胡蝶のオラクル

直感を使ったことを記録します。予感することから、確信することまで。

自分の強みを探す旅 絵画編

前回の続き。
ZENは過去、
人と比べて強みを探していたら
才能に恵まれた人の集まる環境下によって
強みが逆にコンプレックスに
なってしまっていたという話。


絵を描くのも同じです。

学校で一番好きな授業は
図工なのに。

絵も、彫刻も、粘土も、鑑賞も
みんな大好きだった。




だけど、
自分よりも絵がうまい子、
たくさんいた。



そして、
私の絵は

子どもの頃から
万人受けするタイプの絵ではない。

可愛い女の子の絵ではなく、

ジャンプマンガの絵でもなく、

綺麗な風景でもなく、



猪と魚が合体した生き物が
爆進している絵だったり

宇宙の果てにある星に生えている木が
泣いている絵だったりした。




「〇〇ちゃん、
文化祭のTシャツの絵描いてよ〜」
と言われるのは
私ではありませんでした。

一方で妹は、ムチャクチャ絵がうまくて
マウスで描いた完成度超高い絵を
ガンガン、パソコンでアップして
楽しくやっていました。
もう大人なので
タッチペン買ったことでしょう。



それ以上に絵が上手いのは
父です。
上手いだけでなく
描くのがメチャクチャ速いのです。

下書きもへったくれもなく
スルスルとイラストが描けます。
描き始めたそばからキャラが仕上がります。
祖母に言わせると
子どもの時からそうなんだそうです。

で、一番苦手な
計算の必要な
建設業に就いている。


父は歴史漫画家とかに
今からでもなればいいのにと思います。
間違いなく挿絵イラストの仕事など
すぐできると思います。
読書家だから原作の物語が長くても読めるし。




私がちゃんと強みを探そうと思ったのは
父の存在が大きいです。

「こんなに天才的な画力を持って生まれてきても
ちゃんと活かす努力をしないで
親や家族の言いなりに進路を決めていると
こんなになってしまうのか…」

と、悪いけど思ってしまったのです。




父は自分を活かそうとする人生は
選ばなかったんですね。
後悔していると話したことはないけれど、
私が理系の進路を選ぶときは
「自分の娘だから計算できるはずがない」
と言って反対しました。

私は
普段の私の成績など知らずに
母の言うことを鵜呑みにしているだけで
分からずやめ!と思っていたものです。


でも、今思うと
私が食いっぱぐれないように
助言してくれていたんだと分かりました。

というのも、
父は私が中学生の頃
美術の課題で描いたカラスの絵を見て
「俺が中学生の頃の絵よりも良く描けている
行きたいなら美大に行っても構わない」
と言ってくれたことがあったのです。
当時の私にとっては
そんなに上手く描けたものではなかったので
褒められるに相当するものではないと考え、
「カラスを見て描いたなら凄いと思うけど、
印刷されたカラスの絵を見て描いたんだから
別にすごくないと思うよ。」
と返事をしました。

父は
「なんだよ。
写真見て描いたのかよ。
だったら上手く描けて当たりめえじゃねえか。」
と言って。
自分から話しかけたくせに
散々に馬鹿にして、
去って行きました。


父は天性に
天才気質というか、
父親としての常識、配慮がないというか…
まあそれはいいとしても。

今になって見返すと、
この会話自体、
絵を描くのが得意な人同士の会話だろうと
気づいたのです。


あの時は何とも思えなかった
思い出が、

絵を描くのを再開してから
ふっと湧いて出てきたのです。


私にとっては、
会社勤めや公務員勤めをすることよりも
絵を描いたり
本を読んだり
文章に書き換えたりすることを
仕事にした方が
堅実な道だったのです。


だから
(普通は絵を描いて収入を得る方が
狭き門だと思われがちですが)
私の父は
理系の進学に反対して
美大ならいいと言ったのでしょう。





大学の友達にいつだったか、
絵本作家にでもなろうかなあ、
でも私が描く絵本は変な絵本で需要がないだろうなあ、
とこぼしたことがありました。

友達は、
教員よりも絵本作家の方がZENちゃんの場合
確実だと思うよ
と言っていた。
そして、
絵本は内容の意味がよく分かんなくても買うよと
言ってくれた。


自分は2年前
自費出版で絵本を出したのですが
法務教官を辞めてから次の教職が
スタートするまでに2週間あり、暇だった。)
これは本当に楽しい経験でした。

自費出版だからお金はザッパーンと使ったんだけど
一個物語が出来上がって
自分で絵を描いて
変な絵だけど、
意外と何枚も描くのが面倒だったけど、
すっごく達成感がありました。

自由に描けるのも良かった。
大好きな色しか使わなかった。

表現して公表することに対して
度胸もついた。

Amazonで1円になるのって、
流通してるってことだから
そんな嫌なことじゃないな。
少なくとも本屋で一回売れたってことだ。」

「絵本好きな人はすごく喜んで話題にしてくれる。
絵本興味のない人はそうでもない。
人ってそれぞれだな。」

新鮮だったのは人からの感想が
思いもよらない言葉だったこと。
そして感想は全て、嬉しかった。
話のネタについて話してくれる人もいたし、
オチを楽しんでくれた人もいた。

学校の子どもたちは
読み聞かせている時間に
次の展開を予想してくれる。

絵が可愛いと言ってくれる人もいた。

一番自分がはっとした感想は、
茶道の先生が話してくれたこと。

「ちょっと、この絵本は対象年齢があやふやな気がしたの。

でもね、やっぱりこの人は
こういう色が好きだったのね〜って、思ったのよ。」

「? やっぱりこういう色が好きだった……?」


私はこれを言われて初めて、
自分は絵本を描いたことで
自分の力で自分のことを表現できたと知ったのです。

それまで、絵本を描くことを
上手いとか、下手とか、
売れるだろうか、売れないだろうかとか
結婚してこんな道楽やってていいのかとか。

そんなふうにしか考えていなかった。

でも、
自分のことが絵本を読んでもらったことで
伝わった。それが
何よりも嬉しい結果だった。

売れることよりも嬉しい。


次は必ず商業出版にするぞ、と決めています。
楽しいから、
自費出版を繰り返したら
延々お金を使ってしまうからです。

やはり、絵を描いている時間は
集中できるし、
一方で何かがリラックスしている。

そして、
描かなくなったら
それはそれでいいかな、とも思う。


デザイン系の学校を出ている人や
子供の頃から授業中に絵を描いている人に比べたら
自分の絵なんて
描きたい形の線になってないと思う。
でも、
私が描き始めようと思いたったのは
アラサーになった今なんだから。

それで、いいじゃん。

いいじゃん、別に。