胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

冒険するなら劣等感はパス

昼過ぎまで寝てしまいました。

起きたら診察の20分前です。

 

いろいろなところにぶつかりながら

病院まで到着し、

療養休暇から

休職へ移行する運びとなりました。

 

最近、

変な空耳も聞こえてきだしたし

これちょっとまずいんじゃないかと。

医者に話してもいませんが。

もう、考え事もハードなのよそうかな。

 

 

旦那も仕事で疲れたようで、

ランニングをしないで帰ってきました。

 

 

 

 

2人揃って疲れているので

21エモンでも、見ない?」

と提案。

採用されました。

 

 

 

 

スピリチュアルと引き寄せの

マイブームで

エンリケバリオス

「アミ 小さな宇宙人」なんて

2回目読み始めたところですが…

 

もう、これ以上

アシュタールに

魂訴えかけられるのは

頭に負担がかかりすぎる。

 

いろいろと目覚めすぎ。辛い。

 

もっとライトな感じの

宇宙もの….

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな日は

YouTube

21エモンでも見ましょう。

 

ドラえもんよりキテレツ派には

断然お勧め。

 

ホテルつづれ屋の一人息子エモン君。

学校の授業は内職。調子よくサボる。

成績の程度は不明だが

のび太より自立している。

 

 

ママは優しい。パパとは年の差婚?

2050年代だが神棚は今と変わらない。

 

 

 

ジャイアン、豚ゴリラに

相当する人物はおらず

学校の友達2人は

共に格上同業者の子息という

なんともオトナ向けな設定。

 

 

1人は

出木杉スネ夫

嫌なところを足して

2で割らないようなリゲル君。

 

 

 

そしてもう1人は

可愛いヒロインのルナちゃん。

 

初回こそ

しずかちゃん的ポジションかと思いきや、

第2回にはエモン君の家に遊びに来て

なんと大胆にも

エモン君ちのホテルを買収する話を切り出し

しつこく食い下がりすぎて

絶対生物モンガーに嫌われ

テレポーテーションで

家の外に放り出される。

 

宇宙を舞台にした子ども冒険アニメだが

ヒロインのポジショニングだけで言えば

完全に青年誌レベル。

しずかちゃんは神だとわかる。

 

 

 

 

のび太と違って

キテレツとエモン君には

劣等感がないです。

 

冒険の舞台を楽しみたいファンは

爽やかに2人から

エネルギーを受け取りたいところ。

 

もっとも、

のび太のび太で、

劣等感が持ち味の主人公ですよね。

(そんなのび太も、

    映画版では自信を取り戻す。

    やはり、人が冒険するためには

    劣等感は邪魔だとわかる。)

 

 

 

 

だけど、

劣等感のないキャラだけのアニメなんて

つまらない。

そこで

主人公がもっていない劣等感を

代わりに引き受けているのが

ロボット従業員、ゴンスケ

田舎くさい喋り方=純朴キャラ

という方程式を軽々覆す腹黒さ。

 

芋ほりロボットであるにもかかわらず

都合のため

ホテルボーイとして働かされている。

後から入った従業員ロボットやモンガーと

比較されるのが気にくわない。

 

皆の見ていないところで

モンガーに向かって

(汚い言葉なのでセリフを音楽に変えます)というギャグ画面を表示させる程の悪口を浴びせ

いじめて家出に追いやる。

つくづく20年前のアニメとは思えない…

 

 

最高すぎる。

 

 

劣等感から来る苦しみも、愛嬌も、

50年後はロボットが

引き受けてくれるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

今日の旦那

 

 21エモンテレビ朝日シンエイ動画)を見ながら

他作品キャラ探しをしました。

オバQとか、チンプイとか歩いてるし。

 

f:id:fa-fa-together:20170209014827j:image

 なんか、背が高いのとかいるし。

 

宇宙空港にこれじゃない

もろドラえもん いたし。