胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

マイケル・ジャクソンを歌える仲間は貴重

読み終わった。

とても良かった。

今日ほどマイケル・ジャクソンのファンで

良かったと思った日はないですよ。

読みながらいろんなことを思い出したし、

やりたいことが

たくさん思いついたし、

次に読みたい本も決まったし。

 

マイケル・ジャクソンの思想

マイケル・ジャクソンの思想

 

上のより先に こちらを読みました。

その順番で、正解でした。

 

生きる技法

生きる技法

 

 

 

著者の安冨さんは、

マイケル・ジャクソンに注目したのが

彼の死後だそうだ。

挿絵と表紙で

マイケルの姿を描いている画家の方も

マイケルを描きはじめたのは

彼の死後だそうです。

 

 

どんな良いものも

 

いい!

と思って

すぐにファンを名乗るのがよい。

 

 

どんな出会いも

遅いということはない。

というか、

遅くなる前に早く好きと言わないと

人生終わっちゃう。

 

 

 

私も、

良いと思ったらすぐにファンになって

良かったんですよね。

 

好きなのに、隠すのは

おかしかったんですよね。

私、今まで何やってたんですかね。

 

 

マイケルの曲を

全部聴いて歌えるようになって

踊れるようになって

自伝を読んで

彼の映像作品や一緒に仕事した著名人を

全部知らなくては

ファンだと言ってはいけないとか、

そういう変な発想があったのは

単なる思い込みだったんですよね。

 

 

そんなことはなかったんですよね、

私は

変な思い込みにとらわれていたんだ。

 

(ちなみに、

尾崎豊も好きです。)

 

 

 

この思い込みを

植え付けたのは母親や父親だろうけど、

それはあまり重要なことではなく。

 

これが思い込みだったのだと気がつく

自分の心の変化が大事。

 

 

 

今日から私のマイケルの楽しみ方は

歌詞わかんないけど歌う派から

歌詞ちゃんと読む派ですね。

 

 

 

 

 

私はカラオケで何時間も歌うとなると

相手が決まっていて。

一人カラオケも行けるんですが、

過去、3人のカラオケ仲間がいました。

(それ以外は、可もなく不可もない曲を歌う)

 

まず、

Iちゃん。

彼女は大学の部活仲間です。

Iちゃんが宝塚ファンなので、

彼女は延々宝塚を歌い、

私がマイケル・ジャクソンアンパンマン

歌います。その繰り返し5時間。

アンパンマンの他に

たこやきマントマンてのも

こよなく愛してるんですけど、

たこやきマントマンについては

別の機会に語ろうと思います。)

 

 

そして、

昨日の記事にも登場した

Tちゃん。

彼女はマイケル・ジャクソンを私が歌うのを

許してくれるし、

かつ、

一緒に尾崎豊を歌ってくれます。

Tちゃんも水くさくて、

尾崎豊が好きだと言ってくれたのは

付き合って1年くらいたった頃なんですよ。

私は尾崎を

ジャズ・バーのうたばんで

新社会人披露したのに。

そのときに言ってくれれば良かったのに。

まったくもう。

 

 

 

もう1人は旦那です。

最近はカラオケに行きませんが

付き合いだした学生時代は

もう1人の男の子K君と3人で

変な歌を歌ってましたね。

またK君も誘って3人で飲みながら

カラオケ行きたいですけどね。

K君は

漫才のツッコミをやっていたので

声がかなりデカくて、ラルク歌うと

地響きがしますよ。

実はK君に重要な役目を負ってもらう

楽しいことを先月思いついて。

構想だけ手帳に書き上げて寝かしていたら

想いだけ先に届いたらしくて

K君がFacebookで友達承認してくれました。

まだ挨拶してませんが。

そのうち交流を再開して

実現したいと思います。

多分、彼の方は

私だと知らないで友達承認していますね。

ちなみに特発性過眠症とは全く関係ない

計画です。

また、彼は発達障害の人対象の

コーディネーターなんですが

それすらほぼ関係ない計画です。

マイケル・ジャクソンの曲目で

1番近いのはゴースト的な計画です。

意味不明ですね。

K君についてはいったん終わります。

 

 

部活はとにかく

カラオケ好きな人が多かったので

上手な先輩の持ち歌を聴いて

覚えていました。

私は自分ではCD買わないので。

結構みんな暴れて壁とか叩くので

クーラーが落っこちてきて

バレないようにまた引っ掛けていました。

B'zしか聴かない先輩もいて、

(本当にB'zしか聴かない。だから、新入生が「私もB'z好きなんですよ〜他には何聴くんですか」って話題の振り方をするとアウト)

もちろんB'zしか歌わない。

あの部活では伝統的にかなんなのか

先輩の持ち歌を奪っていいことになっていて、

というか

持ち歌どころか

そもそも部活自体が大学の敷地を

勝手に開拓して住み着いた?ところから

端を発していて

そういうことをしている代を

どういうわけか

下の代の人たちが実力(何の?)で

追い出したりして、

それを見て悟りを開いた1年生が

部の歴史を編纂してゆくとかで

そういう歴史資料が残っているのですが

つまり、下克上が盛んな文化で

私は育ちました。

先ほどの宝塚好きのIちゃんも

同じところで揉まれていて、

おんなじ人を好きになったり

いろいろありましたが

生き延びるための都合もあり

2人はずっと仲良しです。

うちの部活とテニス部が

大学内で

2大キツイ部活と言われていたのですが、

うちは、下克上が厳しくて

全てにおいて何でもありなんですが

テニス部の方は上下関係と規則が

厳しいらしいです。

 

そんなとき

いつでも、そばに

マイケル・ジャクソンの音楽がありました。

(むりやり関連づける…)

 

とにかく、

限られた人と一緒のときか、

それ以外だと限られたテンションのときのみ

マイケル・ジャクソン

好きなだけ歌うことができたわけです。

ジョイサウンドじゃないと、

曲が少ないです。)

 

 

 

就職してからは

広い部屋が余っていたので

全身鏡を3枚壁に立てかけて

スリラーやらビート・イットを…

 

 

違う。

マイケルが死んでしまった日のことを

書こうとしていたんだった。

これまでなんてムダな文字数を。

 

 

本当に大きな喪失感でした。

 

 

イギリス留学から帰ったばかりの先輩に

そんなに好きなら

ZENちゃんもイギリス行けばと

言われていました。

イギリス講演に入れなくても

街が、

マイケルを歓迎するムードだよ、と。

入った人にどんなだったか訊けば、と。

 

それ、いいなぁと思っても

外国に行く気は起きない私でした。

それに、

マイケルのファンはたくさんいるし。

(人がいっぱいいるとこ不安)

 

もちろん、

マイケルが講演前に亡くなってしまうなんて

想像もしていないときですよ。

 

テロップと

ヘリコプターの音。

ミイラのように包まれた…マイケル?

 

 

 

茫然自失

先に就職していたIちゃんに

メールしました。

 

 

 

マイケル・ジャクソンが死んだ。)

 

 

 

(え?   ZENちゃん、彼氏できたの?)

 

 

 

(なんで。)

 

 

 

(ZENちゃん、テレビもってないじゃん。)

 

 

 

(テレビなくたって、

    マイケルが死んだらわかるんだよ。)

 

 

 

(ふうん。あっそ。)

 

 

 

 

後日、

Iちゃんから

(CD売れたってよ。)

という励まし?が届いた。

 

 

高校生のときから

何度も聴いていた。

偉大なアーティストかどうかも、

実をいうとよくわからなかった。

ただ好きなだけ。

でもそんなんじゃ

好きと言ってはならないと思ってた。

 

音楽も詳しくないし、

ダンスもできないし、

舞台のこともわからないし。

英語わかんないし…

 

日本語訳見ても、

この人何言ってんのか意味不明だし。

                 (お前が言うな↑)

マイケル・ジャクソン

 

でも、

そういう

好きな気持ちを押し込めて、

 

好きではないことにしようとすること

自分の気持ちに蓋をして

なかったことにすることが、

 

自分で自分を欺いていき

 

他の人から見たZENちゃんと

私そのものを切り離し、

他の人から見たZENちゃんから自分の姿を見つける次の瞬間の私の

自己と自我とをすり替え、

のっとり

 

 

切り離された私そのものの存在を

最初からないことにするために

 

私そのものに呼びかけるメッセージと

その発信源となる人を

排除し、

拘束し、

虐待し、

感情を押し込めることを

子供たちに、

もしくは大人に強要する。

 

 

 

私は

世界のどこかにいる子どもたちを

子どもたちに触れられる場所まで

助けに行くのでなく

 

 

寝転がっているこの部屋で立ち上がり、

テーブルを片付けて

 

自我にのっとられた自己を

取り戻す1人になることで、

虐待と執着の連鎖を断ち切り、

 

自分から見た世界を変えることで、

実際に存在する世界を変えることができる。

 

 

とても、難しい本だった。

だけど、

マイケルの歌を聴いていたから

そういうものかと入ってきた。

間違えているかも知れないけれど、

間違っても、いい。

 

 

読みながら、

別の難しい本をまた読みたくなりました。

もしかしたら、

今なら学生時代に理解できなかったことが

一部理解できるかもしれない。

 

 

 マイケルブームが自分の中で再来している - 眠すぎる! 特発性過眠症 眠すぎる!

 ビリー・ジーンいいですね。 - 眠すぎる! 特発性過眠症 眠すぎる!

 

 

 

今日の旦那

 

お腹に傷を負っているのですが

原因不明だそうです。