読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠すぎる! 特発性過眠症 眠すぎる!

2017年からは過眠症は関係なく旦那の行動観察と自分の気分を書きます。特発性過眠症の方は、記事の内容に関係なくコメント下さい。お友だちになりましょう。

マイケル・ジャクソンはお絵かき少年でもあったんですね

なんで突然

マイケル・ジャクソンの話

始めたのかって話。

 

なんていうか。

 

自分はコーヒーで絵を描こうって

この間決めたところから始まって、

それ以来

いろいろな出会いがあったおかげで、

今日元気にやっているんですね。

 

例えば特発性過眠症のサイトを作ろうと

言い出したのもそうだし、

 

同じ病気の人に会うことができたのも、

 

仕事を休んで、

自分の身体を大切にしようと考え直したのも、

 

なんだかんだで

安定剤なしで

正月両親に会えたのも

(トータルで10文字くらいしか喋ってないけど)

 

旦那に八つ当たりすることが減ったのも

 

 

全て、

気持ち悪いながらも

高校生のときの絵を

吐き出してしまったことから

好転しはじめた。

 

 

そして、今

毎日元気に暮らしている。

だけど。

 

肝心の?

というか

肝心かどうかすらわからない…

私の暮らしを好転させてくれた

コーヒーの絵は というと、

全然描く気が起きない。

興味もわかない。

 

わざわざ

私の絵を置いてくれると

言ってくれた方がいるのに

送る作品がないんですよね。

 

とても失礼な気もするし。

変な気分で過ごしていた。

 

 

絵を描くよりも楽しいことが

ありすぎたんですよ。

ここ最近の私の生活には。

 

なので、

うーん。

私のやること  これじゃないんだろな〜

とは思っていて。

まぁ、

それでもいいんだけど。

 

なんかこう、

いいんだけど、

さみしいというか。

 

なんだ、残念。

でも、いいや。

みたいな。そんな感じ。

だった。

 

 

まぁいいや

と思っていた。

 

強みの発見していても

昨年の1年間、

あんまし

絵を使ったことやってないし。

音楽もしてないし。

ギターは、始めてバンド組めたのに

気管支炎になって出らんなかったし…

 

 

私は芸術系は縁のない人生でいいや。

 

 

ドナルド・トランプの言うことじゃないけど

ビジネスがアートでいいや

みたいな、

やや、( わずかに)

やさぐれた気分だったんですよ。

 

そんな中、

もっとも親しい友人から

顔彩をもらって

さらにモヤモヤ。

煮え切らない気分になる。

 

 

はて。

彼女が私にくれたものは

過去

間違いなく、

私にとって

意味のあるものだったはずなんだけどな。

 

 

でも、今。

絵を描く気分ではないんだよな。

 

 

うーん。

 

もういいや。

自分は本が好きなんだから。

それは確かなことなんだから。

 

本でも読むか。

 

って思って、

 

特発性過眠症のサイトを作る関係で

知り合った人から 

以前、紹介してもらった本を

探すことにした。

変な気分のときは

自分の殻にこもるに限る。

 

 

 

うん⁉︎

そこで気づいたことがありました。

 

紹介してもらった本の著者は

私が今までに

読んだことのない著者だったのですが、

マイケル・ジャクソン

考察をしている人でもあった!!

 

 

(これも最近ですが

マイケル・ジャクソンが好きらしい人と

別の場所で縁があったおかげで

車の中でマイケル・ジャクソン

聴いていたんですよ。

マイケル・ジャクソンについて

気になっていた時期なんですね。

さらによく調べてみると…

…調べてみるとっていうか

amazonが勝手におすすめ候補

出してきたんですが、)

 

マイケル・ジャクソンは絵も描いたらしくて。

画集があることを知りました。

 

 

普段

画集は、

値段が高いし場所をとるので

気になっても基本、買わないんですが。

 

 

気になって

買いましたね。

どういうわけか

買いましたね。

 

もう届きました。

 

長くなったんで、

次に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

今日の旦那

 

普段はとても優しいのですが、

実家でだけは、どういうわけか威張った口調で

喋りたがるんですよね。

多分、自分のお母さんと妹の前で嫁にデレデレしてると思われるのは嫌なんでしょうね。面子的に。

まぁ、たまにのことだし別にいいんですけどね。

それはそうと姪っ子が、この前、目があうようになったと思ったら、もう笑うようになったんですよ。

か〜わ い〜い♡

旦那はお風呂入れるの手伝ってました。