胡蝶のオラクル

直感を使ったことを記録します。予感することから、確信することまで。

人類は1枚の鉄板で焼かれるたこ焼き

不思議ちゃんとか天然とか

バカとかアホとか

思われる恐れを

最近急速に

気にしなくなっています。

 

 

誰にどう思われるかを

考えていると

思ったこと

何も話せなくなってしまいますよね。

 

 

今日ZENが皆さんに

シェアしたい話はこうです。

 

 

 

 

前回説明した

精神分析論ですが、

 世にも奇妙な授業 精神分析論 - 胡蝶のオラクル

 

脱落者を量産した

1回目の講義で

何が語られたのか?

 

 

ノートに黒板の図の写しが

残っていました。

ご覧ください。

 

f:id:fa-fa-together:20170127011627j:image

 どうやら「個人」は

球形で表されているのですが…

表面に出ているところが

意識のようです。

 

 

下半分は、

地面のようなものに

潜り込んでいるんですね。

 

 

これが前意識で、

夢の中やらなんやらかんやら。

 

 

 

 

ところが、

球形に見える「個人」は

 

その下で柱のように

ずっと下につながっており、

 

 

 

結局は

全ての個人の無意識は

他の個人の無意識とつながっていると。

 

 

だから、

個人のその一生の中では

 

まだ

経験したことない映像が

 

 

夢に出てきたり、

瞑想中にでてきたり

するというんですね。

 

 

実例とすると、

見たことも

聞いたこともない

どっかの国の

超マイナーな宗教の、

 

 

ロゴというか

神秘的とされる図形が

 

 

全然関係ない日本人に

突然シンクロで見えたりする。

 

 

 

 

そういうのは、

こういう理屈で起こるらしい。

 

と。

さっぱり意味不明だったが、

 

 

 

 

 

 

最近はなんとなく

わからないでもない。

 

 

 

 

今朝本当に久しぶりに

長い長い夢を見ました。

 

 

 

グロテスクなわりに

目覚めがよかったので、

 

 

きっと自分の精神衛生を

整えてくれる役目を

果たしたのでしょう。

 

 

特発性過眠症の持病は

長いですが、

 

 

怖い夢の影響を受けたり、

変なものが見える歴は

もっと長いです。

 

 

おそらく、

「悪夢」の定義も

人と違うと思います。

 

 

私にとっての悪夢は

怖い夢のことではなくて、

テレビの音とかと混じった

煩わしくて

情報価値のない夢、なんで。

 

 

悪夢は、

患者会とかでは

医学的に説明できる

症状であって

霊障ではないってことに

なってますが。

 

 

一部の夢は

症状とだけでは

片付けられない気もする。

 

 

 

 

自分も

レム睡眠関連症状に

悩まされた時期はありますが、

 

病気の症状の幻覚と

意味あって降ろされたビジョンは

別のものだと思いますね…。

 

よくわかんないけど。

 

 

私は勝手に

夢のインスピレーションを

生きる指針にしています。

 

 

 

 

 

今日も

とても学びの多い夢をもらったので

 

花を入れ替えたり

新しい本を探したり

店に預けていた服を

受け取りにいったり。

ご飯を正座で食べたり。

 

 

 

せっかくなので

よい1日になるよう

心がけました。

 

 

 

 

 

前段がまた長くてすみません。

話したいことのメインですが。

 

 

さっきの図は

黒板に先生が書いた図です。

私の大学ノートでは

 

青のりとかマヨとか

鰹節が書き足してあって、

 

たこ焼きになっていました。

f:id:fa-fa-together:20170127011637p:image

 

 

 

 

 

今日の旦那

 

私が長い夢を見ている間に

黙って出勤したようで、

起きたらいませんでした。

ごめんね、ダーリン。

 

 

f:id:fa-fa-together:20170130211529j:image

前、誕生日にいただいてから

まだ残っている花を

飾りかえました。

香りが小さくなってきました。

でも、これはこれでスッキリ。