読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠すぎる! 特発性過眠症 眠すぎる!

2017年からは過眠症は関係なく旦那の行動観察と自分の気分を書きます。特発性過眠症の方は、記事の内容に関係なくコメント下さい。お友だちになりましょう。

過眠症の生徒に先生が言ってはいけない言葉①

過眠症 先生向け記事

NG   生活習慣を正しくしよう

        早寝(早起き)しよう。

        昨日何時に寝たんだ。

 

セーフ 

→まずは、〇〇時にいったん寝てみるのを

     試してみたらどうかな?

 

 

過眠症の生徒さんがいても、

先生向けの公的ガイドラインはないし、

起こしていいのか分からず

先生たちも困っちゃうという話を聞きました。

 

独断と偏見に基づいて、

過眠症の我々に理想的な教師像を模索中。

こんな先生がいたらステキ

 

まず、

一方的な価値観で

早寝早起きを強要してくる人に

過眠症の苦しみの特殊性が理解できるとは

思えないのですね

 

過眠症の人の中には

夜寝てしまったら最後翌々日!まで起きない人、

早寝してぐっすり寝すぎて朝辛い人、

早く寝て夜中目が覚めてしまう人、

そもそもいつも眠いから何時に寝るのが早寝なんだか分かんなくなっちゃって困ってる人、

 

いろんな睡眠リズムがあります。

人それぞれ。

早寝早起きやりたくてもできないから

病気ってことになるのであって、

私なんかこれ言われると

健康自慢されてるようでむかつくときあります。

 

しかーし!

先生は眠そうな生徒がいたら、

まず生活習慣を見直させるのが王道!

根拠もなくお前は病気だと言い放つのは

人権問題です。

 

もしあなたが過眠症の生徒をもつ

熱血教師だったとして、

こうやって過眠症情報をググッているからといって

すぐに病気だなんだと騒ぐわけにはいかないでしょう。(ま、受診してるケースもあるでしょうけど)

保健室の先生も、同僚も、

その生徒の夜更かしの実態が否定できない限り

ナルコレプシーとか特発性なんやかんやとかきいても

大げさだと受けとめることでしょう。

 

 

そこで、

あなたは

生徒の夜更かしについて、家庭での睡眠について、

本人と会話ができる関係づくりを心がけましょう。

 

お医者さんは過眠症の患者にも規則正しい生活習慣にしろと言いますから「生活習慣を正せ」が医学的に間違っているわけではありません。でも、それができない言い分があって、そこが我々が分かってほしい大事なトコなのです。

 

そいで、その言い分の内容こそが、

病気を疑うべきかどうかを分けるのです。

 

早寝早起きしろと言う言葉には、

「また授業ねてたな。いい加減にしろ」

「どうせ遅くまで起きてスマホいじってんだろ」

「早寝早起きさえすれば、解決する問題だろう」

が少なからず含まれていますから、

本当にスマホいじりで明日のことなんか何にも考えないで夜更かししている人にはいいかもしれませんが、

相手が過眠症で悩んでいるときに与える

精神的ダメージは

でかいです。

そこで、腰を低めに優しく提案してみては

どうでしょうか。

 

「〇〇時に寝てみるのを試したら?」

 

末期患者でない限り、

誠心誠意、心配する気持ちをあわせて伝えれば、

(↑これ超重要)

睡眠の状況を話してくれるはずです。

末期患者時代の私だったら

「私ってそんな時間まで起きていると思われていたんだ…何時間寝ても延々と眠いのに…」

と絶望して心を閉ざしたでしょうが、

そのレベルまで達していれば、外見や行動に明らかな不健康サインが出ているはずです。

 

この提案をしたあなたに生徒が何と答えるか

耳を傾けることが大事です。

提案をのむかどうかは重要ではありません。

設定する時間も11時でも12時でもいいです。

 

*10時に寝るとか、当たり前にもうやってるし

*10時じゃ眠くならない

*家庭の事情で、それはできない

*前はそうしてたけど、いついつからできなくなっ        

    て困っている

*10時どころか、毎日7時に寝てますけど

*帰宅してすぐに寝て10時に起きるのにまた寝たら  

   いつ夕食や入浴や勉強をしたらいいのか  宿題やん    

   なくていいんですか

 

 

生徒から口ごたえのように

問い返されても、

強烈な困り感からでた本音の片鱗と思って

受け止めてほしいものです。

会話をすることで、明らかに病気の可能性がある生徒の、そう思われる根拠が浮かび上がるはずです。

 

そのときに満を持して、

保健室の先生や管理職の先生や同僚に

自分が懸念していることを

伝えるのがいいでしょう。

 

 

 

このシリーズ続けようかな!?

次回は授業中寝てしまった患者生徒に

なんて言ったらいいか一緒に考えましょう☆

 

その②できました。