

自分は汲んで帰らずに

行ったその日

コップで飲むだけです。

 

(車の中にペットボトルが

    転がっているときだけ

    ついでに持ってきて汲みます。)

 

 

 

だいたい、乗馬の帰り道に
立ち寄っていました。

 

真夏は身体を動かすと
汗だくになるし

腕や首すじが馬の毛だらけになるので
共用コップで
ごくごく名水を飲んで
顔と腕を洗って
さっぱりする感じ。

 

 

 

 

よくある湧き水のように

ちょろちょろ流れてくるのを

柄杓で受けとめて

一口飲んだら病気が治るとかって

有難がるのもアリですが、

 

到着して早々

バシャっと手を突っ込んで

ひんやり身体をクールダウンして

半分水遊びみたいに疲れを癒すのが

私の好きな楽しみ方です。

 

枯渇する心配してひやひやしたり

前の人が汲んでるのを見ながら

イライラしながら待つってのは

湧き水のサービスとしてはケチくさい。

 

湧出量は重要項目です。

 

 

 

 

 

f:id:fa-fa-together:20170322222307j:image

(悲劇のいわくつき。

   でも、悲劇の入水はここではなくて

   榛名湖で起きたらしいので

   ここは怖い場所じゃないはず…)

 

 

 

 

 

 

 

今日の旦那

 

送別会なので、飲んで泊まってきます。

私のために炊き込みご飯を用意して…

愛されているなぁ。

浮気されても文句言わないことにしよう。