読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠すぎる! 特発性過眠症 眠すぎる!

2017年からは過眠症は関係なく旦那の行動観察と自分の気分を書きます。特発性過眠症の方は、記事の内容に関係なくコメント下さい。お友だちになりましょう。

才能とは、単に性質の一部

自己分析・自分らしさの発掘

大阪に泊まるときは

いつも同じところに泊まります。

 

 

その他、

大阪以南に行くときも

電車だと

帰るのに時間がかかるから

大阪に一泊するときとか、ある。

 

 

毎回到着が遅いせいで

チェックインしたらすぐに

就寝時間なんですが。

 

 

迷惑かもしれないですけど

ギリギリまで

ご主人が話に付き合ってくれる。

 

 

 

 

 

 

 

前回は、

初めて行ったときよりも

物が増えており、

気になる絵もあった。

 

 

 

今回の宿泊では

インテリアが片付けられて

かわりにアートが目立つ。

 

 

なので

新しく購入したアートの話を聞いた。

 

 

 

 

 

 

ジャコメッティ風の

黒線の集合体のような肖像画

アクリル板に保護されて2枚。

 

 

ジャコメッティって…

ついさっき調べて

なんとなくそれっぽいと

思ったけど、

実際には

誰の作品なのかはわからない。

 

 

 

一見するとぞくっとする絵だけど

明かりをあてるわけでもなく

ただ、

階段の足元に並べて置いてあって。

目に入ると強烈で、

良い。

 

 

 

たぶん、この人は

不気味な絵を不気味じゃなく

飾ることができる人。

 

 

 

 

前回の記事で紹介したような

楽天的な絵ばっかり欲しがる私には

ない才能。

 

 

 

 

 

 

 

階段を降りた付近には

もっと強烈な存在感を放つ

独特の絵があって、

私は

「絵画がある。

    違う。よく見たら雑誌の表紙だ。」

 

というのを

前回の宿泊で

夜と朝、2回も繰り返した。

 

 

 

絵の具が血みたいに垂れて

内臓のぐちゃぐちゃみたいなのが

座った女の子のシルエットに

なってるんだけど。

 

 

 

 

とても気持ち悪い。

 

 

この絵の作家さんが

ご主人の

イチオシの人で、

自分もちょっとばかし興味わいた。

どんな人か調べてみると

確かに面白い。

 

 

 

 

 

 

 

この流れに関係あるかどうか

わからないけど。

 

 

この作品のこと調べて

こんなこと思いついて。

 

 

 

天才にとって

自分の才能のあるなしは、

度外視なんだよね。

 

 

自分の持ってる物が

才能でも才能じゃなくても

どうでもよくて、

単に自分の性質の全てを

表に出せるかどうか。

 

 

 

 

 

今日の旦那

 

私の料理、ピーマンの丸焼きを食べてくれる。