胡蝶のオラクル

直感を使ったことを記録します。予感することから、確信することまで。

書いたものは全て実現に向かっている

さて。

先日より人生どうしたものかと
迷ってましたが。


たくさんの気になることの中で
GOサインが出るものを
慎重に選別していきます。



今回の旅もそういうもの。






まず、
特別支援学校の教員は
いつかは辞めるが
続ける。


学校勤務は
人との出会いに恵まれますが
環境がとても厳しい。
自分にとってしんどくて
長くは続けられない。


でも、
ぼちぼちやることができる。
続けられるうちは
続ける。


そして
「これができないなら
辞めるべき」の
意味ない謎ルールを
人にも、自分にも
課さない。


きっと現場に戻った私は
休む前より
パワーアップしてるはず。








起業したいとか
1億円欲しいとか
アホみたいに突然言いだして
アレですが、


性格としては
起業に向いているようです。
勧められました。


なので具体的に
以前起こした
商売の計画書の話を
機会あるごとに
人に話すようにしてきました。


相手の反応が悪くないので、
この計画は
準備を進めていいようです。



関係する資格試験の勉強と
(↑サボっている)
商品買い付けの練習。



今はまだドシロートなので。
失敗見込んで
お買い物していくようにします。


自分が気になっていたところに
連絡とろうとしたけど
そこには繋がらず。


思いも寄らないところから
直に電話でセールスがきた。
驚きました。


買い付けの練習と思って
騙されてる覚悟で購入しました。




新しい一歩を踏み出した感じがします。



自分が思っていた一歩と
違うんだけど。
そういう一歩の方が、
いいってこと、経験でわかる。


受験とかも、
志望校じゃないところが
入ってみたら
めっちゃ充実したりとかして。




とんとん進むのも
楽しいけど。


本当に長く続くことは
じわじわとしか進まない。


そういうところから
「こっちですか。
マジすか。」ってわかる。












逆に
すっごく思いきったのに
GOサイン出なかったこともあります。



子どもの教育も
ステキな仕事だけど、
少し年下の若い人と話すのも
楽しいな〜と思って。



培ってきた特別支援教育
発達障害についての知識を
学齢期すぎた大人のために
活かせないかと考えました。


ところが
やろうとすると難しい。
個人の特性を理解して
教室に適応させる技術と
幸せな生活を提案する技術は
全然違うものなんですよね。



これをやるなら
勉強し直さなければと思い
成人の発達障害の人が集まる
民間企業の見学を
今回の大阪旅行に
含めるようコーディネートを
試みました。


でも
まるきり空振りでした。


(その先方の連絡を待っていたら
例のセールス電話がきた)






特別支援は続けるように
サインが出ていたから
「次の道はこれだ!」
と確信していたのに。
違いましたね。


(追記)
この記事書いた次の日の朝
連絡来ました!
しかもすっごく丁寧で親切…
連絡が遅くなったのも
致し方ない事情のため。







驚いたことに、
うまい具合に進んでいることは
全て
以前、手帳に書いた夢に
向かっている。


手帳に書いたキーワードは全て
現在、生活の一部になっている。


部屋に置いてある
所有物が、
あれもこれもではなくなって、
自分の今の生活に必要なものだけに
なってきている。


結婚してガタンと崩れた
自分らしさや自分のペースが、
ようやく再構築され始めた。
独身時代を超える品質で。



もっと自分が望む形に洗練させたい。
もっと自分を知りたいし、
心地いい空間で
好きな時間を過ごしたい。
好きな人に囲まれて生きていきたい。







今日の旦那

新幹線を乗り過ごした私を
駅で待っててくれました。