読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠すぎる! 特発性過眠症 眠すぎる!

2017年からは過眠症は関係なく旦那の行動観察と自分の気分を書きます。特発性過眠症の方は、記事の内容に関係なくコメント下さい。お友だちになりましょう。

男の人からかっこいいって言われたの初めて。


嬉しかったので
シェアします。

先週末、
大学時代の部活関連の集まりで、
飲み会がありました。


そこで隣の席に座った
偉大だけどしつこい(と、私は思っていないけど)ことで有名な先輩が
席を立った隙に
現役の男子学生が
話しかけてくれました。

最初だけ私が学生だった頃のことを
きっかけに話し始めましたが、
あとは
彼女がどの子なのかとか…
こいつ全然先輩の俺のこと
尊敬してないんですよとか…
これ俺の鉄板ネタですの流れから
痩せてた頃の別人のような写真とか…

あれ?他にも話したはずなのに
彼らがじゃれ合っているところしか
覚えていない。

ま、いいや。
とにかく
超面白かったです。





そうこうしているところに
戻って来た先輩が
「イケメンに囲まれている」
と言って私のことを茶化したんです。
(というか、最初に話しかけてくれた人が
よほど後輩に慕われていたらしくて、
それで人が寄って来ていた)


その方もだいぶ酔っていて
ろれつが回ってませんでしたが
頑張って聞き取ったところ

「そういうふうに、
人が周りに集まるようになったのは
あなたがいい雰囲気を
出せるようになったからだ。
だから、昔はモテなかったけど
もう今みたいにモテる。」

ということを言われました。
でも、私は言い返したんですね。

「それは違いますよ。
私は、一貫してモテた!」

ノリと笑顔で言い切りました。



「(爆笑)いやいや。それは、勘違い!」





勘違いじゃなくて
本当に。モテたんですよ。




…いや、やっぱし勘違いかな。

でも、いいんです!



花子さんとか、太郎さんとか
誰かと比べたら、
そんなにはモテないですよ。

でも、
当時の自分相応に
異性から大事にされたんですよ。

だから、
それで私が満足していれば
彼氏がいなくても、
大勢からちやほやされなくても、
それは
モテたってことなんですよ。

自分を基準にすれば、
一貫してモテてたんですよ。


だから、嘘はついていない!






隣の先輩にあんまし否定されるんで
「勘違いかもしれんですね〜」

とクッション置きましたが。

そのとき
正面の学生が
(自分のことモテたって言い切るんだ)
(かっこいいね)
(うん)

と小さい声で話すのが
聞こえたんです。





おお…
これは嬉しい。



というか、
これ聞こえたのが勘違いだったら
むっちゃ恥ずかしいけど
そんなん誰にも確かめらんないし
聞こえましたって言っていいですよね…




かっこいいって言われた。
それも、男の人から言われた。

すっごく嬉しい。





だって、
私の父は
女は子どもを産むのが仕事だから
学校に行かせる価値はないって
平気で言う人です。

現役時代の部活は
試合のレギュラーも運営も
男子部員が主体で
女子はサポートでした。
そして、
力では男性にかなわないことは
鍛えれば鍛えるほど思い知ります。


公安職に就けば
女性の働き方は
同業の男性から誤解され
不当に低く
評価されているようにみえました。




私は、問題にばかり
目を向けていたんです。



冷静になって見渡せば
社会はちゃんと変わっている。

性別に関係なく
生活の姿勢に共感した人が
自分や他人を
評価してくれるようになっている。


近年の変化に身を任せられる
男性の柔軟性はすごいと思う。
学生と話すと
女子の方が
保守的な殻を破りきれていない。

私が学生だった数年前は
逆のことを言われていて、
男の子が元気がないって
言われてたんですよね…



… とか思ってると、
女子学生もやはりすごい。



なんか。
みんなすごいと思います。





もう、頭でっかちに閉じこもって
女性だからこうしなきゃって思うのは
本気でやめようと思いました。

自信のムダ使いですよ。




もう
そういう時代じゃないんだなって
大先輩が言ってて、

私なんかが
ちょっとアクセル踏み込んで
「私は、一貫してモテた!」って
言ってみる会話のスタイルが
男性から共感されて。

何を恐れる必要があるんだろう。




好きなようにやらんと
いかんですね。
実態のないものに
縛られとったら自分が損です。




今日の旦那

昨日、一念発起して 私が
今日の晩飯を作ることにしたんですよ。
それ言ったら、笑ってくれました。
楽しみにしているって言いながら
出勤していきました。