胡蝶のオラクル

日々いろいろな世界から入ってくるチャネリングを書いてます

チャネリングや心の仕組みに興味がある人向けのおすすめ

最近になって

ブログを見つけてくださる方が

増えたようで、

はてなプロじゃないので

正確にはわからないんですが

多分

チャネリング」のワード検索で

来てくださってる方が

多いのかなって思ってます。

 

 

 

 

チャネリング

森野御土日古さんの

星読みの無料講座↓の、、、

星と心がつながる講座

 

その延長で受講した

星と語り合う講座っていう

有料の講座で私は覚えたんで

興味がある人は

まず無料の星読みの講座から

のぞいてみてください。

 

 

 

 

それと

もしかしたら

日本昔ばなしタロットを

調べている人も

来てくれているのかなって

思うのですが

 

私のタロットの使い方は

自己流が過ぎるくらいなので、

自分でやってみたい人には

占星術とおんなじように

無料の動画の講座があるので

こっちをお勧めします。

私も受けてます。

多分

このブログを継続して読んでいる人は

ちょっと変わったところが

ある人かと思うのですが

一応

こちらの動画講座も

他とだいぶ毛色が違っているので

私のブログを読むようなタイプの人も

満足できると思います。

これです。

【女性のための無料タロット占い講座】~業界で信頼を集める専門家が教える 10年続くプロのきほん~

 

 

この講座、

森野御土日古さんとタロット占いの人の

コラボ企画なのですが

以前に記事で

お勧めした本の著者の

かげした真由子さんが講師なんです。

 

占い好きが幸せになれない理由

占い好きが幸せになれない理由

 

 



タロットには興味ないけど

占いには興味あるって人は

本をお勧めします。

 

タロットが好きな人は

動画の講座がいいと思います。

普通のライダー版のデッキを持ってる人は

何にもお金かからないです。

ライダー版で講座を受けます。

 

 

お勧めする理由は

著書をお勧めするのと全く同じ理由です。

お客さんを依存させず、「自分の運命を自ら選ぶため」にタロットを使える占い師を増やす!

という方針に

共感するため。


ボランタリーな想いで運営されている無料の講座です。

すごい明るい感じなので、

タロットなんとなく怖いと思ってる人は

気持ちが楽になると思います。

・自分の運命を自ら選ぶためのタロットの使い方を学んでみたい方
・タロットを使って収入を得たい方
・コーチやカウンセラーやセラピストでちょっとだけタロットを取り入れたい方

ぜひ、のぞいてみてください。

期間が決まっていて、

今は次回タイミングの先行募集中のようです。

 

 

 

 

 

 

最近の私は

チャネリングのことばっかし書いてて

つまらないのですが

(今日、チャネリングできる者同士で話をしたんですが、やはり面白いのは人間の喋ることだということで意見が一致した。)

昔は

たこ焼きのこととかも

書いてました。

*なんと悔しい。リンクを貼れないようです。カテゴリーからたこ焼きの記事を探してみてください。それもうまくいかなかったら、ごめんなさい!

 

 

たこ焼き系統の記事は

ちょっと難解というか

このブログの中で

もっとも理解されにくい記事と思います。

最低限、

集合無意識とか無意識の

図を一度は見たことがある人でないと

たこ焼きっぽいと言われてもなんのことか

分かりにくいと思います。

 

ところが

私のたこ焼きの記事を読むために

ユング心理学に取り組むのは

大変だと思うので

それはしなくていいんじゃないかと

思います。

 

悩ましいところです。

 

ところが

なんと

女性のための無料タロット占い講座の中では

集合無意識のことまで

ちゃんと分かりやすく解説されていて、

私がたこ焼きに似ていると思う図の元ネタも

出てくるんです!

感動です。

 

なので

女性に限らず、

私のたこ焼きの記事に興味がある人も

充分楽しめると思います。

【女性のための無料タロット占い講座】~業界で信頼を集める専門家が教える 10年続くプロのきほん~

 

肝心のたこ焼きの記事を貼れなくて

ごめんなさい。

 

f:id:fa-fa-together:20181116003129j:image

関係ないのですが

上の画像のとおり、

ネギ塩たこ焼きは

ラスト3つあたりから餡掛けガンモドキ

見えます。

 

 

それと

クリームチーズたい焼きと

「たいたこ」っていうたい焼きの中にたこ焼きが入ってるやつ…

その2つを両方いっぺんに食べると

口の中でグラタンの味になるので

試してみてください。

このことを焼きたて屋のお兄さんに言ったら

お客さんでこのことに気づく人は

大変珍しくて

店員さんですら、

やろうとしないんだそうです。

「ですよね!グラタンになりますよね!」って

盛り上がりました。

もしも

あのお兄さんが

私に話をあわせてくれてるのだったら

すごい優しい。

お兄さんの共感性、すごいです!

 

…しかし厳密には、

それは共感性ではないんですよ。

 

共感性というのの

理解を深めたい方にも

森野さんの動画はお勧めなので

もし、

メールアドレスを登録するのが

なんとなく抵抗がある人は

ふつうにYouTube

面白そうな動画から見てみるのも

いいと思います。

山で枝を拾ったらわらしべ長者みたいになった。

お久しぶりです。

チャネリング

言葉で出てきてくれると

文字起こしすればいいだけから

ブログにするの楽なんだけど

最近は動画みたいに出てきて、

しかもメッセージに行き着くまでが

長くて

 

メッセージの部分がどこなのか

数日たたないとわからなかったりして。

 

あと受け入れがたいメッセージだと

聞かなかったことにしてスルーしたりも

するんで

そういうの最近多いし

なんか

書く気が起きなかった。

 

とりあえず

前回の記事で

冥王星っぽいのに

山に登れって言われた件は、

言われたとおりに登ってたら

途中で下りろって言われて下りて、

騙された感すらあって

悔しいからなんか拾ってこうと思った枝を

ツイッターにアップしたら

f:id:fa-fa-together:20181113214058j:image

前から仲良くなりたかった人から

リプライが来て

どういうわけか

その人は流木を拾ってサイドビジネス

始めようとしてるらしくて

「枝がご入用ですか?」

「よかったら、差し上げましょうか」

って

事務所に呼んでいただけた。

そして

枝と流木の話?で盛り上がって

仲良くなった。(と、私は思っている)

 

 

特にその後日談は

ありません。

でも

もらった流木で何かできたら

また記事にします。

 

最近

石拾ったり

枝拾ったり、流木もらったりしてるなあ。

これらは

結構

じめっとしたオーラをしていて

波動が低いのか高いのかよくわからない。

クリスタルと違って鬱々としている。

流木とか

骨みたいだし。

でも

自分にとって

悪い物だとは思ってないんだけど…

ちゃんと自分が

成長しているタイミングで

拾うし…。

 

いつもだけど

冥王星のエネルギーは

よくわかんないこと

要求してくるので

あんまし

波動とかなんやかんやとか気にしないで

拾えって言われたものを

黙って拾おうと思う。

あとで捨てればいいし。

 

 

最近

SHOWROOM

配信を始めました。

私は

FBとSHOWROOMを同じ名前で、

Twitterとこちらのブログがまた別の同じ名前で

やってます。ZENです。

 

最近FBの名前で

歌を歌わせてもらう機会とか

SHOWROOMで気に入った本を読んだりとか

星読みのことを話したりだとか

Twitter発達障害のことを呟いたりしてて

このブログの雑記由来の話題を

他のSNSで披露するようになったので

できれば

ブログ読んで下さっている方が

そっちも見られるように

同一人物化していこうと思います。

 

このブログも

長いので

病んでいる時代の記事とかを

リアルの知り合いが見ても問題ないように

ちょっと整理したりしています。

でもめんどくさくなったりしてます。

 

ブログ読者のかたが

他のところに来てくださるのは

歓迎の気持ちしかないので

ご招待できるよう準備します。

久しぶりに林に入りました。

f:id:fa-fa-together:20181011091717j:image

 

 

間山に行ってって

メッセージ来たけど

特にそこで

不思議現象が起こることは

ありませんでした。

(追記:しょうもないチャネリングがあった)

 

f:id:fa-fa-together:20181011091818j:image

 

 

f:id:fa-fa-together:20181011091836j:image

 

 

f:id:fa-fa-together:20181011091854j:image

 

 

f:id:fa-fa-together:20181011091908j:image

 

 

この森で

ミュージックビデオを撮影する予定です。

 

曲のレコーディングは

もうできていて

編集中です。

 

ふわ〜っとした曲だから

登山服みたいなんじゃなくて

ちょっとヒラヒラした服の方が

良さそうだけど

登ること、虫がいること考えると

ワンピースで現地に向かうとかは

ダメだなあ。

 

着替えるのも

不自然な手間だし。

でも

いい物ができるといいな。

よく考えよう。

ブログが書きにくい。

夢が叶うときの

かない方って

多分

認めて、決めて、ちょっと行動して

潜在意識みたいなのが書き換わっていって

めぐりめぐって

外の条件がそろって

自分も叶えるつもりで受け入れると

日常的に叶ってる状態に変化するのかな。

 

私の場合

他の人がいいと思ってることじゃない

自分が叶えたいことを

見つけるのが苦手みたいで

なかなかわからなかったけど

ぼんやり気づいたことが、

それが

音楽なんだと思う。

 

そして

教育とか、

パートナーシップみたいなもの、

これは

もともと持ってる性質なんだと思う。

 

 

 

自分のやりたい夢を見つけたり

自分に許可を与えるのが

苦手。

前世以前に

あんまし挑戦してきてないこと。

 

育てたり

サポートしたり

誰かのパートナーになるのは

たくさんやってきたから

結構じょうずにできること。

 

そんなふうに

考えた。

 

そしたら

すごく納得がいった。

 

 

 

 

自分のできることとやりたいことが

一致してないことに

苦しまなくなって

下手だけど

挑戦したいことを

許せるようになった。

 

 

 

 

だから

学校に戻るのは

自分のやり慣れたことで

働くことだし

 

音楽をやることが

楽しいけど勇気がいることで

達成したいことなんだと思う。

 

 

 

 

そういうことに

気づくのに

スピリチュアル系の本とか

自己啓発系の本とかの

お世話になった。

どれか1冊だけで

劇的に人生が変わるとか

そういうことはなかった。

読み漁る感じで読んで、

なんとなく総体みたいなのをつかめてくると

いい物だけを選んで読んだ。

読んだそのままのことが

役に立つことも最初はあったけど

後半になるほど

応用しなければならなかった。

 

あと

人との出会いも必要だった。

1人の人ではなくて

段階ごとにたくさんの人が必要だった。

夢に気づくだけで

こんなに大勢の人が必要だったのだから

夢を叶えるには

もっと大勢必要なんだと思う。

 

そもそも

最初に働き出したことや

転職したことも

それがなければ

音楽をやろうとは思わなかった。

 

 

昨日

脳性麻痺でギタリストの人と

話ができて、

少しだけど

指が動かないとギター練習するのが

嫌になってしまうことや

諦めたくなってしまうことを

聞いてもらえた。

 

いろんな方法で

ギターを弾いている人がいるから

諦めないでって言ってもらえた。

 

 

そして

それを目指して

コード理論を勉強していることを

話せた。

「それは、勉強するしかないね!」

って

笑顔で言われたんだけど

その音楽理論やコード理論が

私にとっては

ものすごく敷居が高いもののように思えて

やろうって決意するのに

とても時間がかかったの。

 

 

そんなコード理論を学ぶために

思い切って昨年受講を始めた

ギターのレッスンが

あと2回で終わる。

寂しいけど

その後に

「自分が音楽をやる」って歴史が

始まる気がするから

卒業するのが

ちょっと楽しみでもある。

 

小学校の卒業とも、中学高校の卒業とも

大学の卒業とも違う。

 

あの時は

次にやらないといけないことを

やれることの中から

選んだだけだったけど

 

今は

やんなくていいことの中から

やりたいことを探したり

 

やってることを認めたりしていくのが

目標。

 

誰も

私の代わりに

私が歌いたい歌を作ってはくれないし

(お手伝いしてくれる人はいるけど)

誰も

私の代わりに

私の活動に期待をしてはくれない。

(応援してくれる人はいるけど)

 

とても自由だけど

楽しくなるまでが辛かった。

 

ここまで来るのが

苦手だから

人生を甘い設定にしたんだと思う。

おんなじ目標の人でも

もっとこれが得意な人は

誰も味方がいなくても

自分の好きなことを決められるんだと思う。

 

私の場合は

誰も味方がいないところで

黙って耐え忍ぶのが大得意。

でも

人によっては

これが辛い人もいるんだと思う。

 

私は

自分の好きなことを決めるのが

自分でできるようになるのが

目標だから

自分はそれを特別に頑張る。

 

 

「ギターで何を弾くの?」

「わかんない…」

 

「どんなギタリストになりたいの?」

「わかんない…」

 

「うまくなりたいんでしょ」

「それもどうなのかわかんない」

 

「クラシック?エレキ?アコギ?」

「わかんない…全部あるけど。」

 

ってなってるけど

いいの。

自分で作るの。

 

 

 

 

 

 

自分が何をやりたいのかとか

自分が何と関係が深いのか探すのに

役に立ったのは

 

子どもの頃やってたこと

好きな物語

自作の小説

 

だった。

月並みだけど。

 

それを振り返ってみて

すぐには気がつかない。

 

大雑把ではなく

すごく丁寧に振り返らないとわからない。

それに

認めたくなかったりする。

恥ずかしかったり。

あと、

自分だけじゃなくてみんなも

おんなじものが好きなんだと

勝手に決めつけていたのもあった。

 

いろんなものが

一本の糸に繋がるまでに

ややこしいいろんなものを

クリアしないといけない。

 

ここに宝が埋まっているとうすうす分かっても

掘るのに時間がかかるから

どうせ大したものではないだろうと

信じて放置したい気持ちもある。

その

うすうす感じている時の感覚を

キャッチするのを

鋭敏に研ぎ澄ます感じだ。

 

そして

放置したい気持ちを認めて、なだめる。

これにも時間がかかる。

 

 

 

なんとなく

そういうのに気づいて

クリアにするのが

早くできるようになった。

 

前は

気持ちが辛いのとか

泣けてくることを

「なんか辛い。」

で終わってたのに

「構って欲しい。」「繋がりが欲しい」

「瞑想したい」

「これは〇〇が起きる予兆」みたいに

どんどん何が起きているのか明確になって

有益な感覚器官に育った感じ。

 

で、

〇〇の内容が

どんどん正確に早くわかるようになって

今では

涙が出るのが

あんまし怖くない。

気持ちよくはないけど

おんなじ回でずっと泣き続けてないから

すぐに泣く期間を抜ける。

 

だいたい

理由が明確でなく

涙が出てきたとき

最近のだと

2日で解決した。

 

 

 

前に

目標にしていた、

「生徒にしていたことを

自分にもやってやる」

っていうのが

すごく使えていて

自分の成長スピードが速くなってる感じ。

 

階段は一段ずつしか上れないけど

赤ちゃんが上っていくスピードが

明らかに早くなる時の感じ。

これが

手をつかないで上れるようになったり

ず〜っと長い階段も上れるようになるんだと

思う。

 

 

 

 

だけど

そういうのの気づきとか

チャネリングの絡みが

予測できなくて

ブログにするのが難しくなってしまった。

 

例えば

全然重要じゃないと思ってたことが

後で重要だったと分かったりすると

ブログに今まで書いてなかったことを

いきなり書かなくてはならなくなって

文章が変になる。

 

ちょっとそういうのが

大変で

どうしようかなって思ってる。

新しいこと教わった

チャネリング

繋がりそうで

前みたいに言葉ではっきり来ない。

 

わかった範囲。

 

 

 

 

タロットとオラクルカードより

「森に行ってね。」

「森の精霊に会いに行って。」

「自然崇拝」

 

周りの人の言葉から

「間山へ登ろう。」

 

瞑想から

「あってる。このままでいい。」

「畏れよ。恐れるなかれ」

「ジメジメしたところもあなたの味方」

「怖くないから。」

「魂の修行は誰とも何とも競争しないし、時間は無制限なほどあって無限にトライできる。その合間は、心地よいところで休んで復活できる」

 

 

 

 

お線香の匂いがするときや、神様を名乗る霊は悪霊だというブログを読んだ時にそうなのかなって動揺すると

「お線香の匂いがその人にとって不愉快なら悪霊という意味。

あなたにとってのお線香は暖かいホッとするものだよ。」

「神様の薫りは香木の薫りだよ。お線香の材料だから似てるよ。だけど煙たくないよ。すっきりしているか、ふわっと香るよ。怪しげでなく、匂いの量が安定してるよ。たくさん吸い込みたくなるよ。」

「もし、神様と偽った悪霊だとしても、その正体の元を正せばあなたの一部なんだから怖くないよ。

だけど、何か違うから、わかるはずだよ。」

 

「腐乱臭も悪霊が出すよ。

でも、素晴らしい力のある森は

落ち葉の腐る土の匂いで満ちているよ。」

 

「自分のセンサーを大事にして。人の指す方向に行こうとしないで。人によって役割が違うから。誰も間違ってはいない」

 

「石や、土や、茂みをよく見てね。」

「大きく育った草の間に家族がいるよ」

「森の精霊、妖精、妖怪を頼って。」

身体の内側に注意を向けながら動くのは辛い

完全に止まった状態で

マインドフルネスを

始めた時も

思考がたくさん湧き上がって

そのうちの大半は

思い出すと辛いことや

怒りと憎しみを生み出す妄想だったのだけど

それでも

長い間やっているうちに

落ち着いた気持ちで

瞑想できるようになってきた。

 

だけど

身体を動かして

身体の内側に注意を向けると

それって

外部から刺激されるのと同じに

身体感覚が変化するから

呼び覚まされた記憶が

次々とトリガーになって

マインドフルネスやりはじめたばっかしと

おんなじように

苦しい。

 

 

 

身体づくり運動とか

ヨガとか

ダンスみたいなの

辛い。

 

 

辛くないかなと思ってちょこっと

レッスン受けて

体操したら

すぐに涙が出てきて

「やりたくない」

「辛い」

「痛い」

「いやだ、いやだ」

って

抵抗が出てきて

身体の抵抗に

思考が加速を加えて

どんどん自分が嫌いになっていく。

 

考えようによっては

レッスンが(効いてる)のであって

いいことなんだけど

楽しんでレッスン受けてる人が多い中で

自分を見つめる作業が

自動で始まるのって

あまりいい体験になるとは限らない気がして

そう思うと

体感への注意で生じる「今、ここ」と

日常としての「今、ここ」の両立に

苦しむ分だけ損してしまう気がした。

 

 

動かしながら

体感に注意を向けるのが

辛くなったのがいつからなのか

分からないけれど

 

最近まで

それは

仕事とか職場を連想するからだと

思っていた。

 

今日、新しく気づいたことは

もっと、

ずうっと昔から

抵抗があったんじゃないかな、ってこと。

 

大学とか

高校とか

中学とかでも

体育が嫌いだったから

科目としての体育が

苦手意識を育んだと思っていたけれど

それは

実は違っていて

体育というものを受けるよりも

ずっと前から

私は身体の感覚に

集中することに

嫌悪感があったんじゃないかな。

 

何が原因かわからないけど

私にとって

この辛い感じは

体育の授業で後天的に

植えつけられるような

浅いものではないような気がする。

 

そして

やっぱし

こういうのの掘り起こしを

人前ですることを

私は安心安全って思えない。