読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠すぎる! 特発性過眠症 眠すぎる!

2017年からは過眠症は関係なく旦那の行動観察と自分の気分を書きます。特発性過眠症の方は、記事の内容に関係なくコメント下さい。お友だちになりましょう。

香りのある花を好むわけ

掃除と換気をして

花を飾るようになってから

 

リビングと自分の部屋が

すっかりパワースポットとして

機能するようになりました。

 

前は、

「汚い家に帰りたくない」

だったんですけどね。

 

もう

「家から出なくていい」になってます。

ムダな遠出をしないし

ガソリンも使わないし。

 

働いてもないけど

それでも今の自分の方が好き。

 

 

 

 

部屋に香りを漂わす理由は

人それぞれだと思いますが、

私の場合。

 

結婚式の引き出物の

カタログギフトを眺めながら。

「ああ。こんなに可愛いアロマが

たくさんある。でもこういうのは

私なんかには無縁だから。」

 

と思っていた頃。

一念発起して

気持ちを持ち直し

「自分なんかにこういうのは

無縁だっていう卑屈な考えはよそう。

まずは、何か試そう。」

 

スーパーで部屋用の

安い芳香剤を買いました。

 

ゼリーではなくてスティックのやつ!

(当時の私にはこれだけで冒険というか。

身分不相応だと思っていた。)

 

 

 

 

充分、感動ものでした。

 

部屋の空気を、

舞い上がるホコリ以外のもので

意識したのも初めて。

「空間って、床面積だけじゃないんだ…」

 

 

 

 

 

 

似ている時期に

散歩に出掛けて

なんとも不思議な体験をしました。

 

歩いていたら一瞬だけ

芳香がして、

あたりを見わたしても

香木も花もないのです。

 

とても素敵な香りだったのに

再び嗅ぐことはできず。

 

何がなんだかわかりませんが、

「神様か天使が通りかかったな」

ということで納得することにしました。

 

というか、

このときから神社仏閣以外の場所にも

精霊(のようなもの)がいると

信じるようになった。

 

それまでは

風水とかただの流行りくらいにしか

思ってなかった。

 

 

 

 

 

 

そんな感じで

 

匂いには、

物質の小さい粒が

鼻の奥の粘膜についたときとものと

 

精霊(のようなもの?)が

いるときのものの

 

2種類あるのだと

私は考えるようになったわけです。

 

 

 

 

 

いい香りが

天使だ精霊だなんてのも

唐突な気もしますが。

 

 

 

実は

数年前にこういうことがあった。

 

 

前々回の引っ越しは

長旅だったので車をフェリーで

運ぶことになったのですが。

 

港まで運転しているとき

後部座席の窓がひとりでに開いた。

 

なぜか運転席の開閉ボタンでは、

閉まらない。

 

3月でまだ肌寒い。

車を止めて後部座席のドアの

窓開閉ボタンを点検しましたが、

積んである荷物があたったわけでもなく。

 

単に、走行中いきなり開いたんですよね。

ボタンで自動で開閉するやつです。

(くるくるするやつじゃないです。)

 

f:id:fa-fa-together:20170206033435p:image

 

 

実は、数日前にも同じことが起きていて

しばらく経ってから閉まりました。

 

 

 

 

車が古いので

そういうこともあるだろうと思って

大して気にもしていなかったのですが。

 

ちらっとその話をすると

相手の方は

とても霊感の強い方だったようで

(でもそんなこと全然知りませんでした。)

 

心配して

懐から護身用の塗香を取り出して

私のために取り分けてくれたのでした。

 

紙で塗香を包んで、

「私は体質がそういうものを寄せ付けやすいから、いつも塗香を持ち歩いている。新居に変なものを持ち込まない方がいいから、向こうに着くまで肌身離さずに持っていなさい。」

 

 

 

 

車をフェリーに運びながら

後部座席の窓が開いたときは

すでに塗香をもらった後だったので

 

気味が悪いけど

あまり余計なことを考えずに

運転に集中することにしました。

 

無事に引っ越しもできてます。

香りがお清めとして使われるのを

そんな感じで知っていたんです。

 

 

 

 

 

そんなこんなで、

私は香りが

自分の身を守ってくれると

信じているわけです。

 

そして、

塗香もさることながら

( 塗香持ってないし)

 

花の香りや、木そのものの香りは

より本物の神聖な何かの香りに

近いと経験から感じている。

 

 

だから、

インセンスを焚くようになり

手に入るならばお花を飾る。

お花を飾ったらインセンスは焚かない。

 

 

 

 

そして、

嫌な匂いのものを放置しなくなり

 

良い香りには

よく気がつくようになりました。

 

 

 

今日の旦那

 

昨日お酒を飲んだ都合で

車を駅に近い実家に置いているので

私の車で出勤しました。