読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠すぎる! 特発性過眠症 眠すぎる!

2017年からは過眠症は関係なく旦那の行動観察と自分の気分を書きます。特発性過眠症の方は、記事の内容に関係なくコメント下さい。お友だちになりましょう。

コーヒーで初めて絵を描いたあの日

f:id:fa-fa-together:20160902211152j:plain


紅の豚
当時から今でも好きで、
マルコが大好きです。
SAVIAって書いてあるけど、
これSAVOIAの間違いですね。
ジブリ王道アニメもちろん全部好きですが、
紅の豚が一番です。


スペルミスのせいで友達に見せたりしなかったのが残念です。
でも、載せちゃいますよ。
だって、高校生のときのスペルミスだもん。
今の私じゃないもん。

 この先に出てくるスペルミスと文法違いも

どうかご愛嬌ということで済ませてください。

 

 

……。

私の机には、

いつでも濃い濃いコーヒーが並んでいました。

 

飲みきらないうちから、

暖かいコーヒーをお母さんが入れてくれるから。

 

コーヒーは2日くらい放置してあっても

私は平気でそれを飲んでました。

おいしくないけど。

 

水が蒸発してさらに濃くなったり、

マグカップの内側にリングがついたりしてました。

 

その頃の私は、

 

ベットから起きる

強烈な眠気をおして電車まで身体を運ぶ

電車とバスでねる

教室でねる

電車とバスでねる

強烈な眠気をおして駅から家まで歩く

強烈な眠気をおして、食事と風呂

勉強したいがねてしまう

親が寝たのを見計らってベットでねる

 

を繰り返すだけの生活でした。

 f:id:fa-fa-together:20160902012926j:image

楽しいことは何もない。

映画もねてしまう。

友達と遊ぶ余裕もない。

 

起きてる時間は全部、

食事か風呂かトイレか勉強。

他には何もできない。

何も許されてない。

 

目が覚めているあるとき、

勉強を少しでも休みたくて、

絵を描いてみたいと思いました。

 

水彩色鉛筆用の絵筆が引き出しに入っていて、

目の前にコーヒーが置かれていました。

あと、無地のハガキ用紙がありました。

f:id:fa-fa-together:20160902012811j:image