胡蝶のオラクル

スピリチュアルなめかけ、霊感高まりかけ、占い好きの素人が、現在進行形で直感とヒラメキの使用例を報告します。

隠れ財産その①

 

ひと月分の収支を計算したところ

赤字に気がついて慌てたZEN。

 

 

しかし、

1億円お金持ちが目標なので

(↑何が1億円なのかはよくわからない。)

 

この程度の赤字で

ビビるわけにはいかない。

 

ここでケチケチするのではなく

カードから引き落とされる金額の

使用目的や

保険の規約を

丁寧に調べようと思う。

 

 

 

 

 

実は、

今月から

新宅の住宅ローンの払い込みが

始まるというのに

 

すっかり忘れていて、

振り込んでいなかった。

銀行から電話をもらってしまった。

 

 

 

あと、

住宅ローンに必要な書類が

アパート内で行方不明になり

本当は良くないけど

提出を免除してもらったりもした。

 

 

 

 

そういう背景のひとつに、

 

あらゆる契約書類、請求書、領収証、

カード明細、趣味のもののテキストなどが

ぐちゃぐちゃになっていたことがある。

 

 

 

 

要らないものを

棄てて、

 

必要なものを残す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、途中だけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この機会に

思い切って棄てたのは

手紙。

 

子どもの頃の友だちからもらった

返事を出すあてのない手紙。

もう、この子の家は

なくなっていた。

新しいお家を建てて

引っ越ししたのかな。

 

 

 

 

そして、

アダルトチルドレン脱出のために

毒親からの手紙も

悪いけど棄てた。

 

書類を探している時に目につくと

フラッシュバックや涙に悩まされていた。

 (そいで、整頓できない。)

 

 

 

 

親からの手紙に

私を傷つける言葉が

書いてあるわけじゃないんだけど…

 

DVとかする人が

散々ひどいことした後に

優しくなるような、

それと似た気配を感じるから

嫌なんです。

 

 

 

歩み寄ってくれたのかと思って

うっかり返事を出すと、

つけあがって

返事の手紙の内容をダシに

またいじめを繰り返すんです。

 

何年も、何年も

その繰り返し。

 

 

 

 

 

 

 

 

会いたくない人からもらった手紙。

こんまり流の言葉を借りれば

ときめかないから、

棄てる。

 

 

 

 

 

 

 

親からの手紙だけ棄てようとすると

なんだか怖くなって

できなかっだけど。

 

他の、小さい頃の思い出も

一緒に棄てるなら決断できた。

ᐠ( ᐢ ᵕ ᐢ )ᐟ

 

 

 

 

同じ理由で

4年前の結婚式のときの

いろいろな思い出品も

紙類に関しては、棄てました。

 

写真は、迷ったけど

見えないように封印することにした。

主人が見たいかもしれないから。

 

 

 

結婚式は

とてもステキな思い出だったけど

長い準備期間の間に

両親から執拗ないじめを受けていた

トラウマとセットになっているので

 

 

正直、

大好きなドレス写真とはいえ

2度と見たくないのが本音。

 

 

 

 

両親写ってない写真だけで

構成されたアルバムは

好きなんですけど。

 

 

 

 

 

ふう。

結婚式は

母親がなぜか意地悪になるイベントなので

困ります。

親戚の人の結婚式とかでも。

おそらく

人が多い場所が苦手なうえに、

マナーにも自信がないので

気持ちが不安定になって

弱いものイジメに走ってしまうんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ

さっぱり処分です!

 

ものを処分すれば

気持ちのサッパリは

後からついてくる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜出てきた宝物〜

 

✴︎子どもたちからの「先生大好き」お手紙✴︎

   これを励みについ頑張りすぎてしまった…

   先生もみんなのこと大好きだよ!

   それに、他のお仕事をしても、

   ずっとみんなの先生のままだよ!

   ♡︎(*´ ˘ `*)♡

 

 

✴︎先生からのお手紙✴︎

   退職する先生から、

   子どもの頃にもらったお手紙。

   今回で処分した。

   大好きな先生が辞めちゃうときに

   とっても辛かったのを思い出したけど

   今は書いてあることがわかるし、

   退職する先生の気持ちも

   わかるようになった。

   先生にとっては、

   生徒への手紙のつもりかもしれないけど

   時がたった今は先輩からの手紙のつもりで

   新しい一歩を踏み出すための

   応援と思って読んでいる。

   

 

✴︎現金✴︎

地味に、嬉しい。

f:id:fa-fa-together:20170720205327j:image

タンス貯金です。

持ってたの、忘れてた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の主人

お米を三合もタイマーでセットしたくせに

帰ってきて蕎麦を茹でる💢

何にもしない人よりはいいけど

ちょっと同居生活にコツが要る人!

(↑私なりの控えめな表現)

 

 

想像していた以上に出費がある。

家計を、把握しようと思います。

 

よく、

家計の見直しとか

目標決めて貯金とかって

言いますが。

 

 

 

ZEN家は

それ以前の問題なんですよ。

 

 

 

ひと月で、何にいくら使ってるか

全然わかんない。

 

聞かれても、

わかってないのがバレると恥ずかしいから

なんとなく

相手とおんなじくらい

使ってることにして

適当に相槌打ってますからね。

 

 

 

さて、

先月6月の給料日から

翌月7月給料日前日までの

レシートを足し算しました。

 

 

 

食費は

5万6千円。

日用品も入っているので、まあまあ。

 

外食は

今回の計算を決意して以来

結構、控えていて

6千円。

 

その代わり、

美味しいケーキ屋さんとかパン屋さんで

買ってきて

自宅で食べるパターンが

5千円。

 

 

 

外食をなくしたストレスは

思っていたほど

大きくなかったので、

今後は

普段の食材を

ランクアップさせる方針。

 

 

食事の予算を増やして

栄養価を高め、

ゆくゆくは

治療費と通院交通費を

浮かせる狙い。

 

食事療法の試行錯誤にも

経費はかかる。

最初に試した療法が

身体に合ってるとは限らないから。

 

そして、

健康的な食材は高い。

 

でも、そのための予算をつければ

大丈夫。

 

 

 

 

恐ろしく金を使わない主人の

趣味・交際費は1890円。

さすがにこれで全部ではないはず…

マラソン大会のエントリー料も入れたら

もっと高いはずだが

それでも月に2万円以下だろう。

素晴らしい。

 

 

 

ZEN本人の趣味や化粧品費が

2万円。

この中に

茶道の月謝が入っている。

着物の月謝は、稽古してなくて免除。

 

 

ZENの

ガソリン代が1万円。

高速代別。

通院と、お茶の稽古日に使う。

 

 

医療費は、

通院タイミングの都合で

一回分しかカウントしてないので

5千円で済んでいる。

 

しかし

東京まで出て行くのに

通院交通費6千円。

ガソリン、高速代別。

 

今回は友だちのうちに泊まったけど

ホテルに泊まるとさらに高くつく。

金曜日に診察だと、

宿泊費が休日料金。

 

 

 

 

ダイソンV8とミシンを買って

電化製品代が

7万5千円。

 

 

食費以外の

いろいろが

11万6千円。

 

電化製品が出費になったけど、

4万くらいを楽しいことに使ってる。

 

 

 

 

 

 

レシートだとこんな感じだけど

分かりにくいのは

カード払い。

 

使用日、引き落とし日に

タイムラグがあるし

銀行通帳の引き落とし先は

カード会社の名前だから

買った物がわからん。

 

この間のNTTの件も

使ってないプロバイダー料金を

携帯料金だと勘違いしていた。

 

 

携帯やネットの買い物、

水道代、電気代、ガス代、携帯料金、

NHK、生命保険、自動車保険医療保険

主人のガソリン代と高速代などを

カードを通じて口座から引き落としている。

 

 

ざっと概観すると

持病持ちの私にかけられた

生命、医療保険がバカ高い。

 

必要あんのか?と思う。

 

 

 

 

ただし、

特発性過眠症の眠気の影には

病気が隠れているかもしれない。

そのことを思うと

安易に保険を解約するのもリスキーだ。

 

規約を確認して、

解約するタイミング…

投資で言うところの損切りラインを

あらかじめ設定しておくのが

いいと思っている。

 

 

 

 

まだ、

ちょっと元気になっただけで

健康不安がなくなったわけでは

ないしね。

 

 

 

 

 

 

で、

ひとつずつの項目別に見ていくと

特にこれといった

臨時出費があるわけではない。

 

が、

ひと月の出費は

なんと43万円。

 

凡人夫婦2人にしては、多い!

 

 

 

 

 

うーむ。

パァーっと使ってる場合では

なかったなあ。

 

 

これは、

どっか変えないといけないぞ。

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

上のこの結果を見せるのは

ためらわれる。

 

🍥ラーメン屋のチャーシュー、ゲットした

身体をゆっくり休めた最近、

だんだん気持ちが明るく元気になっている。

 

働いている頃は

よくお世話になっていた

揉みほぐし店。

 

休職中の身で

マッサージ受けるのもどうかと

変な遠慮をして

1年くらい行っていなかったけれど、

 

今日は旦那についていくことにした。

(普段は旦那が1人でいく)

 

 

 

 

 

 

旦那のお気に入り店は2つとも、

連休最後の日というわけで

予約が取れず。

 

夫婦2人で90分の

予約ができたのは

同じ系列の、初めての店。

 

それでも近かったし 

店員さんの雰囲気も、

店の感じもとても気に入った。

 

 

 

 

 

21時閉店なのに

21:30まで施術してもらい、

水分を急ぎめで補給し

会計しようとしたら…

 

 

 

 

 

 

「あの。

実はですね、これは店長からです。

プレゼントなんですが。

 

何かと思いますよね。

えっとすぐそこの、

丸キっていうラーメン屋さんの

チャーシューなんです。

 

よく行くんで、どうぞ。

 

うちの、

3000人目のお客様なんです。

その記念です。

 

延長サービス券付きです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

3000回に1回しか

言わないセリフなので

店員さんは

とても説明しにくそうだったが!

 

 

やったー!!!

 

 

f:id:fa-fa-together:20170718000329j:image

 

 腰と首回りを念入りにほぐしてもらって

今夜はぐっすり眠れそうです

_(ˇωˇ」∠)_ スヤァ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

チャーシューと延長券もらって、ついてる!

ラッキー🤞

ポイントも、2倍。

じゃまな紙を捨てている。

悪魔ヴォラクの伝言で

プロバイダー契約の解約し忘れに

気がついた私は、

悪魔ヴォラクに金の在処を尋ねる - 胡蝶のオラクル

悪魔ヴォラクを呼び出せなかった反省会 - 胡蝶のオラクル

 

悪魔よりも自分が信用できなくなり

魔術をいったんやめて

家計を見直すことにしました。

 

 

 

そして

使わなくなった通帳や

昨年以前の領収証など、

今までずっと向き合わないで避けていた

書類整理に手をつけました。

 

 

まだ途中ですが。

 

 

 

 

 

書類とか紙類の整理って、

捨てちゃいけないものを

捨てそうで

ちょっと怖いんですよね〜。

 

でも、必要なものが

はっきり判れば

それだけスッキリするんだし。

頑張れば、意識改変の効果も高いはず。

 

 

 

 

 

 

①繰越した通帳は捨てる

家計を長いスパンで見直せるようになんとなく取っておいていた古い通帳だけど、そんな日は来ないから。年単位の収支よりも、まずは今月とか今週のやりくりがやりやすいようにする。

 

②古いお手紙も、捨てる

文通を長くしているので、友だちからのお手紙が多いのです。最近、最新の手紙がどれだかわかんなくなってきた。子どもの頃のは捨てて、最近のは封筒を捨てて、便箋だけまとめよう。

 

③保険証券

紛れ込んでいる広告や、どうせ入れない(持病あるから)保険の申し込みシートが、大切な証券と混じって分かりにくい。整頓したいんだけど、めんどくさくて放置している。住宅関連の保険の中には、証券が発行されてないタイプの契約とかもあって、ぶっちゃけ全然把握できていない。そして、持病ありの保険に自分が入っているのですが、月々の支払いがかなり高い。入る必要あったのか、今更ながら疑問を感じる。選択肢がないからと慌てて、必要かどうかあまりよく考えないで入った。

年金にいたっては、どうなってるのかさっぱりわからない。

 

 

④教員を近々復帰するための書類

正直、1番目障りだった。マル秘関連が多いくせに管理責任が誰なのかはっきりしない教員独特のゆる〜い感じで手元に残された書類群。復帰するなら捨てるわけにいかないけど、もう今年度中は復帰しないと決めたから捨てる。子どもたちとのいい思い出は取っておく。大人同士の付き合いで捨てられなかったものは全部捨てる。シュレッダーは自宅にある。

 

⑤健康診断の結果と病院関連

病院関連は、薬と診察の領収証は年末に必要なので分けておく。健康診断の結果は、主治医も決まらず治療もできない、原因不明の体調不良に悩んでいた時期に溜め込んだ。今はかかりつけの病院があるので、私が健康診断の結果を溜め込まなくても大丈夫。昔のものは、とにかく要らない。治療できて本当にありがたい。

 

 

 

 

 

 

だいぶスッキリしそう。

 

こうして要らないものを見ていくと

溜め込んだものは、

自分の混乱の結果だとよくわかる。

 

健康不安に振り回されているから、

健康診断とか

入院保険のダイレクトメールが

捨てられないんだし。

 

本音では教員やりたくないのに、

やらなきゃって強迫観念があるから、

思い出にこじつけて物に執着する。

 

もう全部いらね。

これ捨てて、

描いた絵とかギターの教本

置いた方がいいわ。

主人のランニング関係の紙も置けるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

新宅の壁紙と床板を選びました。

集中力が切れかけても、

最後まで頑張っていました。

お知らせ。

愛知県で、

セミナーの講座のひとつとして

特発性過眠症の講座があるようです。

今日です!

 

ZENはお家にいますが、

当事者ではない方も行けるものなので

興味のある方は

足をお運びください。

 

第29回愛知サマーセミナー

 

私は、講師の方のツイートで

知りました。

 

追記

好評に終わったようです🌱

悪魔ヴォラクを呼び出せなかった反省会

これの続き。↓

悪魔ヴォラクに金の在処を尋ねる - 胡蝶のオラクル

 

うう。

ぐすん、ぐすん。

ひどいよ〜。

f:id:fa-fa-together:20170715221640p:image

 

 

 

 

 

ブタ君

「ZENさん、落ち込まないで。

気がついてよかったじゃない。

このまま気がつかないでいたら

これから先も、

ずっと料金を払いっぱなしに

なるところだったんだから。」

f:id:fa-fa-together:20170715221703p:image 

 

「ちゃんと、

悪魔ヴォラクと悪魔クローセルに

お礼を言っておかないとね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだね。

でも、ブタ君。

私、自信をなくしてしまったよ。

 

 

 

 

 

ブタ君

「うん?」

 

 

 

 

 

 だって。

人間同士の

インターネット回線の契約すら

分かりにくくて

こんなはずじゃなかったって思うのに…

 

悪魔と契約を交わすなんて、

難しくて私にはできないよ。

私、バカなんだ…。

騙されたみたいな気分。

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「悪魔との契約では

実体化された契約書が

郵送されてくるわけじゃないからね。」

 

 

 

 

 

 

 

はぁ…

毎月積もり積もって

こんなに損しちゃった。

悪魔め。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャジャーン ‼️

f:id:fa-fa-together:20170715222710j:image

悪魔クローセル

呼んだか?」

 

 

 

 

 

あ…ごめん。クローセル。

違うんだ…。

君のこと呼んだんじゃないよ。

 

 

 

 

 

ブタ君

「クローセル君、

喋れるようになったんだね!」

 

 

 

 

 

 

クローセル

「ZENさん、

悪魔は

ちゃんと魔法陣の中だけで呼び出さないと

危険だぞw」

 

 

 

 

 

 

だから、

君を呼んだつもりは

なかったんだってば。

 

 

 

 

クローセル

「wwwわかってるよ。

 

なんだ。まだ、泣いてるのか。

せっかくの連休なんだから

早く気持ちを切り替えろよ。

どっちにせよ

支払っちゃったもんは

もうしょうがないだろ。

 

未来のことに目を向けたらいい。

これからは

何にもしなくても、

月々の収支が今までより

3000円もお得になるんだぞ。

 

 

 

 

 

 

 

そうだね。

君たち悪魔のおかげだ。

悪魔ヴォラクにもお礼を言いたいな。

そして、クローセル君も。

昨日は来てくれてどうもありがとう。

 

 

 

 

 

 

クローセル

「今日も、その前もだけどな。」

 

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「何か、お礼が必要なの?」

 

 

 

 

 

クローセル

「前回、

温泉を見つけるために

呼び出されたぶんは

正規の勤務だから謝礼をくれ。

洗面場の下に六一○ハップ、

あっただろ。

汝、精霊クローセルを呼ぼう。 - 胡蝶のオラクル

 黒い天の助を召喚した - 胡蝶のオラクル

 

昨日は、

俺が呼ばれたわけじゃないから

無報酬でいいよ。

ヴォラクも、来てないんだから

何にも請求しないとさ。

 

だいたい、今回のことは

ZENさんが

プロバイダー契約を解約し忘れてただけで

財宝を発見したってのとは

ちょっと違うしな。

 

本当の悪魔の力は

こんなもんじゃないんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴォラクは、なぜ来てくれなかったの?

 

 

 

 

クローセル

「そんなの、

俺に聞かなくたってわかるだろ。

 

財宝を見つけて

口座残高をあげても

必要ない引き落としが続いていたら

財宝を見つけた意味がないだろ!

 

ヴォラクにしてみたら

なんのために財宝の在処を教えたのか

わからないじゃないか。

 

今回、ZENさんは

お客未満と判断されたんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

悪魔にも相手にしてもらえなかったのか…

 

 

 

 

 

 

 

クローセル

「だから、落ち込むなって。

俺が伝言伝えに来たろ。

わざわざ、勤務外サービスで。」

 

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「今日は、何をしに来てくれたの?」

 

 

クローセル

「今日は、土曜日だから休みだぜ。

遊びに来たんだ。」

 

 

 

 

 

 

なんか、もう…

そういうふうに

最初だけとっつきやすくして

契約を交わされて

後で損するの、嫌だよ…

 

 

 

 

 

ブタ君

「ZENさん

すっかり人間不審になっちゃったんだね。」

 

 

クローセル

「俺たちは人間じゃない。悪魔だ。

だから安心しろ。」

 

 

ブタ君

「そうだよ。

クローセル君は、いい子だよ。」

 

 

 

 

 

もう、魔術はしばらく休むよ。

家計の把握をしたいんだ…。

 

さよなら。クローセル。

 

 

 

 

 

クローセル

「そうか、仕方がない。

無理に契約はできないからな。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

昔の勤務地の近くで

集まりがあって、遊んで来ました。

 

悪魔ヴォラクに金の在処を尋ねる

f:id:fa-fa-together:20170715123111p:image

 

さあ、次は

悪魔の力で

お金を💰💰💰

手に入れるぞ。

 

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「ZENさん、

前に話していたことと違うよ!

健康のためにブエルを呼び出すって

言ってたじゃない!

それなのに、

お金のために魔術の儀式をするなんて。

 

 

 

 

 

止めないでくれ、ブタ君。 

今どきは

自然がたんまり残っていた

ひと昔前とは違って

健康的な生活をするには

金がかかるんだよっ! 

アドニエルッ、エルオヒムッ、

エヘイエイヘイエッ

アシャエヘイエツアバオトッ!

 

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「待つんだ!ZENさん。

そんな早口で呪文を唱えて…」

 

 

 

 

 

 

汝、精霊ヴォラクよ!

隠された財宝のありかを

我に示したまえ〜!

 

 

 

 

f:id:fa-fa-together:20170715125844j:image

 ジャジャーン‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…………(あれ?)。 

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「また、この人?」

 

 

 

 

 

 

おかしいな。

なんで悪魔クローセルが出てきたんだ?

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

「………………。…………。

    ………………。」

 

 

 

 

 

 

え?

君は、クローセルなのね。そうか。

 

今回呼び出された精霊ヴォラクは

来てくれなかった。

その代わり

友達の自分が伝言を預かってきた。

ふむ。

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「なんて伝言?」

 

 

 

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

「………………………。…………。」

 

 

 

 

 

 

 

ふむふむ。

 

家計と別にしている

お前のへそくり通帳をよく見ろ。

引き落としの内訳を正確に把握し、

不明な点を放置するな。

 

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「それが悪魔ヴォラクからの伝言?」

 

 

 

 

 

 

 

 

わかった。

今、通帳持ってくるから待ってて。

(通帳を取りに行くZEN)

 

ほら。これだよ。

ちゃんと残高が0にならないように

定期的にお金を入れてるよ。

 

 

 

 

ブタ君

「それはいいけど、

この毎月の引き落としはなぁに?」

 

 

 

 

NTTだよ。

携帯電話料金。

 

 

 

 

ブタ君

「本当に?

ZENさんて、

家族パックみたいなやつで

旦那さんと一緒に契約してなかったっけ?

携帯料金は

家計から降りてるんじゃないの?」

 

 

 

 

うん。

この間、

docomoショップに行って聞いてきたよ。

料金プランは

家族パックだけど

契約者は夫婦で別になってるって。

 

私一人で行って、

旦那が仕事中だったから

全部の契約内容は

見せてもらえなかったんだけど。

私の携帯の料金が

このくらいの値段だったよ。

 

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

 

「……………?…………?」

 

(「このくらいの値段」だと?

携帯料金の金額と、引き落とし金額が

合ってるかどうかを

その場で確認しなかったのか?)

 

 

 

 

 

 

え?

だって。

docomoショップに通帳は

持って行かなかったんだもの。

それに、

待ち時間の間に

紙と口頭で照会されただけだから

「なるほどー。あれは携帯料金か。」

って思って、

それで終わりにして帰っちゃった。

紙を渡すことはできないって言われた。

代表契約者じゃないから。 

 

 

 

 

 

ブタ君

「ZENさん。

名義が別でも

引き落とし口座も別とは限らないよ。

それに、

随分前からずーっと、

同じ金額が引き落とされているよ。

携帯料金を定期的に見直しているのに

携帯料金が変わってないなんておかしいよ。

 

これ、本当に携帯料金なの?」

 

 

 

 

 

 

そう言われると、

自信がなくなってきたよ。

でも、NT○コミュニ○ーションズって

書いてあるよ。

 

 

 

 

ブタ君

「NT○コミュニ○ーションズ?

それ、NT○doc○moとは違う会社だよ!」

 

 

 

 

え?

そうなの?

じゃあ、何これ?

 

 

 

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

 

「…………、……………………………?」

 

(ひょっとして、

独身時代からのプロバイダー契約が

まだ切れていないんじゃないのか?)

 

 

 

 

 

 

そんなはずないよ!

結婚して、2人で暮らし始めてすぐに

インターネット回線の契約を

見直したんだよ!

doc○moショップの店員さんに

「解約し損ねていないか不安です!」

って言ったら、

「ないです。」って言われたもの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブタ君

「それって、

doc○moと契約してる回線だけ

解約漏れはないって意味じゃないの?」

 

 

 

 

 

 

もし、そうだとしても

過払いはしてないはずだよ。

doc○moショップでしか

インターネット関連の契約は

していないもの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

 

「……………………………………………?」

 

(doc○moショップの店舗内で

別会社と契約をしたんじゃないのか?)

 

 

 

 

 

 

 

えっっ…

そうだけど。

 

だ…だから、

doc○moショップに行って

それまでのプロバイダーは

解約したいと言ったのに。

 

 

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

 

「…………………………………………。」

 

(doc○moショップは

プロバイダー契約するときは対応するけど

解約はしてくれないぞ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁああああ?

何それ⁈

 

 

 

 

 

 

 

ブタ君

「やっぱし、この料金、

昔使ってたプロバイダーなんじゃない?

調べてみなよ。」

 

 

 

 

 

 

でも、

請求書も、領収証も

届いていないのに。

そんなことって、あるの?

f:id:fa-fa-together:20170715144721p:image

 

 

あ…

doc○moからの領収証を綴じたファイルの

1番奥に

プロバイダー申し込みの契約書が出てきた。

た、たった、これ一枚?

今は知らない人が

住んでいる部屋の住所で、

電話番号ももう使ってないヤツなのに

口座引き落としだけは生きてるなんて…

 

 

 

ブタ君

「NT○コミュニ○ーションズって

書いてあるね。

でも、毎月の引き落とし金額は

申込書には書かれてないね。

HPを見てみよう。

 

…どうやら、

請求書を発行してもらうのに

手数料がかかるらしい。

 

しかも、ZENさんと似たような人が

他にもいるみたいだ。」

 

 

 

 

 

ひどいっ…

ひどいっ…

ぐすん。

 

ぐすん。

 

 

 

 

 

ブタ君

「悪魔クローセル君。

どうやら、もう帰ってもいいみたいだよ。

ありがとう。

悪魔ヴォラクさんに、よろしく伝えてね。

漆黒の闇に帰りたまえ〜。」

 

 

 

 

 

 

 

黒い天の助こと、悪魔クローセル

 

「……、………。……………………。」

 

(ブタ君、あとは頼んだよ。

連休明けにすぐ解約するようにZENさんに

言っておいてくれ。)

 

 

 

 

 

ぐすん。

ぐすん。

ひどいっ…。

ひどいよっ…。

f:id:fa-fa-together:20170715144721p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

不要な出費をしていた私の

ショッキングな気持ちに

寄り添ってくれました。

ああ、よかった。

だって、怒られるかと思ったんだもん。