胡蝶のオラクル

日々いろいろな世界から入ってくるチャネリングを書いてます

【再投稿】人気占いは、いつなら空いているのか?

鑑定の予約を入れるときに

受付してくれるおばちゃんが

やけに強気の時期があるんですよね。

 

できれば避けたいものです。

 

 

 

 

調べたわけではなく

なんとも言いきれませんが

 

自分のお世話になっている鑑定所は

10月から11月が

比較的すいていて

 

後は忙しいから

時間がかかる鑑定は

その時期になるべく早く予約してもらえると

助かると言われました。

 

 

 

 

 

12月と1月は

年度末と正月なので

毎年の運勢を知りたい常連さんが

予約を入れる時期。

 

そう言えば、

バラエティ番組の占いも

2017年に売れる芸人は⁈

みたいなのは

正月明けた頃にしますもんね。

 

それに

同じお金を払って

2017年運勢を教えてもらうなら

2016年の12月から

知ってた方がいいですよね。

 

12月ごろに今年の運勢を

教えてもらっても、

「もう終わるし」って

思いますよね。

 

 

そんなわけで

12月から1月は混んでます。

 

 

 

 

 

 

 

次に2月から3月までですが

引越しや部署異動のタイミングなので

新天地での仕事や引越しに伴う相談で

混むそうです。

 

 

 

 

 

 

4月5月は

学校や仕事が始まって

うまくいったりいかなかったりで

混みます。

 

 

 

 

そして

出逢いの季節の春に

恋愛相談が増加して

 

 

結婚式が多く行われる

6月7月に

結婚を意識した相談が増え、

 

8月のお盆に

帰省したときの

「いい人いないのか刺激」で

9月まで

恋愛相談と結婚相談が

多いまま維持されます。

9月も結婚式の開催数は多い。

 

 

 

 

 

そして夏休みも終わり、

ルーチンだけどそれなりに忙しい

10月ごろに

占い師さんは

ちょこっと休めるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

常連さんは

年の区切り。

 

一見さんは

夏休み。

 

新社会人は

年度始め。

 

恋愛相談は

春から夏にかけて

多いようですね。

 

 

 

 

 

空いているのは、

10月と11月です。

 

行列ができる占い屋さんを見つけたとき

参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主人

使ってないネクタイをくれました。

リメイクします。

昨日、私はミシンを買ったんです。

 

 

 

 

ロボホン イガホ姫のツーピース作成中

f:id:fa-fa-together:20180917230717j:image

座ってるだけの人形なら

ペンシルスカートでいいけど

この人

アクロバティックなんですよね。

 

脚は、横には開かないですが

前後には動くので

タイトスカートだと

動きにくいと思います。

 

 

キャミソールの

ミニスカートなら

歩いて踊れそう。

 

 

服の素材は

ポリエステルのラメ入り毛糸だけど

遠目で見ると

ツイードみたいなので

シャネルっぽくなるように

狙っています。

 

 

肩がゴツくなりすぎるのが

心配だけど

シルエットも研究して

女社長っぽい衣装ができるように

頑張ります。

 

 

 

この服↓を改造してます。

f:id:fa-fa-together:20180917230739j:image

 

身体と同じ色で

映えるかどうか分かりませんが、

1着目だし

正式な場所に着ていけるよう

黒のスーツを

揃えておくのがいいかな、、、って。

小布施でエレスチャル水晶を買いました。

 

f:id:fa-fa-together:20180917033931j:image

葛飾北斎

長らく住んでいたという

小布施に行きました。

 

今、栗の季節で

お客さんがたくさんでした。

 

北斎館の裏に

店頭に水晶の巨大クラスターがある

パワーストーン屋さんがあって

 

以前

テクタイトのペンダントを

買いました。

お気に入りになってます。

 

 

今日は

水入り水晶。

 

f:id:fa-fa-together:20180917033946j:image

 

ちっちゃいけど

虹がたくさんあって

金色もたくさんあって

黒もたくさんあって

面白いの。

 

 

真ん中の

ぼっこんて

凹んでるのは

最初、

ここに柱があったのを

引っこ抜いた(←どうやって汗)と

思ってたけど

調べたら

骸晶っていって

急成長したせいで

真ん中が凹んじゃったんだって。

 

だけど

それがかえって面白いから

骸骨水晶とか

エレスチャル水晶って呼んで

ファンが多いそう。

 

いろんなブログとかサイトで

いいことがたくさん書いてあった!

 

 

 

 

周りについてる

金色の粉、なんだろう。

 

いい匂いするから

塗香で磨いてあるのかと思ったけど

他のサイトの写真にも

おんなじ色の粉がついてるのがある。

 

なんだかわからないけど

洗い流さないでいる。

 

f:id:fa-fa-together:20180917034011j:image

 

前に

シータヒーリングの人から

プレゼントしてもらった

ちっちゃい水晶クラスターと

仲良しになって

2人で

ころりん、ころりんしてる。

 

色も

ちょっと違うけど、

似てるの。

 

 

 

 

前にもらったばっかりの時は

ただの

灰色っぽいクラスターだったのに

今日買った水入り骸骨水晶と

一緒に置いてたら

虹色のところが増えた!

前なかったのに。

 

 

 

 

 

お店には

水晶の他にも

いろんな貴石の原石とか

化石とか

あった。

 

鉱物が大好きな小学生の男の子と

その家族が入ってきて

「あ〜、大変なところに入ってしまった〜」

って

お父さんが言ってた。

 

きっと

欲しい鉱物を

おねだりされて

お父さん、買っちゃうんだろうな。

 

 

 

他にも

誕生石のペンダントを買いに来て

「これしかないのか〜。しゃーない。

これにするか。」

って言いながら

珍しい色のやつを

普通より貴重だってこと

多分知らないで

買ってった

若いお兄ちゃんいた。

 

 

 

外国で買った

パワーストーンブレスレットを

お直ししに来た

男の人もいた。

 

店員さんと

手話で話して

買い物してる人もいた。

 

 

 

 

 

 

すごい面白かった。

 

アート系のイベントも

関わりがあるみたいで

催し物やカフェっぽい場所も

たくさん紹介してもらった。

 

葛飾北斎を感じる散策に出かけようと思う。

 

f:id:fa-fa-together:20180915123149j:image

 

私を導いてくれてるのは

誰なんだろう。

 

チャネリングで繋がるのは

私の類魂であって

アセンデットマスターではないらしい。

 

神さまは、

守ってはくれてるけど

導いてる感はあんまししない。

 

前にもやったけど

もう一回

タロット引きました。

 

 

 

うーん。

鬼…?

桃太郎…?

 

だとしたら

鬼のカードと桃太郎のカードが

出ると思うんですよね。

 

 

 

「ひょっとして葛飾北斎…?」

 

 

 

 

なんか

いきなり出てきた感があるので

葛飾北斎説は

保留。

 

 

 

でも

念のため

葛飾北斎所縁の地を訪ねると

どうなりますか?

翌日のタロットできく。

 

f:id:fa-fa-together:20180915123636j:image

 

シャッフル中に

飛び出たのが運命の輪。

 

左から順に、

ソードのペイジ

ザ・スター

カップの4逆

 

 

チャンス

早く行け〜

希望

未来

 

直訳すぎるかな。

 

 

でも

時間あるから

行ってみよう。

なんで私と惑星の繋がりはこうも奇特なんだろう。

f:id:fa-fa-together:20180911145245j:image

YouTubeで使おうと思ってる

黒板を作成中。

どうせなら

明るくて可愛いのが

できるといいなあ。

 

仕事のこと話すときって

どうしても堅くなっちゃうんだもん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨晩の

瞑想と、ワーク。

 

金星のエネルギーと

コンタクトを取りました。

 

 

 

 

 

メッセージは、

 

 

主人公になりたい

冒険したい

誰かの友人ではなく

誰か本人になってみたい

性別の制約を取り払って

大きく愛し、愛されたい

 

隠したり、譲ったりすることによる

神秘的な色気ではなくて

オープンで

天真爛漫な輝きのまま生きて

世界との関係を変えたい

 

自分の城、

領地から出て

広い世界を見て回りたい

 

自分も星の戦士になりたい

 

 

 

 

 

 

 

 

変化するエネルギーの

ビジュアライゼーション

 

全然

金星っぽくなくてビックリ。

 

メタナイトが仮面を脱いで

黒くて丸い姿のまま

カービィみたいに

旅に出ているところ。

 

f:id:fa-fa-together:20180911153113p:image

 

 

 

 

金星って

ヴィーナスや観音のイメージって

言われてるんだけど…

 

メタナイト全然違う。

これ火星の間違いじゃないのかしら。

 

 

私の中の観音は

海王星だし…

 

変人だと

星との繋がり方も

変なふうなのかな。

私の知ってるローエングリンの物語

f:id:fa-fa-together:20180908171732j:image

 

鳥が翼で

飛んでるみたいな雲。

 

 

中学生の頃

 

「大聖堂へ向かうエルザ」

という曲を

吹奏楽で演奏したのですが

 

 

 

 

そのオペラに

翼を失う

男の人が出てくるそうなんです。

 

 

 

 

私は

一回聞いただけの

この物語が大好きで

 

何度も何度も

そのオペラを見つけたくて

色々な言葉で検索したけれど

見つかりませんでした。

 

 

 

「翼 失う」

だと

歌詞とか、ポエムとかが

出てくるし。

 

「翼 消失」

だと進化論の解説が出てきたり。

 

 

 

 

 

「大聖堂 エルザ」で検索すると

 

「エルザの大聖堂へと向かう行列」

がヒットし、

まさしく同じ曲だったので

オペラも調べました。

 

 

 

私が

探していたのは

 

ワーグナー

ローエングリン」という

オペラでした。

 

 

 

 

 

 

 

ところが

あらすじを読むと

 

私の記憶と

全然違う…。

 

 

 

そもそも主人公に

翼が生えてないし…

 

あれれ…??

 

 

 

 

 

 

いろんな公演のあらすじを

調べても

 

私の愛する物語と

同じのがない。

 

 

 

 

(´・ω・)

 

 

 

 

 

 

ワーグナーローエングリン

いいけど。

 

私のローエングリン

何処に。

 

 

 

というわけで

 

ZENの頭の中に

なぜか長年生き延びていた

ローエングリン」を

世間にお披露目します。

3、2、1、どうぞ。

 

 

 

 

 

*〜*・*〜*〜・〜*〜*・*〜*

 

 

昔、むかし。

ベルギーのあたりに

王様がいました。

 

王様は自分の老い先の長くないことを

知っていました。

 

 

そして

 

悪者が

王位を狙っていること、

 

さらに

その悪者が虎視眈々と、

王様の娘のエルザを

策略に利用するため

狙っていることに

勘づきました。

 

 

 

さあ大変だ。

王様、どうしよう。

 

 

 

 

王位と

娘エルザの命を守るため

 

王様は

エルザを

ある青年と結婚させることに決めました。

 

その青年が

ローエングリンです。

彼は

キリストの血を受けた聖杯で

聖杯で…どうしたらそうなるのか忘れたけど

 

とにかく

聖杯で何かしたら

神様と同じ力が手に入るのだそうです。

聖杯で水でも飲んだのでしょうか。

 

 

とにかく!

ローエングリン

神様くらい強いのでした。

どんな大男でも一撃で倒してしまう。

 

 

 

エルザは

命は狙われるし

よく知らない男と

突然結婚させられるしで

明日への不安でいっぱいです。

 

 

美しく荘厳でありながら

どこかしら

不気味さと不安を感じる曲

「エルザの大聖堂へ向かう行列」とともに

運命を受け入れ

 

 

 

かの有名な結婚行進曲…。

 

(パパパパーン…はメンデルスゾーン

ワーグナー

て〜らったた〜ん♪  てぃ〜らったた〜ん♪

の方です。)

 

 

 

 

 

 

一生かけてエルザの命を守ることと

彼女と結婚することを承諾した

青年ローエングリンですが

 

 

結婚して夫婦になった後も

寝室に2人で入ることはできないと

念を押しました。

しかも

その理由を

エルザに話してはくれませんでした。

 

 

命を守ってもらう側のエルザはともかく

ローエングリン本人は

よくそんな条件で

独身捨てる気になったなと思うのですが

 

 

 

2人は

毎晩別の部屋で寝て、

それ以外では

互いに思いやって

幸せな新婚生活を送っていました。

 

 

 

 

 

 

ところが

とうとう

悪者が動き出しました。

 

 

なんのいちゃもんだか、

エルザにでっちあげの罪を

なすりつけて

死刑にさせようとしました。

 

 

 

 

悪者とエルザの言い分に

白黒をはっきりさせるため

近日中に

決闘が行われることになりました。

 

 

 

 

 

エルザの無実を証明するために闘うのは

もちろん

ローエングリンです。

 

 

 

 

 

 

 

だけど

この人

本当に大丈夫なんでしょうか。

 

死にかけた親父が

どっかからか連れてきた

もとは知らん男だし。

 

聖杯がなんとかって話も

自己申告だし。

 

かなり強いらしいけど

結婚してからは

闘ってるところを

エルザは見ていないし。

 

 

 

 

 

エルザは

ローエングリンの強さを

信じます。

 

 

 

しかし

決闘の日が近づくにつれて

夫に対する釈然としない気持ちは

むくむくと大きくなります。

 

 

タイミングを見計らい

悪者は

エルザをそそのかします。

 

 

 

 

ローエングリン

国王との約束があるから

決闘を引き受けたのだろう。

 

ローエングリン

お前と結婚したのは

王位が欲しいからだ。

 

ローエングリン

本当にそこまで強い男であるならば

他の女がいないはずがない

 

しかも

妻であるはずのお前を

寝室に入れないそうじゃないか。

 

ローエングリンは、

お前を愛していないんじゃないのか。

 

ローエングリン

もしかしたら

明日になって

お前を裏切り

決闘を放棄するかもしれないぞ。

 

 

 

 

 

 

 

エルザは

悪者の言うことに

聞く耳を持たないようでいて、

毎晩、一人きりになると

ローエングリンと一緒にいられない寂しさと

不信感に苦しんでいました。

 

 

 

いよいよ明日が決闘。

エルザは

ついに

冷静さを失って

 

 

そっと様子をうかがい、

気づかれないよう

夫の部屋を覗いてしまいます。

 

 

 

 

 

エルザは息を呑みました。

 

 

真夜中だというのに

眩しいほどの光が

ドアの隙間から飛び出して、

 

ベッドに目をやると

寝ているローエングリンの背中には

まっ白に光り輝く

大きな翼が

生えていたのです。

 

 

 

 

 

 

なんてこった。

 

 

 

 

 

 

 

エルザに裏切られた

ローエングリン

翼を人間に見られてしまったことで

翼と神の力を失ってしまいました。

 

 

 

これが

決闘の一週間前とかなら

もう一回聖杯で力がもらえたのでしょうか。

 

でも

もう夜が明けて

決闘の当日を迎えました。

 

 

 

ローエングリン

ただの人間の身で

マッチョ(だと思う)な悪者と

闘わなければならなくなってしまいました。

 

これは気まずい。

エルザどんまい。

 

 

 

 

 

 

 

ローエングリンとの約束を

先に反故にしたのは

エルザですから

本来なら

ローエングリン

エルザと離婚して

決闘を放棄しても

いい立場です。

 

 

しかし

彼は

決闘をしました。

 

馬から突き落とされ

槍で跳ね飛ばされながら

敵の油断した刹那

鎧の隙間に剣を差し込み

 

自らの力だけで

血みどろの闘いを制します。

 

 

 

〜*・*〜・〜*・*〜

 

 

 

こうして

ローエングリンの怪我が治ったら

もう羽ないから

寝る部屋の電気も消せるし

エルザもいい加減に

愛されてるとわかったろうし

悪者は死んだし

そのうち王位も継承して

2人で幸せに暮らしました

めでたしめでたし。

っていうのが

私の聞いた気がした

ローエングリンだったのですが

 

 

オペラ「ローエングリン」は

全然違う話のようです。

 

 

 

 

 

 

 

エルザが

裏切ってしまうところは同じで

ローエングリン

素性を明かさないし、

聞いてはならないってことを

約束させたそうです。

 

羽も生えていないし、

決闘は神様の力を使って一撃で敵を倒して、

裏切られたら

鶴の恩返しみたいに

帰ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

エルザの気持ちの揺らぐところが

私の好きな場面なので

どっちの話も好きですが

 

ローエングリン

よりかっこいいのは

 

自分を裏切ったエルザのために

自力で闘うほう…かな

 

 

 

 

プチプチを潰しました。

 

f:id:fa-fa-together:20180907095047j:image

結婚式の

引き出物カタログで

土鍋をチョイスしたら

プチプチが付いてきました。

 

 

 

 

 

昨日の夜中に

瞑想していて、

じっくりと感情を味わう

金星のエネルギーとつながった影響か

プチプチに

じっくりと取り組むのが

いいような気がしたので

直感に従って

やってみました。

 

 

 

 

 

f:id:fa-fa-together:20180907094732j:image

 

マチ針で

穴を開けることにしました。

 

 

指が細いと

うまくあけられないからです。

 

そういう身体的なコンプレックスを

手放すように

ちょっと意識してみました。

 

 

そもそも

居住地区の自治体ルールに

廃棄前のプチプチを

潰さないといけない決まりなんて

ないのに

 

ましてや

指で潰さないといけないなんて、

そんなはずはない。

 

 

思い込みを手放すことで

私は前に進んでいける。

 

 

 

 

ほかの

プチプチ人に合わせることよりも

自分がプチプチできることの方が

大事。

 

 

 

ほかの人になんて言われるか

気にしてたら

プチプチできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

3列くらいずつ、、

 

 

三拍子のリズムを刻んで

プチ進めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

人生は

こういうふうに

1つひとつの問題に

対処しながら

先に進んでいくしかない。

 

 

 

 

 

 

だけど

人生のプチプチは

工場で作られたプチプチのように

規則正しく並んではいない。

 

 

形も、並びも

大きさも、

まちまちだ。

 

 

 

だからこそ

辛い。

混乱する。

 

リズムを乱されて

消耗する。

 

 

 

 

 

 

それでも

やっぱり

プチプチと同じ。

 

ただ

ひたすら

ひとつずつ、

やるしかない。

 

 

 

一気にやろうとして

雑巾絞りみたいにひねっても

ほんの少数のプチプチしか

潰すことはできない。

 

大半のプチプチに起きることは

ビニールが伸びて

余計プチプチしにくくなるだけだ。

 

 

 

 

 

 

f:id:fa-fa-together:20180907094213j:image

写真を見たら

すでに潰れているプチプチと

潰れていないプチプチが

見やすくて

びっくりしています。

 

作業中は

見た目では分からなかったのに。

 

まるで

新鮮なイクラ

放置したイクラのように

差が歴然としています。

 

 

 

 

半分くらい終わったところ。

 

f:id:fa-fa-together:20180907094006j:image

カメラで撮るために

左手が携帯を持ってますが

実際の作業中は

右手の隣に添えて

プチプチを抑えています。

 

 

 

 

 

 

f:id:fa-fa-together:20180907093027j:image

終わりが近づくと

淋しさを感じます。

 

次に買い物をしたとき

私は、もう

プチプチを我慢しません。

 

この感情と

何年も生き別れることなく、

また

すぐに

会える。

 

自分が

そう決めたから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧ください。

これが全てのプチプチに

穴を開け終わったプチプチです。

 

f:id:fa-fa-together:20180907092001j:image

 

手触りが

プチプチを潰す前とは

全くの別物です。

 

 

顔を埋めてみると

プチプチを潰す前とは違って

表面が空気で張らないため

ベタつく感じがなくて

通気性がよく

達成感と満足感の混じった

快適さがあります。

 

 

 

 

26分かかりました。

もっと速くできる人も

もちろんいると思いますが

私は何をするときも

速さはあまり意識しない性格です。

 

 

 

たった30分にも満たない作業を

無駄な時間だからと切り捨てて

慢性的なストレスを抱えて

病気になった自分は

アラサーまでの人生で

どれだけ時間を

無駄にしたことでしょう。

 

 

病気になったストレスの原因は

プチプチをつぶさずに

捨てていたことだけではありませんが

 

私は

そのような小さなことを

プチプチの数のように大量に、

今まで

我慢一辺倒でやり過ごし

 

 

 

自分らしく生きるって何?

本当に望むことって何?

 

 

何をすれば

自分が癒されるのかを

見失ってしまったのではないかと思います。

 

 

 

 

 

じっくり取り組んで

ゆっくり味わう幸せを

思い出させてくれた、

金星のエネルギーに

感謝します。

 

 

 


*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*

チャネリングのきっかけになった星占いです。